屋根の雨漏りを確実に修理するために知るべき業者の選び方と施工方法

屋根の雨漏り修理

雨漏りは修理をしても再発する可能性の高い難易度の高い工事になります。

屋根の雨漏りは、カバー工法や葺き替え工事などの高額な工事に発展することが多いため、確実に雨漏りを修理できる施工力のある業者に修理を依頼することが重要です。

この記事では屋根の雨漏りを確実に修理するために、屋根の雨漏りの原因から具体的な修理方法、費用相場まで屋根の雨漏り修理に必要な基礎知識について解説します。

この記事を読むだけで、屋根の雨漏り修理で失敗する可能性をグッと低減することができるので、ぜひ、参考にして頂ければと思います。

屋根の雨漏りの症状

屋根が原因による雨漏りは天井に雨染みが広がる症状が典型的です。これは雨漏りの中でも末期症状のため、屋根材を新しく葺き替えるなどの根本的な修理が必要です。

室内に雨漏りの症状が発生していなくても、屋根の土台となる野地板や屋根裏に症状が発生している場合があります。

雨漏りは早期発見早期解決が基本です。雨漏りにいち早く気がつき、修理をするためにまずは、屋根の雨漏りの症状について理解を深めましょう。

【症状1】天井に雨染みが広がる

天井の雨染み

天井に雨染みが広がる雨染みが広がる劣化症状は屋根の雨漏りの典型的な症状ですが、雨漏りの末期症状になります。

天井の雨染みは屋根内部の「防水シート」「野地板」「屋根裏」「天井」など経て初めて、室内に到達します。

天井の雨染みとなって症状が発生する以前から雨水は侵入しており、「野地板」「天井裏」などの建物にとって重要な躯体(骨組み)が腐食しているケースも少なくありません。

このように天井に雨染みが広がる劣化症状は、屋根の雨漏りの末期症状ということを理解しておきましょう。

【症状2】部屋がカビ臭くなる

天井の雨漏り

「近頃、部屋がカビ臭くなった」そう感じるようになったら、雨漏りが発生している可能性があります。これは屋根に侵入した雨水が天井に到達する前の状態です。

突然、部屋がカビっぽくなる原因は慢性的に雨水が侵入することで、屋根裏にカビが大量発生しているためです。天井の壁紙を剥がすと、天井板にカビが発生していることも少なくありません。

このように部屋が突然カビ臭くなるのは雨漏りが発生していることを知らせるサインになります。

屋根の雨漏りが発生しやすい箇所

屋根は瓦やスレートなどの屋根材と、ルーフィングと呼ばれる防水シートの二層構造で防水性能を確立しています。

そのため、雨漏りが発生するとは、「屋根材」と「ルーフィング」の両方に不具合が生じていることを意味します。

応急処置をする際は、まず雨水が侵入する一時防水の屋根材部分から雨水が侵入しないように、ブルーシートなどで覆います。

基本的に雨漏りの応急処置は屋根業者が行いますが、雨漏り修理に理解を深めるために、雨漏りの発生しやすい箇所について簡単に見て行きましょう。

補足情報

一次防水の屋根材の不具合を修理をしても雨漏りは再発します。二次防水のルーフィングを修理しない限り根本的な修理にはなりません。あくまでも応急処置を行う際に確認するべきポイントとして参考にしください。

棟板金の浮き

屋根板金の施工

棟板金とは屋根の頂点にある金属製のカバーです。棟板金を固定している釘が経年劣化で緩むことで、浮いてくるようになります。その浮いた箇所から雨水が侵入します。

瓦のズレ

瓦のズレ

地震や台風などで瓦がズレることがあります。そのズレた箇所から雨水が侵入します。

屋根材の割れ

スレート瓦のひび割れ

スレート瓦は板厚5mmのセメントの板です。必ずと言って良いほど、経年劣化で割れが生じます。その、ひび割れ箇所からジワジワと屋根の内部に雨水が侵入します。

漆喰の崩れ

漆喰の崩れ

瓦屋根の頂点部分(棟)は漆喰と呼ばれ紙粘土のような素材が詰まっています。

そもそも、瓦屋根の棟の中には「葺き土」と呼ばれる土が詰まっています。この土が外に流出しないように、固定しているのが漆喰です。

漆喰は経年劣化で剥がれるようになります。漆喰が剥がれると棟の内部の葺き土が剥き出しになり、ジワジワと雨水が侵入するようになります。

谷樋の劣化

谷樋の劣化

谷樋とは屋根の谷部分の金属の板金です。この谷樋も経年劣化で錆が生じ、穴が空くようになります。そして、その穴が空いた箇所から雨水が侵入します。

屋根の雨漏りの修理方法

屋根の雨漏り修理は「葺き替え」や「カバー工法」などの屋根材を張り替える工事が必要になるケースが多いです。状況によっては部分補修でも修理ができることもありますが、再発する可能性が高いため、部分補修で修理をすることはあまり多くはありません。

施主様からは、「とにかく安く修理をして欲しい」「部分補修じゃ修理できないの?」と相談されることもありますが、雨漏りが再発して結局、屋根を葺き替える施主様を数多く見てきたので表面的な修理ではなく、根本的な修理をすることが重要です。

それでは、具体的に屋根の雨漏り修理の方法について解説します。

葺き直し

「葺き直し」は日本瓦の耐久性の高さを利用したメンテナンス方法です。既存の瓦を一旦撤去して、屋根の内部のルーフィングを交換して再度、瓦を設置し直す葺き替え工法です。

屋根材を撤去して、ルーフィングの交換から下地の補修まで行うことができるため、雨漏りを根本解決することができます。

カバー工法

カバー工法とは既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる屋根の葺き替え工法です。スレート瓦やトタン屋根などの平坦な屋根で施工されます。古い屋根の上に新しい屋根を被せるため、雨漏りを根本解決することができます。

カバー工法は既存の屋根材を撤去しないため、安く新しい屋根材に張り替えることができます。

屋根の葺き替え

屋根の葺き替えとは既存の屋根材を撤去して、新しい屋根材に葺き替える工法です。

雨漏りの被害が躯体(骨組み)まで進行していた場合や、セメント瓦やモニエル瓦などの「葺き直し」が施工できない瓦屋根の雨漏り修理で施工されます。

部分補修

天窓(トップライト)やドーマー屋根などの屋根の付帯部からの雨漏りの場合あ、部分補修で修理ができます。

屋根の雨漏りの費用相場

修理内容 参考価格
部分修理 20万円〜50万円
葺き直し 70万円〜100万円
カバー工法 120万円〜180万円
葺き替え工事 200万円〜250万円
※参考価格は建物の形状や雨漏りの状況により変動します。

雨漏り修理は瓦屋根の場合は、葺き直しによる修理が一般的で、70万円〜100万円が中心価格帯になります。

一方で、スレート瓦やトタン屋根の場合は、カバー工法による修理が一般的で、120万円〜180万円が一般的です。
雨漏り修理は業者によって考え方が異なるため、施工方法や修理費用が大幅に異なる場合があります。

部分補修で数万円で修理ができると謳っている業者も多いですが、表面的な修理になり再発する可能もあるため、業者選びを慎重に行うことが重要です。

屋根の雨漏りの業者の選び方

雨漏り修理は業者選びが最重要項目になります。屋根の雨漏りは原因を特定するのが難しく、修理方法を間違えてしまうと再発する可能性が極めて高いからです。

雨漏りが再発すると、修理費用が無駄になるだけではなく、業者トラブルの原因にもつながります。

そのため、雨漏り修理は絶対に見積もり価格だけで業者を選択せずに、しっかりと修理業者の施工技術や雨漏り修理の専門知識を見極めて選ぶことが重要です。

そこで、ここからは屋根の雨漏り修理の選び方について具体的に解説します。雨漏り修理の業者を選ぶ際に絶対に確認しておくべき内容についてまとめました。

雨漏り調査ができる業者に依頼をする

雨漏りは雨水の侵入経路を特定して、確実に修理をする必要があります。

また、雨漏りの原因は一つだけではなく、様々な不具合が複合して発生していることもあるため、確実に原因を特定する必要があります。

そのため、屋根の雨漏り調査を行える専門業者に修理を依頼することが重要です。

雨漏り修理の際は、雨水の原因を特定する雨漏り調査を行います。

しかし、その雨漏り調査の9割以上が目視による雨漏り調査です。目視による調査は担当者によってバラつきがあり、雨漏りが複合している場合、見落としてしまうことも少なくありません。

一方で、雨漏り調査には実際の雨を再現する「散水調査」赤外線の温度差で雨水の侵入経路を特定するサーモグラフィー調査などがあります。

このような雨漏りに特化した調査方法は従来の目視調査と比べて、より各自に雨漏りの原因を特定することができます。

このように屋根の雨漏り修理を依頼する業者は「散水調査」や「サーモグラフィー」調査などの雨漏り専門の調査を実施できる業者に依頼すると確実な修理を実現することができます。

建築士が在籍している業者に依頼をする

住宅の雨漏りは原因が複合していることも珍しくありません。例えば、サッシ周りの雨漏りであっても屋根やベランダから雨水が侵入しているケースもあります。

「おそらく、屋根の雨漏りだろう」という憶測で屋根業者に修理を依頼する方も多いですが、雨漏りの原因が複合している場合もあるため、国家資格の建築士が在籍している業者に修理を依頼すると安心です。

建築士は建物の設計構造に関する国家資格ですが、屋根や外壁など修理箇所が多岐にわたっても柔軟に対応するとができます。

そのため、屋根の雨漏り修理を行う際は、建築士が在籍している屋根修理専門業者に依頼すると確実な修理を実現できる可能性が高いです。

まとめ

いかがでしたか?屋根の雨漏り修理についてご理解頂けたかと思います。

屋根の雨漏りは原因の特定が難しく、再発する可能性の高い難易度の高い工事です。そのため、屋根の雨漏り修理の際は、雨漏り調査を行える専門業者に依頼することが重要です。