屋根葺き替え工事(松戸市)|台風で捲れたトタン屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

松戸市の屋根葺き替え工事

千葉県松戸市屋根の葺き替え工事を施工させて頂きました。

台風で飛散したトタン屋根をガルバリウム鋼板に葺き替えて(張り替えて)耐久性と安全性を両立した屋根リフォームを実現しました。

このページでは千葉県松戸市のトタン屋根の葺き替え工事の施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

台風でトタン屋根がごっそりと捲れてしまい応急処置も含めて早急に対応できる屋根修理業者を探されていました。インターネットで、松戸市の屋根修理業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり現地調査のお問い合わせを頂きました。

ビフォーアフター

松戸市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター
担当者のコメント

お問い合わせ後すぐに現地調査を行い、屋根の劣化症状を確認させて頂きました。台風の強風に煽られて屋根材が捲れている状態でした。

トタン屋根の住宅でしたが、築年数が50年以上が経過しており、屋根材も経年劣化による錆が発生しており、全体的な修理が必要でした。

施主様と今後のメンテナンスサイクルやご予算などのご相談をさせて頂き、既存のトタン屋根をガルバリウム鋼板に新しく張り替える屋根の葺き替え工事をご提案させて頂きました。

ガルバリウム鋼板とはトタン屋根と同じ金属の屋根材です。ガルバリウム鋼板は耐用年数が40年〜50年と非常に長期的なのが特徴です。

また従来のトタン屋根は塗装により防水性能を確立していることから、10年に1度を目安に屋根塗装によるメンテナスが必要でしたが、ガルバリウム鋼板はメンテナンスフリーの屋根材として屋根塗装の必要がありません。

そのため、将来的なメンテナンスコストを大幅に節約することができます。

また、既存のトタン屋根をガルバリウム鋼板の葺き替えることで、屋根内部のルーフィングシート(防水シート)も交換します。

一般的に屋根は屋根材によって防水性能を確立していると思われていますが、屋根の二次防水として屋根の防水性能を確立しているのはルーフィングシートです。

このルーフィングシートを交換することで、屋根の防水性能を回復させ、将来的な雨漏りのリスクを最小限にすることができます。

このようにトタン屋根からガルバリウム鋼板に張り替えることで、費用対効果と建物の保存性を良質したリフォームを実現できることから、ガルバリウム鋼板への葺き替え工事をご提案させて頂きました。

屋根の劣化症状と現地調査の様子(松戸市K様邸)

ここからは施工前の屋根の劣化症状と現地調査の様子について見て行きましょう。

台風で飛散した松戸市のトタン屋根

台風でトタン屋根が飛散してブルーシートで応急処置をした状態です。今回の台風では市場全体でブルーシートが不足をして応急処置すらもできない住宅が続出しましたが、応急処置までの初動が早く、即日対応で応急処置を行いました。

台風で飛散した松戸市のトタン屋根

築年数50年が経過をしたトタン屋根の状態です。前回のメンテナンスから30年以上が経過をしていたこともあり、全体的に錆が発生している状態でした。

台風で被災した箇所のみ、部分的に修理をしてもすぐに雨漏りが発生する可能性が高いため、屋根材を新しく葺き替える必要がありました。

台風で飛散した松戸市のトタン屋根

屋根の応急処置はブルーシートが使用されます。しかし、台風などの自然災害の場合、被災した屋根の修理が殺到するため長期間、応急処置の状態になる可能性が高いです。そのため、風に煽られてブルーシートが飛散する危険もあるため、しっかりと固定することが重要です。

「ブルーシートをかぶせるだけでしょ?」とDIYでブルーシートを被せる施主様も多いですが、二次被害に発展するだけではなく、屋根から転落する危険もあるため専門の屋根業者に依頼することが重要です。

屋根の葺き替え工事の工程と施工中の様子(松戸市K様邸)

ここからは屋根の葺き替え工事の工程と施工中の様子について見て行きましょう。

【工程1】野地板(コンパネ)の施工

まず始めに、飛散したトタン屋根の面の屋根材を撤去して野地板(コンパネ)を施工します。切妻屋根(本を逆さまに被せたような屋根)の片面ずつ施工をします。

松戸市の屋根葺き替え工事の野地板の施工

既存の屋根材とブルーシート撤去して野地板を施工しました。野地板は屋根葺き替え工事の見積書ではコンパネと記載されることも多いです。野地板は板厚12mmの構造用合板が使用されます。

【工程2】ルーフィング(防水シート)の施工

野地板の施工が完了したら、ルーフィングを施工します。トタンが捲れた屋根面(片面)から先にルーフィングまで施工をします。ルーフィングは屋根の防水シートであり二次防水の役割があります。

松戸市の屋根葺き替え工事の施工のルーフィングの施工

屋根の軒先(底部)から棟(高部)に向かって順番にルーフィングシートを施工します。

ガルバリウム鋼板の耐用年数(耐久性)は屋根材の中でも40年〜50年と非常に長期的です。

このガルバリウム鋼板の長期的な耐用年数に対応させるために、ルーフィングシートも耐久性の高い製品を使用します。

松戸市の屋根葺き替え工事のルーフィングの施工

トタンが捲れた屋根面(片面)のルーフィングの施工が完了しました。

【工程3】既存の屋根材の撤去・解体

片面のルーフィングの施工が完了したら、既存の屋根材を解体します。

松戸市の屋根葺き替え工事のトタン屋根の撤去解体

既存のトタン屋根を撤去しました。トタン屋根は瓦棒(かわらぼう)と呼ばれる角材に薄いトタン板を巻きつけて釘で固定しています。そのため、瓦棒を撤去するだけで簡単にトタン板を取り外すことができます。

松戸市の屋根葺き替え工事のトタン屋根の撤去解体

トタン板を撤去すると既存の野地板が出てきます。バラ板と呼ばれる木材板の野地板です。築年数50年以上のひと昔前の住宅で主流となっていた野地板です。このバラ板の上に新しい野地板を施工して、ルーフィングを施工します。

松戸市の屋根葺き替え工事のルーフィングの施工

先に施工をした屋根面と同様に野地板を施工してからルーフィングシート設置します。

松戸市の屋根葺き替え工事のルーフィングの施工

屋根全体のルーフィングシートの施工が完了しました。

【工程4】ケラバ水切り・役物の施工

ルーフィングの施工が完了したら、ケラバ水切りを施工します。ケラバとは切妻屋根の雨樋のついていない側の屋根の端の部分を指します。屋根材を施工する前に水切りを取り付けます。

松戸市の屋根葺き替え工事のルーフィングの施工

ケラバ水切りの施工が完了しました。「ケラバ水切り」や「軒先水切り」「谷樋」などの付属部品は役物(やくもの)と見積書に記載されるることがありますので理解しておきましょう。

【工程6】ガルバリウム鋼板(屋根材)の施工

役物の施工が完了したらいよいよガルバリウム鋼板を施工します。通常ガルバリウム鋼板は屋根の棟に対して横向き(横葺き)で施工をします。しかし、勾配が緩やかな屋根の場合は、棟に対して縦向きに施工する立平葺きでガルバリウム鋼板を施工します。

松戸市の屋根葺き替え工事のガルバリウム鋼板の施工

棟に対して縦方向(垂直方向)にガルバリウム鋼板を施工します。2寸勾配以下の緩勾配の屋根では必ず縦葺きで施工をします。縦葺きで施工をすることで、棟から軒先(雨樋)まで屋根材のつなぎ目が発生しないため、横葺きよりもスムーズに雨水が流れます。

間違えて横葺きで施工をしてしまうと、雨水がうまく排水されずに雨漏りの原因になるため緩勾配の屋根は必ず縦葺きで施工をすることが重要です。

松戸市の屋根葺き替え工事のガルバリウム鋼板の施工

縦葺きでガルバリウム鋼板を設置しています。ガルバリウム鋼板はスタンビーと呼ばれる立平葺き専用の製品を使用しています。

【工程7】棟下地・棟板金の施工

ガルバリウム鋼板の施工が完了したら、屋根の棟部分に下地板を施工して棟板金を取り付けます。

松戸市の屋根葺き替え工事のルーフィングの施工

屋根の棟部分に棟下地を取り付けました。この棟下地は木材板ですが、棟板金を取り付ける際の土台になります。

松戸市の屋根葺き替え工事の施工後の様子

棟板金を取り付けたら施工完了です。

棟板金は先ほど施工した棟下地に釘を打ち付けて固定します。10年前後で釘が浮くようになり、台風や強風の際に飛散する危険があるので、定期的に点検を行うと安心です。

【工程8】羽目板の補修工事

屋根の葺き替え工事と並行して外壁の補修工事も施工しました。羽目板(木材)の外壁でしたが、今回の台風で数枚破損してしまいました。倉庫として利用している建物のため、外壁の全面リフォームは行いませんでしたが、部分補修を行いました。

松戸市の外壁の張り替え工事

浮いてしまった新しい羽目板に羽目板を張り替えました。

k松戸市の外壁の張り替え工事

松戸市の外壁の張り替え工事 松戸市の外壁の張り替え工事

松戸市の屋根葺き替え工事の施工後の様子

松戸市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 松戸市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 松戸市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 松戸市の屋根葺き替え工事の施工後の様子