鎌ヶ谷市|台風で瓦が飛ばされた屋根を葺き直し工事で修理しました!

鎌ヶ谷市の屋根葺き直し工事の施工事例

千葉県鎌ヶ谷市で、屋根の葺き直し工事を施工しました。千葉県鎌ヶ谷市の、屋根葺き直し工事の施工事例をご紹介します。

お客様のコメント

台風で屋根の瓦が飛ばされてしまい、修理を検討していました。インターネットで地元の屋根修理業者を探していた際に、屋根修理プラスのホームページをご覧になり、お問い合わせを頂きました。

弊社にも、台風による屋根修理の依頼が殺到している状態でしたが、地元の鎌ヶ谷市の施主様であり、「早急な応急処置が必要」と判断し、優先して対応させていただきました。

ビフォーアフター

鎌ヶ谷市の屋根葺き直し工事のビフォーアフター 鎌ヶ谷市の屋根葺き直し工事のビフォーアフター
担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の被害状況を確認しました。

台風で数枚瓦が飛ばされて、欠落している状態でした。屋根の防水性を確立している、ルーフィングシート(防水シート)も破れており、瓦の欠落を抜きにして「いつ雨漏りしてもおかしくない状態」だったため、根本的な修理が必要な状態でした。

台風で被災した瓦の修理だけでなく、将来的にも雨漏りを発生させないために、瓦の葺き直し工事をご提案させていただきました。

瓦の葺き直し工事とは、既存の瓦をいったん撤去して、屋根内部のルーフィングシート(防水シート)を交換します。その後、再度、瓦を戻す葺き替え工法です。

屋根の葺き替え工事は、新しく屋根材を張り替える、葺き替え工法と比べて、大幅に安く屋根のメンテナンスを行うことができます。

このような理由から、瓦の葺き直し工事による、屋根修理をご提案させていただきました。

屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは、屋根の劣化症状と、現地調査の様子について詳しく解説します。

葺き直し工事前の屋根の様子

台風で瓦が飛ばされてしまっています。瓦が飛ばされたことで、その周辺の瓦も「ズレたり」「浮いたり」していました。

また、二次防水として、屋根の防水性能を確立しているルーフィングシート(防水シート)も、経年劣化で破れている状態でした。

この状態を放置すると、雨漏りが発生するため、早急に応急処置を行い、屋根の内部に雨水が入らないようにする必要がありました。

屋根葺き直し工事の応急処置

ブルーシートで応急処置をしました。台風で瓦が飛ばされた箇所を始め、周辺の瓦を含めて、ブルーシートで応急処置を行いました。雨が降っても、ひとまずは、これで安心です。

屋根の葺き直し工事の工程と施工中の様子

屋根の葺き直し工事は、既存の瓦を再利用する屋根のメンテナンス方法です。日本瓦は耐用年数が50年〜80年と、非常に耐久性が高い屋根材です。築年数30年〜40年の日本瓦は、まだまだ屋根材として利用できる状態です。

そのため、単純い現状回復を目的とするのであれば、わざわざ屋根材を葺き替える必要はありません。既存の日本瓦を再利用する、葺き直し工事でメンテナンスを実現できます。

それでは、ここからは屋根の葺き直し工事の工程について見て行きましょう。

【工程1】既存の屋根材の撤去・解体

まず始めに、既存の屋根材を撤去・解体します。

既存の日本瓦の撤去

屋根から瓦を取り外すと、ルーフィングシートが出てきます。写真でもお分りいただけると思いますが、ルーフィングシートがボロボロに破れています。

一般的に、雨漏りは「屋根材の破損が原因で起こる」と考えらえていますが、実はルーフィングシートが劣化することで雨漏りが発生します。

少し極端かもしれませんが、屋根材が無くても、ルーフィングシートが機能していれば、雨漏りが発生することはありません。

このようにルーフィングシートは屋根にとって非常に重要な部材であるため、劣化を見過ごすと、雨漏りが発生します。

屋根の葺き直し工事は、このルーフィングシートを交換することが、最大の目的になります。

既存の日本瓦の撤去

瓦の撤去・解体作業が完了しました。撤去した日本瓦は、再度、戻すため一箇所にまとめて保存します。

【工程2】ルーフィングシート(防水シート)の施工

瓦の撤去・解体が完了したら、ルーフィングシート(防水シート)を施工します。

ルーフィング瓦桟の施工

緑色のシート状の素材が、ルーフィングシートです。

日本瓦の耐用年数にも対応させるため、「改質アスファルトルーフィング」という耐久性に優れたルーフィングシートを使用します。

ルーフィングシートを施工したら、瓦桟と呼ばれる角材を施工します。この瓦残は、瓦を固定するための土台になります。

ルーフィング瓦桟の施工

ルーフィングの施工が完了しました。

【工程3】瓦の施工

ルーフィングの施工が完了したら、瓦を戻して作業完了です。

屋根葺き直し工事の施工後の様子

瓦の葺き直し工事が完了しました。今回は、火災保険を利用する関係で、台風で壊れた箇所の部分補修のみ施工しましたが、ルーフィングシートは30年〜40年ほどで、劣化するため、日本瓦の屋根は必ず葺き直し工事が必要になります。

屋根葺き直し工事の施工後の様子

屋根葺き直し工事の施工後の様子 屋根葺き直し工事の施工後の様子 屋根葺き直し工事の施工後の様子