市川市の屋根の葺き替え工事|ガルバリウム鋼板で屋根を軽量化して地震から家族を守住まいを実現

市川市の屋根の葺き替え工事

千葉県市川市で屋根の葺き替え工事を施工させていただきました。千葉県市川市の屋根の葺きかえ工事の施工事例をご紹介します。屋根の葺き替え工事とセットで、外壁塗装も施工しました。

担当者のコメント

築年数40年が経過して、建物が老朽化を心配され、屋根と外壁のメンテナンスを考えていらっしゃいました。

地震対策として、屋根材を軽量なガルバリウム鋼板への葺き替え、外壁は再塗装によるメンテナンスを検討されていました。

地元、市川市で屋根の葺き替え工事と外壁塗装に対応できる業者を探していた際に、偶然、弊社のホームページをご覧になり、興味を持っていただきまいた。

弊社、屋根修理プラスは屋根工事の専門業者として、屋根の葺き替え工事に対応できるのはもちろん、塗装の国家資格である、一級塗装技能士の資格を保有しているスタッフも在籍しているため、高品質な外壁塗装を実現することができます。

また、建物の設計や構造に関する国家資格の建築士の資格を保有したスタッフが施工管理を担当するため、建物の状態に合わせて適切な工法で確実な施工を実現することができます。

このように施工レベルの高さとと専門知識の深さに信頼を寄せていただき、現地調査の依頼をいただきました。

ビフォーアフター

市川市の屋根の葺き替え工事のビフォーアフター
担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い、屋根、外壁の状態を詳しく確認させていただきました。築年数40年が経過して、外壁、屋根共にメンテナンスが必要な状態でした。

まず、屋根ですが、築年数40年が経過しており、屋根内部のルーフィング(防水シート)が劣化している可能性がありました。ルーフィングとは屋根の二次防水として、建物の内部に雨水が侵入するのを食い止めている重要な素材です。

ルーフィングの耐用年数は40年〜50年と言われています。耐用年数が経過したルーフィングシートは「縮れ」や「破れ」などの劣化症状が発生します。ルーフィングの不具合を放置すると高い確率で雨漏りが発生するため、具体的にメンテナンスが必要な状態でした。

「屋根を軽くして、地震対策をしたい」とご要望があり、既存の日本瓦からガルバリウム鋼板への葺き替え工事をご提案させていただきました。

日本瓦からガルバリウム鋼板に吹き替えることで屋根が大幅に軽くなるため、建物の全体の耐震性が向上します。建物の倒壊のリスクや、瓦が屋根から落下する危険を大幅に低減し、安心安全な住まいを実現できます。

一方で、外壁塗装はモルタル材ですが、塗装の防水性能が低下して外壁材が水分を吸収している状態でした。構造クラックと呼ばれる大きなひび割れが入っている箇所もあり、補修を行う必要性がありました。

施主様のご予算と今後のライフプランをヒアリングさせていただいた結果、日本ペイントのラジカル塗料、「パーフェクトトップ」による外壁塗装ご提案させていただきました。

外壁塗装では費用と耐用年数のバランスが良い、シリコン塗料が標準とされています。ラジカル塗料はシリコン塗料と同等の価格帯でありながら、耐用年数を長期化させることに成功した、次世代塗料です。

現在の外壁塗装でもっとも費用対効果が高いと言われており、弊社、屋根修理プラスでも特にオススメしている塗料です。

このような理由から、屋根はガルバリウム鋼板による葺き替え、外壁はラジカル塗料による外壁塗装をご提案させていただきました。

施主様も「新築のようにキレイになった」と大変喜んでくださり、弊社の自慢の施工事例がまた一つ増えました。

屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

市川市の屋根の葺き替え工事の施工前の様子

日本瓦は耐用年数が80年〜100年と耐久性に優れた屋根材です。

しかし、屋根内部のルーフィングシートは40年ほどで劣化し、「縮れ」「破れ」によって隙間が生じるようになります。

ルーフィングシートは屋根の二次防水として、建物の内部に雨水が侵入することを食い止めている素材です。

このルーフィングシートが経年劣化で破れてしまうと、雨漏りの原因になるため、40年前後でルーフィングシートを交換する必要があります。

その際は、葺き直しという既存の日本瓦を再利用するメンテナンス方法が一般的です。

市川市の屋根の葺き替え工事の施工前の様子

屋根の棟は「葺き土」という粘土が詰まっています。

この棟の土台の「葺き土」が外に流出しないように、漆喰で蓋がされています。

この漆喰も40年前後で劣化して、ボロボロと剥がれるようになります。

築年数40年が経過しており、ところどころ漆喰が剥がれている箇所がありました。

市川市の屋根の葺き替え工事の施工前の様子

大屋根からトタン屋根が伸びています。

このトタンは塗装により防水性を発揮しいているため、トタンの塗装が剥がれて防水性能が低下すると錆が発生するようになります。

錆た箇所が穴が空いてしまい、屋根に内部に雨水が侵入するようになります。

今回の屋根葺き替え工事でガルバリウム鋼板に張り替えます。

市川市の屋根の葺き替え工事の施工前の様子

隅棟(下に降る棟)の漆喰がひび割れてします。鬼瓦も外れかかっている状態でした。

屋根の葺き替え工事の工程と施工中の様子

ここからは屋根の葺き替え工事の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】既存の屋根材の撤去・解体

まず始めに、既存の屋根材を撤去・解体します。屋根の葺き替え工事の見積書では、「瓦おろし」と記載されることがあるので、理解しておきましょう。

市川市の屋根の葺き替えの瓦おろし

屋根の軒先部分の袖瓦(端の瓦)を解体しました。

市川市の屋根の葺き替えの瓦おろし

解体した瓦は後ほど、屋根から下ろすので、一箇所にまとめて保管します。

市川市の屋根の葺き替えの瓦おろし

既存の瓦の撤去・解体が完了しました。この上に新しいガルバリウム鋼板を施工するので、清掃を行いキレイにします。

市川市の屋根の葺き替えの瓦おろし

清掃後の屋根の様子です。瓦おろしの工程が完了しました。

【工程2】野地板(コンパネ)の施工

既存の屋根材の撤去・解体が完了したら、野地板(コンパネ)を施工します。

野地板とは屋根の土台となるベニア合板です。

屋根の葺き替え工事の見積書には「コンパネ」と記載されることがあるので理解しておきましょう。

市川市の屋根の葺き替え工事の野地板の施工

屋根で使用される野地板は、板厚12mmの構造用合板と呼ばれるベニアが合板が使用されます。

構造用合板は日本産業規格のJIS規格で、品質が規程されており、防水性、耐久性、接着剤の種類やホルムアルデヒドの濃度などが規程されており、品質が安定しているのが特徴です。

屋根の形状に合わせて、構造用合板を施工したら、野地板の施工は完了です。

屋根の葺き替え工事の見積書を確認する際は、必ず、野地板の種類と板厚を確認するようにしましょう。

【工程3】ルーフィング(防水シート)の施工

野地板の施工が完了したら、ルーフィングシートを施工します。

ルーフィングシートは屋根の二次防水として、建物の内部に雨水が侵入するのを食い止める役割があります。

市川市の屋根の葺き替え工事の野地板の施工

写真ではわかりづらいですが、ロール状に巻かれたルーフィングシートを転がしながら、軒(底部)から棟(高部)に向かって順番に重ねていきます。

市川市の屋根の葺き替え工事のルーフィングの施工

屋根材のガルバリウム鋼板の耐用年数は40年〜50年と非常に耐久性に優れた製品です。

そのため、ガルバリウム鋼板を使用する際は、耐久性に優れた製品を使用する必要があります。

改質アスファルトルーフィングという耐久性の高いルーフィングシートを使用します。

雨漏りに対する耐性は、ルーフィングシートの性能によって決まるため、ガルバリウム鋼板の耐用年数に対応できるルーフィングシートを選択することが重要です。

市川市の屋根の葺き替え工事のルーフィングの施工

隙間や重なり代が水の流れと逆目になっている箇所が無いことを確認して、問題が無かったら、ルーフィングの施工は完了です。

【工程4】屋根材(ガルバリウム鋼板)の施工

ルーフィングの施工が完了したら、ガルバリウム鋼板を施工します。

市川市の屋根の葺き替え工事のガルバリウム鋼板の施工

トタン屋根の部分です。棟に対して縦方向に、ガルバリウム鋼板を施工する立平葺きで施工します。

市川市の屋根の葺き替え工事のガルバリウム鋼板の施工

大屋根は棟に対して横向きにガルバリウム鋼板を施工します。ガルバリウム鋼板の製品にはいくつか種類がありますが、屋根修理プラスでは、ニチハの横暖ルーフという製品をオススメしています。

横暖ルーフはSGL(スーパーガルバリウム)が使用されています。従来のガルバリウム鋼板よりも耐久性に優れているのが特徴です。また、断熱性と一体となっているため、金属屋根の最大の弱点である、断熱性の低さが改善された製品です。

最後に、棟板金を取り付けたら、屋根の葺き替え工事は施工完了です。

屋根の葺き替え工事の施工後の様子

市川市の屋根の葺き替え工事のガルバリウム鋼板の施工 市川市の屋根の葺き替え工事のガルバリウム鋼板の施工 市川市の屋根の葺き替え工事のガルバリウム鋼板の施工

外壁塗装の工程と施工中の様子

屋根の葺き替え工事が完了したら、外壁塗装の施工中の様子について見ていきましょう。これから外壁塗装を検討している方にとって役に立つとも思いますので、是非参考にしてもらえればと思います。

【工程1】高圧洗浄

まず始めに、高圧洗浄を行い外壁の汚れをキレイに洗い流します。モルタル外壁は汚れが付着しやすいため、高圧洗浄でしっかりと汚れを洗い流します。

市川市の外壁塗装の高圧洗浄

外壁塗装の高圧洗浄は市販の高圧洗浄機よりも水圧が強いのが特徴です。

市川市の外壁塗装の高圧洗浄

雨樋の詰まりも高圧洗浄でキレイに洗い流します。

市川市の外壁塗装の高圧洗浄

こちらは雨戸です。雨戸も塗装をするため、高圧洗浄を行い、汚れをキレイに洗い流します。

【工程2】外壁のひび割れの補修

高圧洗浄で外壁の汚れをキレイに洗い流したら、外壁のひび割れ補修を行います。モルタルはひび割れが発生しやすいため、しっかりとひび割れ補修をしてから塗装をします。

市川市の外壁塗装のひび割れ補修

ひび割れ箇所にプライマーを塗布します。ひび割れはコーキングを充填して補修しますが、プライマーは外壁とコーキング材の密着性を良くするための、下地調整材になります。

市川市の外壁塗装のひび割れ補修

コーキングを充填後、ヘラで均して調整します。

市川市の外壁塗装のひび割れ補修

大きな構造クラックが入っています。コーキングが充填しやすいように、V字カットをしてから補修を行います。

市川市の外壁塗装のひび割れ補修

コーキングを充填しています。コーキングの上に塗装ができるウレタンコーキング材を使用します。

市川市の外壁塗装のひび割れ補修

最後にヘラで均したら施工完了です。

【工程3】外壁の下地調整

外壁のひび割れ補修が完了したら、下地調整を行います。サンドペーパーやマジックロンを使用して、高圧洗浄で取りきれなかった汚れを削り取ります。

市川市の外壁塗装の下地調整

鉄部をサンドペーパーでサビ落としを行います。

市川市の外壁塗装の下地調整

こちらは木部の破風板です。旧塗膜や腐食した下地をサンドペーパーで削り取ります。

市川市の外壁塗装の下地調整

こちらは縁側です。木部の破風板と同様に腐食した木材をマジックロンを使用して削り取ります。

市川市の外壁塗装の下地調整

こちらは換気フードです。サンドペーパーを使用して、錆を除去をします。

【工程4】外壁塗装の下塗り

下地調整の工程が完了したら、いよいよ塗装工程に移行します。外壁塗装は「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回の重ね塗りで仕上げます。

市川市の外壁塗装の下塗り

下塗りはシーラーと呼ばれる下地調整材を使用します。外壁(塗装面)と中塗り塗料の密着性を整える役割があります。また、モルタルに塗料をたっぷりと吸収させることで、中塗り、上塗り仕上げ塗料の塗料の吸収を抑制できるため、均一な塗膜を形成できるようになります。

【工程5】外壁塗装の中塗り・上塗り

外壁塗装の下塗りが完了したら、中塗り工程に移行します。中塗りでは施主様と一緒に選んだ、メインの塗料、ラジカル塗料を使用します。

市川市の外壁塗装の中塗り

下塗り塗料の上に、ラジカル塗料を重ね塗りします。そして、2回の重ね塗りをしたら、外壁塗装の工程は施工完了です。

【工程6】外壁塗装の付帯部塗装

外壁塗装の工程が完了したら、付帯部の塗装に移行します。付帯部とは雨戸、軒天、破風板などの建物の付帯箇所になります。

市川市の外壁塗装の下地調整

霧よけの塗装です。鉄部塗装になるため、サンドペーパーでケレン作業を行います。

市川市の外壁塗装の付帯部塗装

ケレン作業が完了したら、錆止め塗装を行います。

市川市の外壁塗装の付帯部塗装

ウレタン塗料で上塗りをしたら、施工完了です。