【柏市】屋根リフォーム|築30年のスレート屋根をカバー工法でガルバリウム鋼板に葺き替え!

柏市のカバー工法の施工事例

千葉県柏市でカバー工法による屋根の葺き替え工事を施工させていただきました。耐用年数が経過したスレート屋根をガルバリウム鋼板に張り替えました。この記事では千葉県柏市のカバー工法による屋根リフォーム施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

近所をリフォーム工事しているリフォーム会社の営業に、棟板金の釘の浮きを指摘されて、修理を検討されていました。

無料で見積もりを出してくれるというのでお願いしたところ、屋根のカバー工法で150万円の見積もりを提示されたようです。訪問販売業者で不安に感じたため、地元柏市で信頼できる屋根業者に再度、現地調査を検討されていました。

インターネットで柏市の屋根業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になり、興味を持っていただきました。

建物の設計や構造に関する国家資格の建築士の資格保有者が在籍しており、建物の劣化症状に合わせて最適な修理方法を提案できる「提案力」に信頼性を感じていただき具体的に現地調査のご依頼をいただきました。

ビフォーアフター

柏市のカバー工法のビフォーアフター
担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状を確認させていただきました。築年数30年のスレート屋根の住宅でした。

約10年前に外壁・屋根塗装によるメンテナンスを行っていました。経年劣化により屋根材の防水性能が低下しており、屋根全体にコケ・カビが発生している状態でした。

また、屋根の棟板金の釘が浮いている箇所もあり、台風の強風で飛散する危険がありました。スレート屋根は再塗装によるメンテナンスが一般的にです。

しかし、築年数30年が経過したスレート屋根は屋根内部の防水シートが劣化している可能性が高く、カバー工法でガルバリウム鋼板に張り替えてしまった方が安全です。

また、カバー工法で張り替えるガルバリウム鋼板という屋根材は金属屋根ですが、メンテナンスフリーの屋根材のため、一度、張り替えてしまえば将来的にメンテナンスの必要がありません。

今後、「雨漏りから建物を守る」という保存性と将来のメンテナンスコストを大幅に節約できるという「経済性」を両立した現時点でもっとも費用対効果の高い屋根リフォームを実現できるため、ガルバリウム鋼板のへの葺き替え工事をご提案させていただきました。

屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

コケ・カビが生えたスレート屋根

築年数30年が経過したスレート屋根です。

定期的に屋根塗装によるメンテナンスを行ってきた屋根ですが、経年劣化で屋根全体にコケ・カビが発生していました。

コケやカビは日陰などの湿った場所に発生することから分かりますが、屋根の防水性能が低下しているサインになります。

また、屋根材のスレート瓦の耐用年数は25年〜30年といわれています。耐用年数が経過した屋根材に塗装をすると、「施工後、すぐに塗装が剥がれる」などの思わぬ施工不良に発展するため、新しくガルバリウム鋼板に張り替える必要がありました。

コケ・カビが生えたスレート屋根

こちらは棟板金です。金属製のカバーですが、経年劣化で錆が発生するようになります。定期的にメンテナンスがされていたため、サビもなく比較的キレイな状態で保存されていました。

スレート屋根の割れた

スレート瓦の欠けです。スレート屋根は屋根内部の防水シートにより建物の内部に雨水が侵入するのを食い止めています。そのため、屋根材が割れ、屋根の内部に雨水が侵入しても防水シートがしっかりと機能していれば、雨漏り発生することはありません。しかし、築年数30年が経過しており、防水シートが劣化している可能せも高いため、防水シートの交換も含めて、メンテナンスを行う時期に差し掛かってしまいた。

棟板金の浮き

こちらは棟板金です。経年劣化で釘が緩み、浮いているのが分かると思います。強風や台風で棟板金が飛散する危険があるため、具体的にメンテナンスを行う必要がありました。

棟板金の釘の浮き

棟板金の釘の浮きです。棟板金の釘はどうしても浮いてくるため、10年を目安に点検をすると安心です。

棟板金のコーキングの劣化

棟の取り合い部分のコーキングも劣化していました。棟は屋根の頂点に位置しているため、棟から侵入した雨水は屋根全体は広がるので注意が必要です。

屋根のカバー工法の工程と施工中の様子

ここからは屋根のカバー工法の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】棟板金の撤去・解体

屋根のカバー工法とは既存の屋根材の上に新しい屋根を被せるリフォームを工法です。そのため、新しい屋根を施工する際の障害物となる「棟板金」や「雪止め金具」を撤去します。

棟板金の撤去・解体

屋根の棟板金を取り外しました。屋根の棟板金は棟下地という木材板に釘で打ち付けて固定されています。棟下地も含めて撤去します。

棟板金の撤去・解体

雪止め金具も撤去したら、完了です。

【工程2】防水シートの施工

棟板金の撤去が完了したら、防水シートを施工します。防水シートはルーフィングシートと呼ばれており、屋根の二次防水として重要な役割があります。

防水シートの施工

ルーフィングシートはいくつか種類がありますが、ガルバリウム鋼板の施工では、改質アスファルトルーフィングという耐久性に優れた製品を使用します。ガルバリウム鋼板の耐用年数が40年〜50年と非常に長期的なためです。ガルバリウム鋼板屋根の施工の際は、ルーフィングシートの種類を確認しておくと安心です。

防水シートの施工

ルーフィングシートは釘を打ち付けて固定します。釘を打ち付ける際にルーフィングシートを貫通するため、フェルトを1枚挟んで、釘をうちつけます。

【工程3】棟下地の施工

ルーフィングシートの施工が完了したら、棟下地を施工します。棟下地は棟板金を取り付ける際の土台となる板です。また、ガルバリウム鋼板を施工する際の土台となる下地板です。

棟下地の施工

屋根の棟に沿って、棟下地を取り付けます。

棟下地の施工

こちらは隅棟と大屋根の取り合い部分です。棟下地の施工が完了しました。

【工程4】屋根材(ガルバリウム鋼板)の施工

棟下地の施工が完了したら、ガルバリウム鋼板を施工します。ガルバリウム鋼板はニチハ株式会社の横暖ルーフという製品を使用しています。従来の製品に比べて耐久性と断熱性に優れているのが特徴です。

ガルバリウム鋼板の施工

軒先から棟に向かって順番にガルバリウム鋼板を施工します。2段目〜3段目にかけては雪止め金具を取り付けます。

ガルバリウム鋼板の施工

寄棟屋根ですが、1面の施工が完了しました。その他の面もガルバリウム鋼板を施工したらガルバリウム鋼板の施工は完了です。

ガルバリウム鋼板の施工 ガルバリウム鋼板の施工

【工程5】棟下地の施工

最後に棟下地を取り付けたら施工完了です。

棟板金の施工

屋根の棟板金の取り付けが完了したら施工完了です。

屋根カバー工法の施工後の様子

屋根カバー工法の施工後の様子 屋根カバー工法の施工後の様子 屋根カバー工法の施工後の様子 屋根カバー工法の施工後の様子 屋根カバー工法の施工後の様子 屋根カバー工法の施工後の様子 屋根カバー工法の施工後の様子 屋根カバー工法の施工後の様子 雨樋の交換工事 雨樋の交換工事 雨樋の交換工事 雨樋の交換工事