【船橋市】屋根の葺き替え工事|下屋根の雨漏りを葺き替え工事で根本的な修理を実現

船橋市の下屋根の葺き替え工事

千葉県船橋市で下屋根の葺き替え工事を施工させていただきました。下屋根の劣化箇所から雨漏りが発生していた状態でしたが、ガルバリウム鋼板に葺き替えたことで、雨漏りもピタッと止まり屋根の防水性能が回復しました。この記事では千葉県船橋市の屋根の葺き替え工事の施工事例をご紹介しします。

お問い合わせの経緯

1階の天井に雨染みが広がり雨漏り修理を検討されていました。

インターネットで雨漏り修理について調べた際に、「雨漏りはしっかりと修理をしないと再発して修理費用が無駄になる」ということを知り、雨漏り修理に定評のある、優良業者での施工を希望されていました。

地元、船橋市の雨漏り修理業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になり、興味を持っていただきました。

建築の設計や構造に関する専門家である、建築士の資格保有者が在籍しており、雨漏りに原因を突き止めて確実な修理を実現できることに信頼性を感じていただきました。

また、雨漏り診断士の資格を保有したスタッフが多数在籍していることから、散水調査やサーモグラフィー調査などの専門的な雨漏り調査を実施できることに信頼性を感じていただき、現地調査のご依頼をいただきました。

ビフォーアフター

船橋市の下屋根の葺き替え工事のビフォーアフター
担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い、雨漏りの状況を確認させていただきました。

現地調査の結果、下屋根と外壁の取り合い部分の板金が外れており、その箇所から雨水が侵入していました。

屋根は屋根内部の防水シートにより防水性能を確立していますが、経年劣化により防水シートが破れてしまい建物の内部に雨水が侵入している状態でした。

雨水の入り口となる、屋根板金だけを修理をしても再度、別の箇所から雨漏りが発生する可能性が高く、雨漏りが再発する危険が高かったため、下屋根全体の葺き替え工事をご提案させていただきました。

葺き替えとは新しく屋根材を張り替える施工方法ですが、屋根の二次防水の防水シートも交換するため、根本的な雨漏り修理を実現できます。

また、屋根材のガルバリウム鋼板はトタンと同じ金属製の屋根材ですが、耐用年数が40年〜50年と非常に耐久性に優れているだけではなく、メンテナンスフリーの屋根材として再塗装のメンテナンスが必要ありません。

そのため、将来的なメンテナンスコストが発生しないため、費用対効果の高い屋根リフォームを実現できます。

このように雨漏りが再発して施主様に無駄な負担をかけないため、ガルバリウム 鋼板への葺き替え工事による雨漏り修理をご提案させていただきました。

屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見てきましょう。

錆が発生したトタン屋根

築30年が経過したトタン屋根です。ベランダが設置されていましたが解体しました。トタンは塗装により防水性能を確立していますが、チョーキング現象と呼ばれる塗料の劣化症状が発生していました。具体的にメンテナンスが必要な状態でした。

錆が発生したトタン屋根

屋根と外壁の取り合い部分です。外壁材のトタンが錆びている状態でした。穴も空いておりその箇所から雨水が侵入している状態でした。

錆が発生したトタン屋根

外壁と屋根の取り合い部分の板金が浮いている状態でした。

防水シートが機能していれば建物の内部に雨水が侵入するとこはありませんが、屋根の防水シートも劣化しているため、建物の内部に雨水が侵入している状態でした。

屋根の葺き替え工事の工程と施工中の様子

ここからは屋根の葺き替え工事の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】既存の屋根材の撤去・解体

屋根の葺き替え工事は既存の屋根材を撤去して、新しい屋根材に張り替えるリフォーム工法です。そのため、まず始めに、既存の屋根材を撤去・解体します。

トタン屋根の撤去解体

トタン屋根を撤去しました。トタンを撤去すると、黒い紙のような素材が出てきますが、これが防水シートです。

慢性的に屋根の内部雨水が侵入していたため、湿っていました。防水シートも撤去したら、既存の屋根材の撤去は完了です。

【工程2】野地板(コンパネ)の設置

既存の屋根材の撤去が完了したら、野地板を取り付けます。野地板とは屋根材の土台となる木材板です。

コンパネの施工

既存の野地板の上に新しい野地板を設置します。野地板は構造用合板というベニア合板が使用されます。

構造用合板はJAS規格で品質が規程されており、強度や防水性能、接着剤の種類など、品質が安定しているのが特徴です。

野地板の施工

屋根の形状に合わせて、構造用合板を施工したら野地板の設置は完了です。

【工程3】防水シートの施工

野地板の施工が完了したら、防水シートを設置します。

ルーフィングの施工

黒いシート状の素材が防水シートです。

防水シートにいくつか種類がありますが、ガルバリウム鋼板屋根の施工では、ガルバリウム鋼板の耐用年数に対応させるため、改質アスファルトルーフィングという耐久性に優れた製品を使用します。

非常に重要なことなので、ガルバリウム鋼板屋根の施工の際は、確認すると安心です。

ルーフィングの施工

ルーフィングの施工が完了しました。

【工程4】ガルバリウム鋼板の施工

防水シートの施工が完了したら、ガルバリウム鋼板を取り付けます。

ガルバリウム鋼板の施工

下屋根のような勾配が緩やかな屋根の場合、つなぎ目がなく、水の抵抗が少ない、立平葺きという施工方法でガルバリウム鋼板を施工します。

ガルバリウム鋼板の施工

ガルバリウム鋼板の施工が完了したら、外壁と屋根の取り合い部分に雨押さえという屋根板金を取り付けます。

雨押さえの取り付け

雨押さえの施工が完了しました。下屋根の葺き替え工事が完了しました。

屋根の葺き替え工事の施工後の様子

下屋根の葺き替え工事の施工後の様子 屋根の葺き替え工事の施工後の様子 屋根の葺き替え工事の施工後の様子 屋根の葺き替え工事の施工後の様子 屋根の葺き替え工事の施工後の様子 下屋根の葺き替え工事の施工後の様子