袖ケ浦市の屋根の葺き替え工事 | 日本瓦屋根をシングル屋根に葺き替え

袖ケ浦市の屋根葺き替え工事の施工事例

千葉県袖ケ浦市で屋根の葺き替え工事を施工させていただきました。

強風で飛ばされた日本瓦の屋根をアスファルトシングル材に葺き替えました。この記事では千葉県袖ケ浦市の屋根葺き替え工事の施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

台風で屋根材の日本瓦が飛ばされてしまい、ブルーシートで応急処置をしていました。

いつまでも、応急処置のまま放置することに不安を感じて、具体的に修理を検討されていました。

インターネットで千葉県で信頼できる屋根業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になり興味を持っていただきました。

建物の構造や設計に関する国家資格の建築士の国家資格を保有しており、建物の劣化症状を適切に見極めて最適なメンテナンス方法を提案できることに信頼性を感じていただき興味を持っていただきました。

ビフォーアフター

袖ケ浦市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター
担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状を確認させていただきました。

築年数50年が経過した日本瓦の屋根でした。昨年の台風で瓦が飛ばされてしまい、応急処置でブルーシートを被した状態の屋根でした。

ブルーシートも劣化が目立つようになり、破れや隙間が生じるようになっている状態でした。また、台風がきた際にブルーシートが飛ばされるだけでななく、雨漏りが発生する恐れもあったため、早急に、メンテナンスを行う必要がありました。

建物の老朽化の状態と今後も安全に暮らしていくにあたって、新しく屋根材を張り替える葺き替え工事が必要な状態でした。

施主様と予算や今後のライフプランをヒアリングさせていただき、アスファルトシングルによる屋根の葺き替え工事をご提案させていただきました。

アスファルトシングルとはシート状の屋根材ですが、屋根材の中でも安価でありながら、耐久性に優れた屋根材です。

また、既存の日本瓦よりも大幅に軽量であり、アスファルトシングルに葺き替えることで、建物の負担が大幅に軽減され、耐震性が大幅に向上します。

このように費用対効果と建物の安全性を両立できる現時点で最も付加価値が高いリフォーム工法として、アスファルトシングルへの葺き替え工事をご提案させていただきました。

屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

屋根の葺き替え工事の施工前の様子

築年数50年が経過した屋根です。台風で屋根の棟部分の鬼瓦が外れている状態でした。

日本瓦は耐用年数が80年〜100年と非常に耐久性に優れた屋根材ですが、屋根内部の防水シートは40年を目安に劣化するため、具体的にメンテナンスが必要な状態でした。

屋根の雨漏りの応急処置

昨年の台風でブルーシートにより応急処置を行っていました。1年近くが経過しており、ブルーシートにも劣化が見られるようになっていました。

この状態を放置すると雨漏りに発展する可能性があるため、具体的にメンテナンスを行う必要がありました。

屋根の葺き替え工事の工程と施工中の様子

屋根の葺き替え工事とは既存の屋根材を撤去して新屋根際に張り替える総張り替え工事です。どのように工事が進行すんるのか具体的に見ていきましょう。

【工程1】既存の瓦の撤去・解体(瓦おろし)

まず始めに、既存の屋根材を・解体します。この作業を瓦おろしと言います。

日本瓦の撤去・解体

瓦の撤去後の様子です。瓦は釘で固定されている訳ではなく、瓦同士をはめ合わせて固定されています。そのため、1箇所を撤去すると簡単に取り外せます。

日本瓦の撤去・解体

瓦の撤去が完了しました。雨漏りや腐食も発生しておらず、新しい屋根材の下地として十分利用できる状態でした。

【工程2】野地板(コンパネ)の施工

既存の屋根材の瓦おろしが完了したら、野地板を取り付けます。野地板とは屋根を形成する下地板です。新しい屋根材の土台となるベニア合板です。

野地板(コンパネ)の施工

屋根の形状に合わせて、野地板を取り付けます。屋根の野地板は板厚12mmの構造用合板と呼ばれるベニア合板が使用されます。

構造用合板は耐水性や強度、接着剤の種類がJAS規格(日本農林規格)で規程されており、品質が安定しているのが特徴です。

最終的に野地板は屋根に隠れてしまい、後から確認できないため、見積もり段階で確認しておくと安心です。

野地板(コンパネ)の施工

野地板の施工が完了しました。

【工程3】防水シート(ルーフィングシート)の施工

野地板の施工が完了したら、防水シート(ルーフィングシート)を施工します。防水シートは屋根の二次防水として建物の雨水の侵入を食い止める重要な役割があります。

防水シート(ルーフィングシート)の施工

ルーフィング重なりが屋根に流れる水の流れと逆目にならないように軒先から棟に向かって順番に防水シートを重ねていきます。

防水シート(ルーフィングシート)の施工

防水シートにはいくつか種類がありますが、耐久性に優れた改質アスファルトルーフィグという製品を使用します。

先ほどもお伝えしましたが、ルーフィングシートは屋根の二次防水として重要な役割がああります。そのため、防水シートも改質アスファルトルーフィングという耐久性に優れた製品を使用するのが一般的です。

こちらも野地板と同様に最終的に屋根材に隠れてしまうため、見積もり段階で確認することが重要です。

【工程4】屋根材(アスファルトシングル)の塗装

防水シートの施工が完了したら、いよいよ、屋根材を取り付けます。

ルーフィングシート同様に軒先から棟に向かって順番にアスファルトシングルを設置します。

アスファルトシングルの施工

アスファルトシングル材を設置しています。写真でも分かる通り、アスファルトシングルは非常に薄い屋根材です。ルーフィングシートは防水シートに石粒を吹き付け塗装され屋根材です。非常に軽量で耐久性にすぐ売れているのが特徴です。

【工程5】棟板金の施工

アスファルトルーフィングの施工が完了したら棟板金を取り付けます。まずは、棟板金の土台となる下地板を取り付けます。

アスファルトシングルの施工

屋根の棟に沿って棟下地を取り付けました。

棟板金の施工

棟下地の施工が完了したら、棟板金を取り付けます。棟板金を取り付けたら、屋根の葺き替え工事は完了です。

屋根の葺き替え工事の施工後の様子

棟板金の施工 屋根の葺き替え工事の施工後の様子