船橋市の屋根葺き替え工事 | 雨漏りが止まらない下屋根を葺き替えで修理

船橋市の倉庫の屋根吹き替え工事の施工事例

千葉県船橋市で屋根の葺き替え工事を施工させていただきました。

千葉県船橋市の屋根の葺き替え工事の施工事例をご紹介します。

船橋市の屋根葺き替え工事のお問い合わせの経緯

1階の倉庫からポタポタと雨漏りが発生しており修理を検討されていました。

インターネットで地元船橋市の雨漏り修理業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり興味を持っていただきました。

建物の構造や設計に関する国家資格の建築士の資格保有者が在籍しており雨漏りの原因に応じて最適な修理方法を提案することができます。

また、雨漏り診断士も在籍しており、実際の雨を再現する散水調査や温度差により雨漏りの侵入経路を特定するサーモグラフィー調査も実施できます。

このように雨漏り修理に関して確実性の高い雨漏り修理を実現できる施工力に信頼感を感じていただき、現地調査のご依頼いをいただきました。

[/box]

船橋市の屋根の葺き替え工事の施工前と施工後の様子

船橋市の屋根の葺き替え工事のビフォーアフター

船橋市の屋根葺き替え工事の担当者の提案内容

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い雨漏りの状況を確認させていただきました。

築年数40年の住宅で倉庫になっている下屋根部分から雨漏りが発生していました。

経年劣化により屋根材の板金がめくれており、その板金の破損箇所から雨水が侵入している状態でした。

部分補修では修理ができない状態だったため、屋根全体の葺き替えによる雨漏り修理をご提案させていただきました。

後日談にはなりますが、施工後、雨漏りもピタッと止まり、「屋根プラスさんにお願いしてよかった」と大変喜ばれていました。

[/box]

雨漏りの状況と現地調査の様子

ここからは雨漏りと現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

船橋市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

雨漏りの原因となっている下屋根です。既存の屋根板金が捲れている状態でした。慢性的に雨漏りが発生していたため、ベニア板で応急処置がされている状態でした。

船橋市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

屋根板金の捲れを塞ぐために、防水シートが被せてあったようですが、破れている状態でした。部分補修では修理ができないため、屋根材を新しく張り替えます。

屋根の葺き替え工事の工程と施工中の様子

屋根の葺き替え工事とは既存の屋根材を撤去して新しい屋根材に張り替える屋根のリフォーム工法です。

屋根の土台(野地板)防水シート、屋根材といった屋根の内部も新しくなるため、雨漏りが再発する危険の無い、根本的な修理を実現することができます。

それでは、ここからは具体的に、屋根の葺き替え工事の工程と施工中の様子について見ていきましょう。

【工程1】既存の屋根材の撤去・解体

まず始めに既存の屋根材を撤去・解体します。

船橋市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

屋根を形成しているベニア板を取り外していきます。応急処置的に施工されていたため、防水シートも施工されておらず、内部が腐食していました。

船橋市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

屋根の撤去が完了しました。次に下の屋根も撤去していきます。

既存の屋根材の撤去・解体

屋根材の撤去が完了しました。1階部分は倉庫になっており、母屋から増築された部屋になります。

【工程2】野地板の施工(コンパネ)

既存の屋根材の撤去が完了したら、野地板を取り付けます。野地板は屋根の土台となるベニア板です。

野地板の施工

屋根の形状に合わせて野地板を取り付けていきます。野地板は構造用合板と呼ばれるベニア合板が使用されます。

構造用合板は強度、耐水性、ホルムアルデヒドの含有率などがJAS規格(日本農林規格)で規程されており、品質が安定しているのが特徴です。

通常のベニア合板と比べると若干割高になります。野地板は最急的に屋根材の下に隠れてしまうため、通常合板を使用する手抜き工事が多発しています。

屋根の野地板に通常合板を使用すると屋根の耐久性(耐水性)が低下するだけでななく、ホルムアルデヒドによる健康被害の危険もあるため、野地板の種類に関しては、見積もり段階でしっかりと確認しておくことが重要です。

野地板の施工

野地板の施工が完了しました。

【工程3】防水シート(ルーフィングシート)の施工

野地板の施工が完了したら防水シートを施工します。防水シートはルーフィングシートとも呼ばれており、屋根の二次防水として重要な役割がある部材です。

防水シートの施工

ルーフィングシートにはいくつか種類がありますが、改質アスファルトルーフィングという耐久性に優れた製品を使用します。

屋根材のガルバリウム鋼板は金属屋根ですが耐用年数が40年〜50年と非常に耐久性に優れた屋根材です。そのため、ルーフィングシートも耐久性に優れた改質アスファルトルーフィングを使用します。

【工程4】屋根材(ガルバリウム鋼板)の施工

ルーフィングシートの施工が完了したらガルバリウム鋼板を施工します。

ガルバリウム鋼板の施工

ガルバリウム鋼板の製品には屋根面に対して水平方向に屋根材を設置する「横葺き」と垂直方向に屋根材を設置する縦葺きの2種類があります。

屋根の傾斜(勾配)が緩い屋根の場合、排水性能に優れた縦葺きで設置をします。屋根の施工に慣れていない業者の場合、緩勾配の屋根でも横葺きで施工してしまうケースもあるので注意が必要です。

ガルバリウム鋼板の施工

ガルバリウム鋼板の施工が完了しました。最後に、屋根と外壁の取り合い部分に雨押さえを取り付けたら、屋根の葺き替え工事は施工完了です。

船橋市の屋根の葺き替え工事の施工後の様子

屋根葺き替え工事の施工後の様子 屋根葺き替え工事の施工後の様子 屋根葺き替え工事の施工後の様子 屋根葺き替え工事の施工後の様子 屋根葺き替え工事の施工後の様子 屋根葺き替え工事の施工後の様子 屋根葺き替え工事の施工後の様子 屋根葺き替え工事の施工後の様子 屋根葺き替え工事の施工後の様子 屋根葺き替え工事の施工後の様子