船橋市の屋根葺き替え | 築40年の瓦屋根をガルバリウムに葺き替え

船橋市の屋根葺き替え工事の施工事例

船橋市で屋根の葺き替え工事を施工しました。日本瓦の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替えました。船橋市の屋根の葺き替え工事の施工事例をご紹介します。

屋根葺き替え工事のお問い合わせの経緯(船橋市)

近所を屋根工事しているというリフォーム業者に屋根の劣化を指摘されたことがキッカケで屋根の葺き替え工事をご検討されていました。

大手リフォーム会社の営業マンが挨拶に来た際に、「瓦が浮いていますよ」「このままじゃ、雨漏りがしますよ」と指摘をされて、そのまま見積もりを依頼しました。

その際に、屋根の葺き替え工事を提案されましたが、見積もり金額が非常に高額に感じため、他の業者での相見積もりを検討されていました。

インターネットで地元、船橋市の屋根業者を探していた際に弊社のホームページをご覧にいなり、興味を持っていただきました。

屋根修理の専門業者として、船橋市を中心に1500件の施工実績と、建物の構造に関する専門家である、建築士も在籍しており屋根の劣化症状に応じて適切な施工方法を提案できることに信頼性を感じていただき現地調査のご依頼をいただきいました。

船橋市の屋根葺き替え工事の施工前と施工後の様子

既存の日本瓦屋根を撤去して、金属屋根のガルバリウム鋼板に屋根材を葺き替えました。

ガルバリウム鋼板は日本瓦と比べて非常に軽量な屋根材のため、地震に強い屋根材です。

また、耐用年数も40年〜50年と非常に長期的な屋根材で他費用対効果の高い屋根リフォームを実現できます。

船橋市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター 船橋市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター

船橋市の屋根葺き替え工事の営業担当者の提案内容

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状を確認させていただきました。築年数40年が経過した。屋根は日本瓦、外壁はモルタルの戸建て住宅でした。

訪問販売業者に屋根の劣化を指摘され、屋根の葺き替え工事を提案されたようですが、見積もり金額が250万円と非常に高額な内容だったようです。

訪問販売業者の指摘どおり、屋根の瓦が数枚ズレており、具体的に修理が必要な状態でした。築年数も経過しており、建物の老朽化、今後のメンテナンスプランも含めて、ガルバリウム鋼板への葺き替え工事をご提案させていただきました。

ガルバリウム鋼板とは金属製の屋根材ですが、非常に軽量で耐久性に優れているのが特徴です。ガルバリウム鋼板に屋根を葺き替えることで、屋根が60%軽量化されるため、建物全体の耐久性が向上します。

また、ガルバリウム鋼板はメンテナンスフリーの屋根材のため、再塗装などのランニングコストが発生しません。このように耐震性と費用対効果を最大化できる、現時点でもっとも有効なメンテナンス方法として、屋根の葺き替え工事をご提案させていただきました。

船橋市の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは船橋市の屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見てきましょう。

日本瓦の浮き

日本瓦が数枚ズレています。屋根の二次防水の防水シートも劣化している可能性が高く、雨漏りが発生する危険がありました。

船橋市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

屋根のてっぺん(棟)には漆喰と呼ばれる白い粘土のような素材が詰まっています。

経年劣化により漆喰が剥がれている箇所が見られました。漆喰が剥がれると、屋根の棟歪んでしまい、地震や台風などで、棟が倒壊する危険があるため、メンテナンスが必要な状態でした。

船橋市の屋根葺き替え工事の工程と施工中の様子

ここからは船橋市の葺き替え工事の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

屋根の葺き替え工事とは既存の屋根を撤去して新しい屋根に張り替えるリフォーム広報です。どのように工程が進んでいくのか具体的に見てきましょう。

【工程1】瓦おろし

まず始めに、既存の日本瓦を撤去・解体します。この作業を瓦おろしといいます。

船橋市の屋根葺き替え工事の瓦おろし

既存の瓦を撤去しました。瓦は釘で固定されているわけではなく、瓦同士をはめ合わせることで固定れています。基本的には屋根に乗っている状態のため、簡単に取り外すことができます。

船橋市の屋根葺き替え工事の瓦おろし

瓦を乗せていた下地板も撤去します。

船橋市の屋根葺き替え工事の瓦おろし

瓦おろしの工程が完了しました。防水シートだけの状態になりましたが、この上にガルバリウム鋼板屋根を施工していきます。

【工程2】野地板の施工

瓦おろしの工程が完了したら、野地板を取り付けます。野地板は屋根を形成する下地板であり、屋根の強度を左右する重要な部材になります。

船橋市の屋根葺き替え工事の野地板の施工

屋根の形状に合わせて野地板を設置します。野地板はべニア合板が使用されますが、中でも耐久性井優れている構造用合板という製品を使用します。

構造用合板の性能はJAS規格(日本農林規格)で規定されており、品質が安定しているのが特徴です。

屋根の強度や耐久性に影響を与えるため、屋根の葺き替え工事の見積書を確認する際は、野地板の種類について確認しておくと安心です。

【工程3】防水シート(ルーフィングシート)の施工

野地板の施工が完了したら、防水シートを施工します。

一般的に瓦などの屋根材が屋根の防水性能を確立していると思われていますが、この防水シートが二次防水として屋根の防水性能を確立しています。

そのため、雨漏りは防水シートが破れる、ズレるなどの劣化から発生します。このように防水シートは屋根の二次防水として重要な役割があります。

船橋市の屋根葺き替え工事の防水シートの施工

屋根に広がる灰色のシート素材が防水シートです。軒先(底部)から棟(高部)に向かって順番に防水シートを重ねていきます。

これは屋根の水の流れと防水シートの重なり城が屋根の水の流れと逆目にならないようにするためです。

この順番が逆になっている箇所があると、雨漏りが発生すリスクが非常に高くなるため、防水シートの施工は確実に写真に残してもらうことが重要です。

船橋市の屋根葺き替え工事の防水シートの施工

防水シートにはいくつか種類がありますが、ガルバリルム鋼板屋根では改質アスファルトルーフィングという耐久性に優れた製品を使用します。

これはガルバリウム鋼板の耐用年数に対応させるためです。こちらも屋根の耐水性、耐久性に大きく影響するため、見積もり段階で確認しておくと安心です。

 【工程4】谷樋・棟下地の取り付け

防水シートの施工が完了したら、谷樋、棟下地を取り付けます。

船橋市の屋根葺き替え工事の谷樋の取り付け

屋根の谷部分には谷樋と呼ばれる雨樋を取り付けます。屋根に降った雨水が集中する箇所になります。また、屋根の棟部分には棟下地と呼ばれる角材を設置します。

棟下地は棟板金を設置する際の下地板になります。

【工程5】屋根材(ガルバリウム鋼板)の施工

棟下地の施工が完了したら、いよいよ、屋根材(ガルバリウム鋼板)を取り付けます。防水シートと同様に軒先から棟に向かって順番い設置していきます。

船橋市の屋根葺き替え工事のガルバリウム鋼板の施工

2段目〜3段目にかけて雪止め金具を取り付けます。

船橋市の屋根葺き替え工事のガルバリウム鋼板の施工

屋根材を設置して、最後に棟板金を取り付けたら、八戸の葺き替え工事の施工は完了です。

ガルバリウム鋼板の屋根材にはいくつか種類がありますが、屋根修理プラスではニチハ株式会社の横暖ルーフという製品を使用します。横暖ルーフは他の製品と比べて耐久性と断熱際に優れているのが特徴です。

船橋市の屋根の葺き替え工事の施工後の様子

船橋市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 船橋市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 船橋市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 船橋市の屋根葺き替え工事の施工後の様子