船橋市の屋根葺き替え工事 | 雨漏りの下屋根をガルバに葺き替え

船橋市の屋根葺き替え工事の施工事例

橋市で屋根葺き替え工事を施工させて頂きました。雨漏りが発生した下屋根をガルバリウム鋼板に葺き替えました。このページでは船橋市の屋根葺き替え工事の施工事例をご紹介します。

屋根葺き替え工事のお問い合わせの経緯(船橋市)

1 階のリビングの天井に雨染みが広がり修理を検討されていました。地元、船橋市で雨漏り修理に定評のある雨漏り修理業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり興味を持って頂きました。

雨漏り修理の施工実績が豊富で、雨漏り診断士や建築士などの雨漏り修理に有効な資格を保有していることに信頼性を感じて頂き、現地調査のご依頼を頂きました。

船橋市の屋根葺き替え工事の施工前と施工後の様子

雨漏りの原因となっていたし屋根の屋根材を撤去して、新しくガルバリウム鋼板に葺き替えました。

屋根の二次防水の防水シートも交換されるため、根本的な雨漏り修理を実現できます。施工後、雨漏りもピタッと止まりました。

船橋市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター

船橋市の屋根葺き替え工事の担当者の提案内容

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い雨漏りの状況を確認させていただきました。

1階のリビングの天井に雨染みが広がっており、雨漏りが発生していいました。雨漏り診断士による雨漏り調査の結果、下屋根の外壁と屋根の取り合い部分から雨水が侵入している状態でした。

外壁と屋根の取り合い部分には雨押さえと呼ばれる、雨仕舞いの部材が取り付けられていますが、経年劣化で釘が浮いて外れており、その雨押さえの劣化箇所から雨水が侵入している状態でした。

屋根内部の防水シートがしっかりと機能していれば、建物の内部に雨水が侵入することはありませんが、築年数40年が経過しており、防水シートも破れや縮れなどの劣化が進行している状態だったため、雨漏りが発生している状態でした。

部分補修で修理をしてもすぐに再発する可能性が高い状態だったため、新しく屋根を張り替える屋根の葺き替え工事による根本的な雨漏り修理をご提案させていただきました。

後日談にはなりますが、施工後、雨漏りもピタッと止まり、施主様も大変喜ばれていました。

船橋市の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは船橋市の屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

船橋市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

屋根と外壁の取り合い部分にはこのように雨押さえと呼ばれる金属製のカバーが取り付けられています。この雨押さえは釘で固定されていますが、釘が浮いており、雨押さえが浮いている状態でした。 その浮いた箇所から雨水侵入して建物の内部に雨水が侵入していました。

船橋市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

金属瓦の屋根材ですが、チョーキング現象と呼ばれる塗料の劣化症状が発生していました。チョーキング現象は太陽の紫外線の影響で、塗料がチョークの粉の表面に吹き出す劣化症状です。チョーキング現象は屋根の防水性能を低下を知らせるサインであり、具体的にメンテナスが必要な状態でした。ガルバリウム鋼板に葺き替えることで、雨漏り修理だけでななく、屋根材のメンテナンスも同時に実現できます。

船橋市の屋根葺き替え工事の工程と施工中の様子

ここからは船橋市の屋根葺き替え工事の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】既存の屋根材の撤去

まず始めに、既存の屋根材を撤去・解体します。

船橋市の屋根葺き替え工事の屋根材の撤去

屋根材の撤去後の様子です。野地板と呼ばれる屋根の土台となる下地板だけの状態になります。築40年くらいの住宅ではバラ板が野地板に使用されていいます。隙間が空いており通気性に優れていますが、雨水が建物の内部に侵入しやすいのが特徴です。現在では、バラ板は使用されておらず、構造用合板と呼ばれるベニア合板が使用されます。続いて、野地板の施工について見ていきましょう。

【工程2】野地板の施工

既存の屋根材の撤去が完了したら、野地板を取り付けます。構造用合板と呼ばれるベニア合板を使用します。

船橋市の屋根葺き替え工事の野地板の施工

下屋根の形状に合わせて、構造用合板を設置していきます。ベニア合板にはいくつか種類がありますが、構造用合板は品質がJAS規格で規程されており、品質が安定しているのが特徴です。これは非常に重要なことなので、屋根修理の見積書を確認する際は、野地板の製品について確認すると安心です。

船橋市の屋根葺き替え工事の野地板の施工

野地板の施工が完了しました。

【工程3】防水シート(ルーフィングシート)の施工

野地板の施工が完了したら、防水シートを施工します。防水シートはルーフィングシートとも呼ばれており、屋根の二次防水として重要な役割があります。

船橋市の屋根葺き替え工事の防水シートの施工

灰色のシート状態の素材がルーフィングシートです。ルーフィングシートはいくつか種類がありますが、改質アスファルトルーフィングという耐久性に優れた製品を使用します。これはガルバリウム鋼板の耐久性に対応させるためですが、非常に重要なことなのでこちらも見積もり段階で確認しておくと安心です。

船橋市の屋根葺き替え工事の防水シートの施工

ルーフィングシートの施工が完了しました。

【工程4】屋根材(ガルバリウム鋼板)の施工

防水シートの施工が完了したら、ガルバリウム鋼板を施工します。下屋根で勾配が緩やかな屋屋根のため、 立平葺きと呼ばれる工法で施工します。

船橋市の屋根葺き替え工事の屋根材の施工

稲垣商事のスランビーと呼ばれる立平葺き専用の製品を使用します。立平葺きは屋根材のつなぎ目がないため、排水性能に優れているのが特徴です。

船橋市の屋根葺き替え工事の屋根材の施工

屋根の形状に合わせて、ガルバリウム鋼板を施工したら、施工完了です。

【工程5】雨押さえの取り付け

船橋市の屋根葺き替え工事の雨押さえの取り付け

最後に、外壁と屋根の取り合い部分に雨押さえを取り付けたら、船橋市の屋根の葺き替え工事は施工完了です。

船橋市の屋根葺き替え工事の施工後の様子

船橋市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 船橋市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 船橋市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 船橋市の屋根葺き替え工事の雨押さえの取り付け