船橋市の外壁塗装 | 築40年の戸建て住宅をシリコン塗料で再塗装

船橋市の外壁塗装の施工事例

船橋市で外壁塗装を施工させて頂きました。船橋市の外壁塗装の施工事例をご紹介します。

外壁塗装のお問い合わせの経緯(船橋市)

築40年が経過して外壁の汚れが気になるようになり修理を検討されていました。

地元、船橋市の外壁塗装に定評のあるリフォーム業者を探して頂いに弊社のホームページをご覧になり興味を持って頂きました。

塗装技術の技能資格であり、国家資格の一級塗装技能士の資格を保有しているスタッフが在籍しており、高品質な外壁塗装を実現できます。

また、建築士も在籍しており、外壁の劣化症状に応じて、コストパフォーマンスの高い塗料やリフォーム方法を提案でできる提案力に魅力を感じて頂き、現地調査のご依頼を頂きました。

船橋市の外壁塗装の施工前と施工後の様子

シリコン塗料で外壁塗装を行いました。霧よけや雨戸などの付帯部の塗装もセットで施工しました。

船橋市の外壁塗装のビフォーアフター 船橋市の外壁塗装のビフォーアフター

船橋市の外壁塗装の担当者の提案内容

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い、外壁の劣化症状を確認させていただきました。

築40年が経過した戸建て住宅で、木質系とモルタルが複合した外壁材でした。

経年劣化により塗料の劣化症状であるチョーキング現象が発生していました。

チョーキング現象とは紫外線の影響で塗料が粉状に吹き出す劣化症状で外壁の防水性が低下しているサインになります。

チョーキング現象を放置すると外壁材が水分を吸収するようになり、雨漏りの原因になります。

そのため、再塗装を行い、外壁材の防水性能を回復させる必要がありました。

また、霧よけや雨戸などの鉄部も錆が発生しており、再塗装によるメンテナンスが必要な状態でした。

施主様の予算や今後のメンテナンスプランをヒアリングさせて頂き、シリコン塗料をご提案させて頂きました。

シリコン塗料は外壁塗装の標準的な塗料であり、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。

施主様のご要望を含めて、現時点で費用対効果を最大化できる外壁のメンテナンス方法として、シリコン塗料による外壁塗装をご提案させて頂きました。

船橋市の外壁塗装の現地調査の様子

ここからは船橋市の現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

船橋市の外壁塗装の施工前の様子

木質系(木材)の外壁材ですが、外壁材の表面が粉っぽくなっています。

これがチョーキング現象ですが、塗料が劣化して、防水性能が低下しているサインになります。再塗装を行う最適な目安でした。

船橋市の外壁塗装の施工前の様子

こちらは霧よけです。

鉄部になりますが、全体的に錆が発生しており、メンテナンスが必要な状態でした。こちらも再塗装でメンテナンスを行います。

船橋市の外壁塗装の施工前の様子

こちらは破風板です。こちらも塗装により防水性能を確立していますが、経年劣化で一部塗装が剥がれている箇所があり、腐食している箇所がありました。再塗装でメンテナンスを行います。

船橋市の外壁塗装の工程と施工中の様子

ここからは船橋市の外壁塗装の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】高圧洗浄

まず始めに、高圧洗浄で外壁の汚れをキレイに洗い流します。

船橋市の外壁塗装の高圧洗浄

専用の高圧洗浄機を使用して外壁の汚れをキレイに洗い流します。

木部やモルタルは汚れが付着しやすいので汚れを確認しながら丁寧に高圧洗浄を行います。

橋市の外壁塗装の高圧洗浄

こちらは屋根です。外壁塗装では足場を設置します。

屋根ま上がることができるため、雨樋の汚れも高圧洗浄でキレイに洗い流します。

【工程2】下地調整(ひび割れの補修)

高圧洗浄で外壁の汚れをキレイに洗い流しら下地調整を行います。

モルタルのひび割れ箇所をコーキングで補修します。

橋市の外壁塗装の下地調整

ひび割れの補修が完了しました。この下地調整が不十分だと、塗装の耐用年数よりも早く塗装が剥がれてしまうなど、外壁塗装の品質を左右する重要な工程です。

補修箇所を写真に残してもらうと安心です。

【工程3】外壁塗装の下塗り

下地調整が完了したら、外壁塗装の下塗りを行います。

塗装工程は「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回の重ね塗りで仕上げます。その中で、下塗りはシーラーと呼ばれる下地調整材を使用して、塗装の下地を整える役割があります。

橋市の外壁塗装の下塗り

こちらは木部塗装です。シーラーを使用して塗装の下地を整えます。

木部は特に塗料の吸収が激しいため、たっぷりと塗料を吸収させます。

橋市の外壁塗装の下塗り

こちらはモルタル部分です。こちらもシーラーを使用して塗装の下地を整えます。

木質系の外壁材と同様にモルタルも塗料の吸収が激しいため、下塗りの段階でたっぷりと塗料を染み込ませて「中塗り」「上塗り」塗装の下地を整えます。

【工程4】外壁塗装の中塗り

下塗りの工程が完了したら、メインの塗料のシリコン塗料を使用して中塗りを行います。

橋市の外壁塗装の中塗り

こちらは木質系の外壁材です。下塗りの上にシリコン塗料を塗装します。

橋市の外壁塗装の中塗り

モルタル部も同様にシリコン塗料で塗装をしていきます。塗り残しが無いように、中塗り塗料と上塗り塗料で塗装の色を変えています。

【工程5】外壁塗装の上塗り

中塗りが完了したら、最後に、中塗りと同じ塗料を使用して上塗りを行います。外壁塗装の仕上げ塗装になります。

橋市の外壁塗装の上塗り

木部の上塗りです。すべての塗装面を塗装したら施工完了です。

橋市の外壁塗装の上塗り

こちらはモルタルです。こちらも上塗りで塗装をしたら施工完了です。

【工程6】外壁の付帯部の塗装

外壁塗装の工程が完了したら、付帯部の塗装を行います。

付帯部とは雨戸、霧よけ(庇)などの鉄部や破風板などの木部の塗装です。

橋市の雨戸の塗装

雨樋を塗装します。サンドペーパーを使用して、高圧洗浄では落とせない錆や旧塗膜などの汚れを除去します。

橋市の雨戸の塗装

錆止め塗料で下塗りをします。

橋市の雨戸の塗装

ウレタン塗料で上塗りを行います。ウレタン塗料は柔らかい塗膜を形成し、密着性に優れているため、塗料が剥がれやすい、木部や鉄部などの付帯部塗装で使用されます。

橋市の雨戸の塗装

ウレタン塗料で上塗りをしたら施工が完了です。

橋市の霧よけの塗装

こちらは霧よけです。サンドペーパーを使用して錆や旧塗膜を除去していきます。

橋市の霧よけの塗装

錆止め塗料で下塗りを行います。

橋市の霧よけの塗装

ウレタン塗料で上塗りをしたら施工完了です。

橋市の破風板の塗装

こちらは破風板です。鉄部の塗装と同様にサンドペーパーで旧塗膜や腐食箇所などん汚れを除去します。

橋市の破風板の塗装

ウレタン塗料で上塗りをしたら施工完了です。

船橋市の外壁塗装の施工後の様子

橋市の外壁塗装の施工後の様子 橋市の外壁塗装の施工後の様子 橋市の外壁塗装の施工後の様子 橋市の外壁塗装の施工後の様子 橋市の外壁塗装の施工後の様子