鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事 | トタン屋根をガルバリウムに葺き替え

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の施工事例

千葉県鎌ヶ谷市で屋根の葺き替え工事を施工しました。経年劣化で錆が発生したトタン屋根をガルバリウム鋼板に葺き替えました。

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の施工事例をご紹介します。

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事のお問い合わせの経緯(鎌ヶ谷市)

近所を屋根工事しているリフォーム業者が挨拶にきた際に、「屋根材が錆びて穴が空いてていますよ」「このままだと、雨漏りがして家がダメになりますよ」よ屋根の劣化を指摘され修理を検討されていました。

訪問業者だったため、イマイチ信頼できなかったことから、信頼できる屋根修理専門業者での現地調査を検討されていました。インターネットで鎌ヶ谷市に密着した、屋根修理業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり、興味を持って頂きました。

建物の設計や構造に関する国家資格の建築士の資格を保有しているスタッフが在籍しており、屋根の劣化症状を適切に見極めて最適な修理方法を提案できる提案力を信頼して頂き、現地調査のご依頼を頂きました。

鎌ヶ谷市の屋根葺きかえ工事のビフォーアフター

経年劣化で塗装が剥がれ、錆が発生したトタン屋根をガルバリウム鋼板に葺き替えました。雨漏りのリスクもなくなり今後も安心して住み続けられる住まいになりました。

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター 鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の担当者の提案内容

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の状態を確認させて頂きました。

築年数40年が経過したトタン屋根の住宅でした。トタンの耐用年数は30年前後と言われており、経年劣化により塗装が剥がれ、全体的に錆が発生している状態でした。

トタンは別名亜鉛メッキ後半と呼ばれており、表面の亜鉛が芯材の鋼板よりも早期に酸化することで、表面おん鋼材の保護する屋根材です。

そのため、錆自体は問題ありません。しかし、錆は放置すると内部に浸食して、芯材の鋼材まで錆が発生します。今回も同様にトタンの芯材となる鋼板ま錆が浸透しており、一部穴が空いている箇所もありました。

屋根材から雨水が侵入しても二次防水の防水シートが機能していれば雨漏りに発展することはありません。しかし、築年数40年が経過しており、屋根内部の防水シートも劣化している可能性が高く、この状態を放置すると雨漏りの危険がありました。そのため、屋根の葺き替え工事によるガルバリウム鋼板への葺き替え工事をご提案させて頂きました。

鎌ヶ谷市の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは鎌ヶ谷市の屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

築年数40年が経過したトタン屋根です。錆が発生しており過去に応急処置を行った痕跡があります。屋根の内部の防水シートも劣化している可能性が高いため、新しく屋根材を葺き替える必要がありました。

 

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

パラペットと屋根の取り合い部分です。パラペットもトタン材が使用されており経年劣化により錆が発生している状態でした。全体的に塗装も剥がれている箇所があるので、こちらもガルバリウム鋼板に葺き替えます。

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の工程と施工中の様子

ここからは鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】既存の屋根材の撤去・解体

まず始めに、既存の屋根材を撤去・解体します。

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の屋根材の撤去・解体

まずは、パラペット部分のトタン材から剥がしていきます。釘で固定されているため、釘を抜いてトタンを撤去していきます。

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の屋根材の撤去・解体

パラペット部のトタンを撤去したら、屋根材を撤去します。トタンは瓦棒と呼ばれる芯木にトタンを巻きつけて固定されています。そのため、瓦棒部分のおトタンを切断して屋根材を解体します。

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の屋根材の撤去・解体

屋根材の撤去が完了しました。黒いシート状の素材が防水シートです。経年劣化で穴が空いています。この状態の上に新しい屋根を施工します。

【工程2】野地板の施工

既存の屋根材の撤去が完了したら、野地板を取り付けます。野地板とは屋根を形成し、屋根材の土台となる部材です。

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の野地板の施工

屋根の形状に合わせてベニア合板を設置します。屋根の施工では、板厚12mmの構造用合板が使用されます。構造用合板は耐久性や耐水性などがJAS(日本農林規格)で規程されており、品質が安定しているのが特徴です。

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の野地板の施工

野地板の施工が完了しました。

【工程3】防水シートの施工

野地板の施工が完了したら、防水シートを取り付けます。防水シートは屋根の二次防水として建物の内部に雨水が侵入するのを食い止める重要な素材です。

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の防水シートの施工

防水シートの重なり代が屋根の水の流れと逆目にならないように、底部から後部に向かって順番に防水シートを設置します。また、防水シートは改質アスファルトルーフィングという耐久性に優れた製品を使用します。

【工程4】屋根材(ガルバリウム鋼板)の施工

防水シートの施工が完了したら、ガルバリウム鋼板を施工します。

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の屋根材の施工

立平葺きと呼ばれる棟に対して垂直方向に屋根材を設置します。この立平葺きの方が屋根材のつなぎ目が少ないため、排水性に優れているのが特徴です。緩勾配の屋根では厳守されるべき工法です。

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の屋根材の施工

最後にパラペット部分に笠木を取り付けたら、屋根の葺き替え工事は施工完了です。

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の施工後の様子

鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 鎌ヶ谷市の屋根葺き替え工事の施工後の様子