船橋市の屋根リフォーム | 屋根カバー工法で雨漏りを確実に修理

船橋市の屋根リフォームの施工事例

船橋市でカバー工法による屋根のリフォームを施工させて頂きました。船橋市の屋根リフォーム の施工事例をご紹介します。

屋根リフォームのお問い合わせの経緯(船橋市)

二階の天井に雨染みが広がり修理を検討されていました。

地元のリフォーム会社に雨漏り修理を依頼したところ、屋根の葺き替え工事を提案されたようです。

しかし、1社だけの見積もりだけでは判断ができずに、屋根修理、雨漏り修理に特化した屋根修理専門業者をとの相見積もりを検討されていました。

インターネットで地元、船橋市の屋根修理専門業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になり興味を持って頂きました。

雨漏り診断士のスタッフが在籍しており、散水調査やサーモグラフィー調査などの雨漏りに特化した現地調査を実施することができます。

確実性の高い雨漏り修理を実現できることに信頼性を感じて頂き現地調査のご依頼を頂きました。

船橋市の屋根リフォームのビフォーアフター

スレート屋根をカバー工法でガルバリウム鋼板に張り替えました。施工後、雨漏りもピタリと止まり、確実な雨漏り修理を実現でいました。

船橋市の屋根リフォームのビフォーアフター

船橋市の屋根リフォームの担当者の提案内容

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状について確認させて頂きました。

実際の雨を再現する散水調査を実施して雨漏りの原因調査を行いました。

築年数30年目の戸建て住宅でしたが、経年劣化でスレート瓦が割れている箇所があり、そこから屋根の内部に雨水が侵入している状態でした。

屋根内部の防水シートがしっかりと機能していれば、雨漏りに発展することはありませんが、こちらも経年劣化により破れている箇所があり、その穴から建物の内部に雨水が侵入している状態でした。

雨漏りの侵入経路を塞ぐ部分補修で修理をしても再度、別の箇所から雨漏りが発生する可能性が高い状態だったため、カバー工法によるガルバリウム鋼板への葺き替え工事をご提案させて頂きました。

カバー工法とは既存のスレート屋根の上に新しく、ガルバリウム鋼板屋根を施工するスレート屋根に特化したリフォーム工法です。

屋根の二次防水の防水シートも交換され、屋根自体が新しくなるため、雨漏りが再発するリスクが無く、根本的な雨漏り修理を実現できます。

また、屋根材のガルバリウム鋼板はメンテナンスのフリーの屋根材のため、屋根塗によるメンテナンスが必要ありません。

そのため、将来的なメンテナンスの費用が発生しないのがメリットです。このように確実な雨漏り修理だけでは無く、将来的なメンテナンス費用や労力を総合的に判断して、現時点でもっとも費用対効果の高い屋根リフォーム工法として、カバー工法による屋根リフォームをご提案させて頂きました。

船橋市の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

船橋市の屋根リフォームの施工前の様子

築30年が経過したスレート屋根です。スレート瓦の耐用年数は25年〜30年と言われており、具体的に屋根リフォームを検討する時期に差しかかっていました。

船橋市の屋根リフォームの施工前の様子

トップライト(天窓)が取り付けられた屋根です。天窓は屋根を貫通した構造であり、雨水を堰き止めるため雨水が集中しやすいのが特徴です。そのため、屋根の中でももっとも雨漏りが発生しやすい箇所になります。今回の雨漏りもこのトップライトの屋根材の割れから雨水が侵入したことが原因になっていました。カバー工法でしっかりと雨仕舞いをして雨漏り対策を行います。

船橋市の屋根リフォームの工程と施工中の様子

屋根のカバー工法は既存のスレート屋根の上に新しく、ガルバリウム鋼板屋根を被せるリフォーム工法です。

スレート屋根の耐用年数が過ぎる築25年〜30年くらいを目安に施工されることが多い、スレート屋根に特化したリフォーム工法です。

具体的にどのように工程が進行するのか、屋根カバー工法の施工工程を見ていきましょう。

【工程1】棟板金・雪止め金具の解体・撤去

屋根カバー工法は既存の屋根材を土台にします。そのため、新しい屋根の障害物となる棟板金と雪止め金具を撤去します。

船橋市の屋根リフォームの棟板金の撤去解体

屋根の棟板金を撤去しました。軒先部分の雪止め金具も撤去したら完了です。

【工程2】防水シートの施工

棟板金、雪止め金具の撤去が完了したら、防水シートを設置します。この防水シートが屋根の二次防水として、建物の内部に雨水が侵入するのを食い止める役割があります。

船橋市の屋根リフォームの防水シートの施工

防水シートは改質アスファルトルーフィングと呼ばれる耐久性に優れた製品を使用します。ガルバリウム鋼板のt耐用年数は40年〜50年と非常に長期的なため、防水シートも耐久性に優れた改質アスファルトルーフィングを使用します。

船橋市の屋根リフォームの防水シートの施工

防水シートの施工が完了しました。

【工程3】水切りの設置

防水シートの施工が完了したら、水切りを取り付けます。

船橋市の屋根リフォームの防水シートの施工

こちらはトップライトの水切りです。雨漏りが発生しやすい箇所になるため、確実に水切りを取り付けます。

船橋市の屋根リフォームの防水シートの施工

こちらはケラバ水切りです。屋根の端をケラバと言います。

【工程4】屋根材(ガルバリウム鋼板)の施工

水切りの設置が完了したら、いよいよ、屋根材を取り付けます。

船橋市の屋根リフォームの施工事例

防水シートと同様に軒先から棟にむかって順番にガルバリウム鋼板を取り付けます。2段目から3段目にかけて、雪止め金具を取り付けます。

船橋市の屋根リフォームの施工事例

ガルバリウム鋼板の施工が完了しました。ガルバリウム鋼板の製品にはいくつか種類がありますが、ニチハの横暖ルーフを使用しています。

横暖ルーフは他のガルバリウム鋼板と比べて、耐久性と断熱性に優れているのが特徴です。

【工程5】棟板金の施工

最後に、棟板金を取り付けたら、カバー工法の工程は完了です。

船橋市の屋根リフォームの棟板金の取り付け

棟板金を取り付けました。屋根カバー工法のすべての工程が完了しました。

船橋市の屋根リフォームの施工中の様子

船橋市の屋根リフォームの施工後の様子 船橋市の屋根リフォームの施工後の様子 船橋市の屋根リフォームの施工後の様子