荒川区の屋根塗装 | セメント瓦屋根をシリコン塗料で屋根塗装

荒川区の屋根塗装の施工事例

荒川区で屋根塗装を施工しました。屋根塗装の施工事例をご紹介します。

屋根塗装のお問い合わせの経緯(荒川区)

近所を屋根塗装をしている塗装業者に「屋根の防水が切れていますよ」「塗装した方が良いですよ」と屋根塗装を勧められて屋根塗装を検討していました。

訪問業者だったため、他の信頼できる業者との相見積もりを検討されていました。インターネットで荒川区の塗装業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり興味を持って頂きました。

社内に一級塗装技能士の国家資格保有者が在籍しており、高品質な工事を適正価格で提供できることに信頼性を感じて頂き、現地調査のご依頼を頂きました。

荒川区の屋根塗装のビフォーアフター

経年劣化で塗装が剥がれたセメント瓦を屋根塗装でメンテナンスをしました。

荒川区の屋根塗装の施工事例

荒川区の屋根塗装の担当者の提案内容

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の状況を確認させて頂きました。

築30年のセメント瓦の屋根でしたが、前回の再塗装から15年以上が経過しており、表面の塗装が剥がれていました。

セメント瓦はセメントを主原料とする屋根材で、塗装により防水性を確立しています。そのため、表面の塗装が劣化すると屋根材が水分を吸収するようになり、屋根材が割れやすくなります。

そのため、塗装の防水性能が低下する10年を目安に再塗装を行う必要があります。今回の事例も同様に塗装が劣化しており再塗装によるメンテナンスが必要な状態でした。

荒川区の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは荒川区の屋根の劣化症状と現地調査の様子について見ていきましょう。

荒川区の屋根塗装の施工前の様子

セメント瓦です。表面の塗装が剥がれてセメントの素地が剥き出しになっている状態です。再塗装によるメンテナンスが必要な状態でした。

荒川区の屋根塗装の施工前の様子

こちらはセメント瓦の棟部分です。大棟も同様にセメント瓦なので再塗装によるメンテナンスが必要な状態でした。

荒川区の屋根塗装の施工前の様子

セメント瓦がひび割れていました。こちらはコーキングで補修をしてから塗装をします。

荒川区の屋根塗装の工程と施工中の様子

ここからは屋根塗装の施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】高圧洗浄

まず始めに、高圧洗浄で屋根の汚れをキレイに洗い流します。セメント瓦は汚れが付着しやすいため、丁1枚1枚丁寧に汚れを洗い流します。

荒川区の屋根塗装の高圧洗浄

高圧洗浄ん施工中の様子です。今回のセメント瓦は比較的キレイな状態で保存されていたため、通常の高圧洗浄で十分洗浄できます。

セメント瓦は汚れが付着しやすいため、バイオ洗浄で洗浄することもあります。

【工程2】セメント瓦の下地補修

高圧洗浄でセメント瓦の汚れをキレイに洗い流したら、屋根材のひび割れを補修します。

荒川区の屋根塗装の下地補修

屋根のひび割れに沿ってコーキング(接着剤)を施工します。ひび割れが残っていると、塗装が剥がれるなどの施工不良の原因になるため、すべてのひび割れ箇所を削除します。

【工程3】屋根塗装の下塗り

下地補修が完了したら、いよいよ、塗装工程に移行します。塗装工事は下塗り、中塗り、上塗りの3回の重ね塗りで仕上げます。

その中で、下塗りはシーラーと呼ばれる下地調整塗料を使用して、塗装の下地を整える役割があります。

荒川区の屋根塗装の下塗り

下塗りの施工中の様子です。セメント瓦は塗料の吸収が激しいため、下塗りの段階でたっぷりと塗料を吸収させます。

そうすることで、中塗り、上塗り工程での塗料の吸収を防止し、塗りムラ防止することができます。

【工程4】屋根塗装の中塗り

下塗りが完了したら、中塗りを行います。

中塗りでは施主様とご相談しながら決めたメインの塗料を使用します。今回はコストパフォーマンスに優れたシリコン塗料を使用します。

荒川区の屋根塗装の中塗り

ペイントローラーを使用して1枚1枚丁寧に中塗り塗料を塗装します。

【工程5】屋根塗装の上塗り

中塗りが完了したら、上塗りを行います。中塗り塗料と同じ、シリコン塗料を使用して、重ね塗りを行います。

荒川区の屋根塗装の上塗り

2回の重ね塗りが完了したら、屋根塗装の工程は完了です。

荒川区の屋根塗装の施工後の様子

荒川区の屋根塗装の施工後の様子 荒川区の屋根塗装の施工後の様子