市川市の屋根葺き替え工事 | 瓦屋根をガルバリウム鋼板屋根に葺き替え

市川市の屋根葺き替え工事の施工事例

市川市で屋根の葺き替え工事を施工しました。市川市の屋根の葺き替え工事の施工事例をご紹介します。

市川市の屋根の葺き替え工事のお問い合わせの経緯

近所を屋根工事をしているリフォーム会社に「屋根の漆喰が剥がれていますよ」「修理しないと雨漏りがしますよ」と屋根の劣化を指摘されたことがキッカケで修理を検討されていました。

訪問販売業者だったため、少し不審に感じたため、屋根修理の専門業者での点検を検討されていました。

インターネットで地元の優良業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり興味を持って頂きました。

千葉県でトップクラスの施工実績と、市川市でも口コミが良く、良い評判の業者ということでお問い合わせを頂き、現地調査のご依頼を頂きました。

市川市の屋根の葺き替え工事のビフォーアフター

日本瓦の屋根をガルバリウム鋼板に張り替えました。屋根が軽くなり建物全体の耐震性能が向上して地震に強い住宅になりました。

市川市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター

市川市の屋根の葺き替え工事の担当者の提案内容

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の状態を確認させて頂きました。

日本瓦の屋根でしたが、経年劣化により屋根の棟の漆喰が剥がれている状態でした。屋根の棟には土が詰まっており、その土が外に流出しないように蓋をしているのが漆喰です。

漆喰が剥がれる棟の内部の土が外部に流出してしまい棟が歪んでしまう恐れがあるため、修理が必要な状態でした。

漆喰の劣化であれば、部分補修で修理ができますが、施主様と今後のメンテナンスサイクルなどご相談させて頂き、ガルバリウム鋼板への屋根の葺き替え工事をご提案させて頂きました。

施主様のご希望で「耐震性を高めたい」というご希望がありましたが、日本瓦からガルバリウム鋼板に葺き替えることで屋根が軽くなり、建物の耐震性能が向上します。また、ガルバリウム鋼板はメンテナンスフリーの屋根材で将来的なメンテナンス費用が発生しないのが特徴です。

このように現時点でもっとも費用対効果が高く建物の耐震性能を高めるリフォーム工法として屋根の葺きかえ工事による屋根リフォームをご提案させて頂きました。

市川市の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは市川市の屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

市川市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

日本瓦の屋根でした。日本瓦は耐用年数が50年〜80年と非常に耐久性に優れた屋根材です。

そのため、経年劣化を理由に屋根材を張り替える必要はありません。

ただし、非常に重く、地震に弱い屋根材です。そのため、建物の耐震性を高めるためにガルバリウム鋼板に張り替える施主様も多いです。

市川市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

漆喰以外に目立った、劣化箇所もなくキレイに保存されていました。

ただし、屋根の二次防水の防水シートが劣化している可能性もあり、具体的に一度、メンテナンスを行うタイミングでもありました。

市川市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

こちらは下屋根です。大屋根と同じく、日本瓦の屋根でした。大屋根と比べて漆喰の劣化が激しく、訪問販売評者に指摘を受けた箇所になります。この下屋根もガルバリウム鋼板に張り替えます。

市川市の屋根葺き替え工事の工程と施工中の様子

ここからは市川市の屋根の葺き替え工事の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】既存の屋根材の解体・撤去(瓦おろし)

まず始めに、既存の屋根材を解体・撤去します。この工程を瓦おろしといいます。

市川市の屋根葺き替え工事の瓦おろし

瓦を撤去した後の様子です。瓦は釘や接着剤で固定されている訳ではなく、瓦同士をはめ合わせることで固定されています。

そのため、簡単に屋根から取り外すことができます。また、棟部分には土が詰まっており、瓦を撤去すると大量の土が出てきます。しっかりと清掃を行い、新しい屋根を施工する準備をします。

市川市の屋根葺き替え工事の瓦おろし

こちらは下屋根です。大屋根と同様に瓦を屋根からおろしていきます。

市川市の屋根葺き替え工事の瓦おろし

下屋根の瓦の撤去が完了しました。

【工程2】野地板(コンパネ)の施工

古い瓦を撤去したら野地板を取り付けます。野地板とは屋根材の土台となるベニア合板です。

市川市の屋根葺き替え工事の野地板の施工

屋根の形状に合わせて、ベニア合板を加工しながら施工します。

ベニア合板にはいくつか種類がありますが、屋根の野地板で構造用合板と呼ばれるベニア合板を使用します。

構造用合板は耐水性や耐久性がJAS規格で規程されており、品質が高く安定しているのが特徴です。

屋根の葺き替え工事に見積書を確認する際は、野地板の種類も確認しておくことが重要です。

市川市の屋根葺き替え工事の野地板の施工

こちらは野地板です。大屋根と同様に下屋根も野地板を施工します。

【工程3】防水シート(ルーフィングシート)の施工

野地板の施工が完了したら、防水シートを施工します。防水シートは屋根の二次防水として建物の内部に雨水が侵入するのを食い止める役割があります。

市川市の屋根葺き替え工事のルーフィングシートの施工

軒先から棟に向かって順番に防水シートを設置していきます。

これは水の流れと防水シートの重なりが逆目にならないようにするためです。

これが1箇所でも逆目になる箇所があると、雨漏りに発展するするため1箇所ずつ確認をしながら防水シートを設置していきます。

市川市の屋根葺き替え工事のルーフィングシートの施工

防水シートにはいくつか種類がありますが、ガルバリウム鋼板屋根では改質アスファルトルーフィングと呼ばれる耐久性に優れた製品を使用します。

ガルバリウム鋼板は耐久性が高いため、屋根の内部の防水シートも耐久性に優れた製品を使用します。

市川市の屋根葺き替え工事のルーフィングシートの施工

大屋根と同じく下屋根も防水シートを設置していきます。

【工程4】棟下地の設置

防水シートの設置が完了したら、棟下地を取り付けます。棟下地は棟板金を取り付ける土台となる木材板です。

市川市の屋根葺き替え工事の役物の施工

屋根の棟のラインに沿って棟下地を取り付けていきます。

市川市の屋根葺き替え工事の役物の施工

棟下地の設置が完了しました。

【工程5】屋根材(ガルバリウム鋼板)の取り付け

棟下地の取り付けが完了したら、いよいよ、屋根材を取り付けます。

市川市の屋根葺き替え工事の役物の施工

屋根材のガルバリウム鋼板を取り付けていきます。2段目〜3段目にかけて雪止め金具を取り付けます。

市川市の屋根葺き替え工事のガルバリウム鋼板の施工

ガルバリウム鋼板の設置が完了しました。ガルバリウム鋼板はニチハの横暖ルーフという製品を使用しています。横暖ルーフは他のガルバリウム鋼板製品と比べて耐久性と断熱性に優れているのが特徴です。

市川市の屋根葺き替え工事の棟板金の取り付け

最後に、屋根板金を取り付けたらガルバリウム鋼板の施工は完了です。

市川市の屋根の葺き替え工事の施工後の様子

市川市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 市川市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 市川市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 市川市の屋根葺き替え工事の施工後の様子

 

市川市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 市川市の屋根葺き替え工事の施工後の様子