練馬区の屋根リフォーム | スレート屋根をガルバリルムに張り替え

練馬区の屋根リフォームの施工事例

東京都練馬区でカバー工法による屋根リフォームを施工させて頂きました。東京都練馬区の屋根リフォームの施工事例をご紹介します。

練馬区の屋根リフォームのお問い合わせの経緯

築年数30年が経過したことがキッカケで屋根のリフォームを検討されていました。

最初に地元のリフォーム会社に見積もりを依頼したようですが、カバー工法で200万円ほど見積もり金額だったようです。1会社だけの見積もりだけでは判断だできずに他の業者での相見積もりを検討されていました。

インターネットで練馬区の屋根業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり、興味をもって頂きました。

建築士を始め、雨漏り診断士や一級塗装技能士などの国家資格保有者が在籍しており、関東圏内で1500件の施工実績という豊富なトップクラスの施工実績に信頼感を感じて頂き現地調査のご依頼を頂きました。

練馬区の屋根リフォームのビフォーアフター

築30年が経過したスレート屋根をガルバリルム鋼板に張り替えました。

練馬区の屋根リフォームのビフォーアフター

練馬区の屋根リフォームの担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状を確認させて頂きました。

築30年が経過したスレート(コロニアル)屋根でした。

経年劣化で屋根全体にコケ・カビが発生しており屋根材の防水性能が低下している状態でした。

スレート瓦はセメントを主原料とした屋根材で耐用年数は25年〜30年になります。耐用年数が経過したスレート瓦は屋根材が脆くなり、再塗装をしても塗装がすぐに剥がれるなど、施工不良の危険性が高まるため、新しく屋根材を張り替える必要がありました。

そのため、カバー工法によるガルバリルム鋼板への張り替え工事をご提案させて頂きました。カバー工法とは既存のスレート屋根の上に新しく、ガルバリルム鋼板屋根を被せる、スレート屋根に特化したリフォーム工法です。

既存の屋根を土台として再利用するため、工期が短く、廃材も少ないため、従来の葺き替え工法よりも安く新しい屋根材に張り替えることができます。

また、屋根材のガルバリウム鋼板は耐用年数40年〜50年と非常に耐久性に優れた屋根材です。錆ない金属屋根でもあるので、再塗装によるメンテナンスが必要ありません。

そのため、将来的なメンテナンスの手間と費用が発生しないコストパフォーマンスに優れた屋根材です。

このように現時点でもっとも費用対効果の高い屋根のリフォーム工法として、カバー工法によるガルバリルム鋼板への張り替え工事をご提案させて頂きました。

練馬区の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは練馬区の屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

練馬区の屋根リフォームの施工前の様子

築30年が経過したスレート屋です。これまでメンテナンスをしたことが無く、屋根全体にコケ・カビが生えている状態でした。コケやカビは湿った箇所に生えることから分かる通り、屋根の防水が切れている状態です。

スレート瓦の耐用年数も経過しており、屋根材も水分を吸収していることから塗装の下地として利用できない状態でした。そのため、新しく屋根材を張り替える必要がありました。

練馬区の屋根リフォームの施工前の様子

こちらは屋根の棟板金です。棟板金とは屋根の棟にある金属製のカバーです。

金属製で塗装により防水性を保っています。そのため、経年劣化で塗装が切れている状態でした。

この状態を放置すると錆が発生して、棟板金に穴が空いてしまうため具体的にメンテナンスが必要な状態でした。

また、棟板金の取り合い部分のコーキング材も劣化してひび割れが発生している状態でした。このひび割れ箇所から雨水が侵入して雨漏りの原因になるため、具体的にメンテナンスが必要でした。

練馬区の屋根リフォームの施工前の様子

棟板金の釘が浮いています。棟板金は棟下地と呼ばれる下地板に釘を打ち付けて固定されています。

釘の浮きは経年劣化で必ず発生する劣化症状ですが、放置をすると棟板金が外れやすくなったり、棟板金の隙間から雨水が侵入して雨漏りの原因になります。

そのため、棟板金のメンテナンスも含めてカバー工法でガルバリウム鋼板にリフォームします。

練馬区の屋根リフォームの工程と施工中の様子

屋根のカバー工法は既存のスレート屋根の上に新しくガルバリウム鋼板屋根を被せるリフォーム工法です。どのように工事が進行するのか具体的に見ていきましょう。

【工程1】棟板金の撤去・解体

屋根のカバー工法は既存の屋根材の上に屋根を施工します。そのため、障害物となる部材を撤去します。まず始めに、棟板金と雪止め金具を撤去します。

練馬区の屋根リフォームの棟板金の撤去解体

屋根の棟板金を撤去しました。スレート瓦だけの状態になりました。

練馬区の屋根リフォームの棟板金の撤去解体 練馬区の屋根リフォームの棟板金の撤去解体

【工程2】防水シート(ルーフィング)の施工

棟板金を撤去したら、防水シートを施工します。防水シートとは屋根の二次防水で建物の内部に雨水が侵入するのを食い止める役割がある重要な素材です。

練馬区の屋根リフォームの防水シートの設置

屋根の軒先から棟に向かって防水シートを重ねていきます。

この順番は非常に重要で、屋根の水の流れと防水シートの重なり代が水の流れと逆目にならないようにするためです。

これが1箇所でも逆になっている箇所があると、雨漏りの原因になるため、確認をしながら慎重に防水シートを設置しました。

練馬区の屋根リフォームの防水シートの設置

防水シートの施工が完了しました。防水シートにはいくつか種類がありますが、改質アスファルトルーフィングと呼ばれる耐久性に優れた製品を使用します。

屋根材のガルバリルム鋼板の長期的な耐用年数に対応させるためです。

防水シートの種類については見積もり段階で確認しておくと安心です。

練馬区の屋根リフォームの防水シートの設置

【工程3】屋根材(ガルバリウム鋼板)の施工

防水シートの施工が完了したら、いよいよ、ガルバリウム鋼板を取り付けます。防水シートと同様に軒先から棟に向かって順番にガルバリウム鋼板を取り付けます。

練馬区の屋根リフォームの棟下地の施工

棟板金を設置する際の土台となる、棟下地を設置して、ガルバリルム鋼板を取り付けていきます。

練馬区の屋根リフォームのガルバリウム鋼板の施工

防水シートと同様に軒先から棟に向かって順番にガルバリウム鋼板を取り付けていきます。2段目〜3段目にかけて、雪止め金具を取り付けます。

ガルバリルム鋼板の設置して、棟板金を取り付けたら屋根のカバー工法は施工完了です。

練馬区の屋根カバー工法の施工後の様子

練馬区の屋根リフォームの施工後の様子 練馬区の屋根リフォームのガルバリウム鋼板の施工