足立区の屋根修理 | 温水パネルの撤去と瓦どめ工事を施工

足立区の屋根修理の施工事例

東京都足立区で温水器の撤去と、瓦どめ(ラバーロック工法)による耐震屋根工事を行いました。東京都足立区の屋根修理の施工事例をご紹介します。

足立区の屋根修理のお問い合わせの経緯

強風でソーラー温水器のカバーが外れて、撤去を検討していましたが、撤去を依頼した業者の見積もり価格が180万円と非常に高額に感じたため、他の業者での相見積もりを検討されていました。

ソーラー温水器は屋根に設置されており、建物の躯体(骨組み)と密接に関係しているため、撤去後、屋根の補修工事が必要になります。

そのため、屋根の補修まで含めて施工ができる屋根修理業者を探されていました。

インターネットで地元、足立区に対応できる屋根修理業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になり興味を持って頂きました。

お問い合わせの際に、施主様から金額について質問があり、業者の提出した見積もり内容を確認させて頂きましたが、温水器の撤去で180万円は高額であるだけではなく、屋根の補修も杜撰な内容であることをお伝えさせて頂きました。

足立区の屋根修理の担当者の提案内容

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の状態を確認させていだだきました。

20年以上前にを設置したソーラー温水器ですが、架台が屋根の躯体(野地板)に固定されていました。

温水器の撤去をするとビス穴や瓦が割れてしまうので、補修工事も含めて施工させて頂きました。

また、以前、地震の際に瓦がズレてしまった経緯から、瓦がずれないように補強して欲しいとご要望がありました。そのため、コーキング材で瓦同士を固定する瓦どめ工事(ラバーロック工法)もセットでご提案させて頂きました。

足立区の屋根修理の施工前の様子

ここからは現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

足立区の屋根修理の温水器の撤去

20年前に設置された温水器です。

温水器のカバーが外れており、養生テープで応急処置がされた状態でした。

強風で飛散する恐れがある、だけではなく、漏電も心配されるため早急に対応をする必要がありました。

足立区の屋根修理の温水器の撤去

温水パネルは屋根に設置された架台に乗っています。

架台は屋根に固定されているため、撤去の際に屋根材が割れます。そのため、しっかりと補修工事を行います。

足立区の屋根修理の工程と施工中の様子

ここからは足立区の屋根修理の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】温水パネルの撤去

まず始めに、温水パネルと架台を分解して屋根から撤去します。

足立区の屋根修理の温水器の撤去

温水パネルの撤去が完了しました。架台の残骸も残っていますが、こちらも屋根から下ろしていきます。

【工程2】屋根材の補修

温水パネルを屋根から下ろしたら、破損した屋根材を撤去します。

足立区の屋根修理の瓦の補修

こちらは破損した屋根材です。割れてしまった屋根材を新しい屋根材に差し替えます。

足立区の屋根修理の瓦の補修

屋根材の差し替えが完了しました。温水パネルの撤去工事は完了です。

【工程3】瓦どめ(ラバーロック工法)工事

温水器の撤去が完了したら、瓦どめ工事を行います。瓦同士をコーキング材で繋ぎ合わせることで地震の際に、瓦がずれたり、外れることを防止します。

足立区の屋根修理の瓦の補修

瓦どめ工事が完了しました。

足立区の屋根修理のラバーロック工事

屋根の棟瓦も瓦どめ工事を行います。

足立区の屋根修理の施工後の様子

足立区の屋根修理の瓦の補修 足立区の屋根修理の瓦の補修 足立区の屋根修理のラバーロック工事 足立区の屋根修理のラバーロック工事