加須市の屋根葺き替え工事 | 築32年の日本瓦をガルバリウム鋼板に張り替え

加須市の屋根葺き替え工事の施工事例
(テキストリンク)
船橋市で屋根リフォームを施工しました。船橋市の屋根リフォームの施工事例をご紹介します。

船橋市の屋根リフォームのお問い合わせの経緯

1階の天井にに雨染みが広がったことがきっかけで雨漏り修理を検討されていました。雨漏りはしっかり修理しないと、再発する可能性が高いため、確実に修理ができる雨漏り修理の雨漏り修理の専門業者での修理を検討されていました。

地元、船橋市の屋根修理業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり、興味を持って頂きました。弊社、屋根修理プラスは雨漏り診断士の資格保有者が在籍しており、散水調査やサーモグラフィー調査などの雨漏りに特化した専門性の高い雨漏り調査を実施することができます。

また、建物の設計や構造に関する国家資格の建築士も在籍しており、雨漏りの状況に応じた最適な修理方法をご提案することができます。このように、確実性の高い雨漏り修理を実現できることに信頼性を感じて頂き現地調査のご依頼を頂きました。

船橋市の屋根リフォームのビフォーアフター

スレート瓦をカバー工法でガルバリウム鋼板に張り替えました。雨漏りの原因となっていた下屋根は下地から交換して新しい屋根に張り替えました。

加須市の屋根葺き替え工事のお問い合わせの経緯

屋根の棟瓦(てっぺんの瓦)がずれているのを目視で確認して修理を検討されていました。

築32年が経過していますが、これまで屋根はメンテナンスを行っておらず、屋根リフォームも含めて検討されていました。

インターネットで地元、加須市に対応できる屋根修理業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり興味を持って頂きました。

国家資格の建築士や雨漏り診断士など屋根修理に特化した資格を保有しており、屋根の状態を適切に見極めて最適なリフォーム方法を提案することができます。

また、施工件数も関東圏内で2500件とトップクラスの施工実績があります。このように提案力、豊富な施工実績に魅力を感じて頂き現地調査のご依頼を頂きました。

加須市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター

日本瓦屋根をガルバリウム鋼板に張り替えました。

屋根が軽量化されたことで、建物全体の耐震性が向上し、これからも安心して住み続けられる住まいになりました。

加須市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター 加須市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター

加須市の屋根葺き替え工事の担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の状態を確認させて頂きました。

築年数32年の日本瓦の屋根でした。これまでメンテナンス履歴はない屋根でした。経年劣化により屋根の棟瓦の漆喰が剥がれていました。

屋根の棟がずれており具体的にメンテナンスが必要な状態でした。

また、経年的に屋根内部の防水シートも劣化している可能性が高く防水シートを新しく交換する必要がありました。

そのため、新しく屋根材を張り替える屋根の葺き替え工事によるメンテナンスをご提案させて頂きました。新しく屋根を張り替えることで屋根の防水シート、漆喰の修理も含めて総合的な修理を実現できます。

また、金属屋根のガルバリウム鋼板に張り替えることで、屋根が大幅に軽くなり、建物全体の耐震性能も向上します。

このように、単純なメンテナンスだけではなく、建物の耐震性、安全性を向上させる付加価値の高い屋根リフォームを実現ことから屋根の葺き替え工事による屋根リフォームをご提案させて頂きました。

加須市の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

加須市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

日本瓦の屋根です。屋根の谷樋に錆が発生しています。谷樋の劣化は雨漏りの原因になりやすいため、具体的に修理が必要な状態でした。

加須市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

経年劣化により屋根の漆喰が剥がれています。漆喰が剥がれると雨水が侵入するため雨漏りの原因になります。特に、棟は屋根の頂点に位置しているため侵入した雨水が屋根全体に広がりやすいので注意が必要です。

加須市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

屋根の鬼瓦の漆喰が黒く変色しています。鬼瓦は非常に重い部材で落下すると大変危険です。そのため、早急に修理を行う必要がありました。

加須市の屋根の葺き替え工事の工程と施工中の様子

ここからは実際の施工中の様子について見ていきましょう。

【工程1】瓦おろし

まず始めに、既存の瓦を撤去します。この工程を瓦おろしといいます。

加須市の屋根葺き替え工事の瓦おろし

1枚1枚丁寧に屋根から瓦を剥がしていきます。

加須市の屋根葺き替え工事の瓦おろし

屋根からすべての瓦を剥がして、地面いおろしたら、瓦の撤去は完了です。

【工程2】野地板の設置

瓦の撤去が完了したら、新しい屋根の土台となる野地板を設置します。

加須市の屋根葺き替え工事の野地板の施工

屋根の形状に合わせて野地板を設置しました。屋根の野地板は構造用合板と呼ばれる耐久性に優れた製品を使用します。構造用合板は耐久性や接着剤の種類(ホルムアルデヒドの濃度)などがJAS規格(日本農林規格)で規定されており、品質が安定しているのが特徴です。

【工程3】防水シートの取り付け

野地板の取り付けが完了したら、防水シートを取り付けます。防水シートは屋根の二次防水として建物の内部に雨水が侵入するのを食い止めている部材です。

加須市の屋根葺き替え工事の防水シートの施工

屋根を流れる水の流れと防水シートの重なり代が逆にならないように屋根の底部から高部に向かって防水シートを重ねていきます。防水シートは最終的に屋根材に隠れてしまうため、防水シートの施工の際は必ず写真に残してもらうことが重要です。

加須市の屋根葺き替え工事の防水シートの施工

防水シートの施工が完了しました。ちなみに、防水シートは改質アスファルトルーフィングと呼ばれる耐久性に優れた製品を使用します。屋根材のガルバリウム鋼板は耐用年数が50年前後と言われており、耐久性に優れています。このガルバリウム鋼板の耐久性に対応させるため、防水シートも耐久性に優れた改質アスファルトルーフィングと呼ばれる耐久性に優れた製品を使用します。

【工程4】屋根材(ガルバリウム鋼板)の設置

防水シートの設置が完了したら、ガルバリウム鋼板を取り付けます。

加須市の屋根葺き替え工事のガルバリウム鋼板の施工

防水シートと同様に屋根の底部から高部に向かってガルバリウム鋼板を設置します。2段目〜3段目にかけては雪止め金具を取り付けます。

加須市の屋根葺き替え工事のガルバリウム鋼板の施工

ガルバリウム鋼板の施工が完了しました。ちなみにガルバリウム鋼板は建材メーカー大手、ニチハの横暖ルーフという製品を使用しています。耐久性と断熱性に優れたコストパフォーマンスに優れた製品です。費用対効果が高く屋根修理プラスでもオススメしている製品です。

加須市の屋根葺き替え工事の棟板金の取り付け

最後に棟板金を取り付けたら、屋根の葺き替え工事は施工完了です。

加須市の屋根葺き替え工事の施工後の様子

加須市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 加須市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 加須市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 加須市の屋根葺き替え工事の施工後の様子alt=”船橋市の屋根リフォームのビフォーアフター” width=”1001″ height=”342″ /> 船橋市の屋根リフォームのビフォーアフター

船橋市の屋根リフォームの担当者の提案内容

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状について確認させて頂きました。

大屋根はスレート瓦は、下屋根はトタンの屋根でした。経年劣化により下屋根のトタンが錆びており穴が空いている状態でした。

雨漏り調査の結果、その錆から慢性的に雨水が侵入している状態でした。そのため、確実に雨漏りを修理するために、下屋根の葺き替え工事をご提案させて頂きました。また、大屋根のスレート瓦も経年劣化により全体的にコケやカビが発生している状態でした。

屋根材が水分を吸収しており、非常に脆くなっているため、新しく屋根材を張り替える必要がありました。そのため、カバー工法による屋根リフォームをご提案させて頂きました。

カバー工法は既存のスレート屋根の上に新しくガルバリウム鋼板屋根を被せるスレート屋根に特化した屋根のリフォーム工法です。

既存の屋根材を撤去せずに新しい屋根材に張り替えられるため、安く新しい屋根に張り替えることができます。また、屋根材のガルバリウム鋼板は耐用年数が非常に長期的なのが特徴です。

メンテナンスフリーの屋根材でもあるため、将来的なメンテナンスの手間がなくなります。このように雨漏り修理も含めて現時点もっとも費用対効果の高い屋根リフォームの工法として、カバー工法による屋根リフォームをご提案させて頂きました。

船橋市の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは船橋市の屋根の劣化症状と現地調査について具体的に見ていきましょう。

船橋市の屋根リフォームの施工前の様子

大屋根のスレート屋根です。築30年以上が経過しています。屋根の防水性能が低下してコケやカビが発生しています。

また、屋根材も水分を吸収して、非常に脆くなっているため、屋根を新しく張り替える必要がありました。

船橋市の屋根リフォームの施工前の様子

棟板金です。棟板金は屋根の頂点の金属製のカバーです。一部、錆が発生している状態でした。

錆が発生すると穴が空いて、最終的には雨漏りが発生するようになります。屋根材を張り替えるタイミングで棟板金も交換します。

船橋市の屋根リフォームの施工前の様子

棟板金の取り合い部分です。コーキングで防水処理がされていますが、こちらも劣化しており屋根に隙間が空いている状態です。メンテナンスが必要な状態でした。

船橋市の屋根リフォームの施工前の様子

雨漏りの原因となっていたトタンです。塗料がバリバリに剥がれています。全体的にサビも発生しておりその、錆から雨水が浸透して雨漏りが発生している状態でした。

船橋市の屋根リフォームの工程と施工中の様子

ここからは下屋根の雨漏り修理と大屋根のカバー工法の施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】既存の屋根材の撤去・解体

まず始めに、下屋根の屋根材を撤去・解体します。

船橋市の屋根リフォームの屋根材の下屋根の撤去

トタンは板厚0.5mほどの金属屋根です。瓦棒と呼ばれる角材に固定されています。まずは、瓦棒を撤去してトタンの屋根材を剥がします。

船橋市の屋根リフォームの屋根材の下屋根の撤去

下屋根のトタンの撤去が完了しました。

【工程2】大屋根の棟板金の撤去

下屋根のトタンの撤去の次は、大屋根の棟板金を撤去します。棟板金とは屋根の頂点の金属製のカバーです。

船橋市の屋根リフォームの屋根材の大屋根の棟板金の撤去・解体

棟板金を撤去しました。棟板金は棟下地と呼ばれる金属製のカバーに釘を打ち付けて固定されています。棟下地も取り外します。

【工程3】防水シート(ルーフィングシート)の施工

棟下地を撤去したら、防水シートを施工します。カバー工法は既存の屋根材を土台とするため、既存のスレート屋根の上に防水シートを設置します。

船橋市の屋根リフォームの屋根材の大屋根の防水シートの施工

防水シートは軒先から棟に向かって順番に防水シートを設置します。

これは屋根の水の流れと防水シートの重なりが逆目にならないようにするためです。

防水シートにはいくつか種類がありますが、改質アスファルトルーフィングという耐久性んい優れた製品を使用します。

屋根の防水性を左右するため、見積もり段階で必ず確認するようにしましょう。

【工程4】野地板(コンパネ)の施工

下屋根に野地板を設置します。大屋根はカバー工法なので野地板は設置しませんが、下屋根は屋根を葺き替えるため、野地板を設置します。

船橋市の屋根リフォームの屋根材の大屋根の野地板の施工

屋根の形状に合わせて構造用合板を設置します。

構造用合板は耐久性や耐水性、接着剤のホルムアルデヒドの濃度がJAS規格で規程されています。こちらも屋根の耐久性を左右するため、見積もり段階で確認することが重要です。

【工程5】下屋根の防水シートの施工

野地板の設置が完了したら、下屋根の防水シートを設置します。大屋根と同様に改質アスファルトルーフィングという製品wの使用します。

船橋市の屋根リフォームの屋根材の大屋根の防水シートの施工

ルーフィングの設置が完了しました。こちらも軒先から棟に向かって順番に防水シートを重ねていきます。

【工程6】 大屋根の棟下地の施工

下屋根のルーフィングの施工が完了したら、大屋根の棟下地を取り付けます。

船橋市の屋根リフォームの屋根材の大屋根の防水シートの施工

屋根の棟下地を取り付けます。棟下地は棟板金を取り付けるための土台となります。

【工程7】屋根材(ガルバリウム鋼板)の設置

防水シートの設置が完了したら、屋根材を設置します。防水シートと同様に軒先から棟に向かって順番にガルバリウム鋼板屋根を設置します。

船橋市の屋根リフォームの屋根材の大屋根のガルバリウム鋼板の施工

ガルバリウム鋼板を設置しています。

ガルバリウム鋼板はいくつか種類がありますが、屋根修理プラスではニチハの横暖ルーフという製品をオススメしています。

横暖ルーフは他の製品と比べて耐久性と断熱性に優れており、非常にコストパフォーマンスに優れているのが特徴です。

船橋市の屋根リフォームの屋根材の大屋根のガルバリウム鋼板の施工

屋根面全体にガルバリウム鋼板を設置しました。

【工程8】棟板金の設置

最後に棟板金を取り付けたらガルバリウム鋼板の設置は完了です。

船橋市の屋根リフォームの屋根材の大屋根の棟板金の施工

船橋市の屋根リフォームの施工後の様子

船橋市の屋根リフォームの屋根材の屋根の施工後の様子 船橋市の屋根リフォームの屋根材の屋根の施工後の様子 船橋市の屋根リフォームの屋根材の屋根の施工後の様子 船橋市の屋根リフォームの屋根材の屋根の施工後の様子