屋根塗装工事|白井市(Y様邸)

白井市の屋根塗装工事

千葉県白井市屋根塗装工事を施工させて頂きました。

お問い合わせの経緯

築年数が25年が経過して外壁や屋根の汚れが目立つようになり外壁・屋根塗装を検討していらっしゃいました。建物全体の点検と塗装工事のアドバイスが欲しいということで弊社にお問い合わせを頂きました。

築年数が25年が経過している住宅でしたが、過去に屋根塗装を行っていたために非常にキレイな状態でした。屋根塗装の下地として利用できる状態でした。

今回は屋根塗装だけではなく、外壁塗装もセットで施工するために、外壁と屋根のメンテナンスのサイクルを合わせるために屋根塗装はフッ素塗料を使用しました。

スレート瓦の耐用年数は25年〜30年ですが、屋根材の寿命を最大限伸ばす屋根塗装を実現することができました。

それでは、具体的にビフォーアフターからご紹介します。

ビフォーアフター

白井市の屋根塗装の工事のビフォーアフター

屋根の表面にチョーキング現象と呼ばれる塗料の劣化症状が発生していましたが、しっかりとメンテナンスが行き届いている屋根で非常にキレイな状態でした。汚れが目立たない緑色の屋根に塗装をしました。

白井市の屋根塗装の工事のビフォーアフター 白井市の屋根塗装の工事のビフォーアフター

施工前の様子

チョーキング現象の発生した屋根

塗料の劣化症状であるチョーキング現象が発生しています。

チョーキング現象とは紫外線により塗料がチョークの粉のように表面に吹き出してくる劣化症状で屋根塗装を行う最適なメンテナンスのタイミングになります。

チョーキング現象の発生した屋根

外壁と屋根の取り合い部分です。日陰になり易い部分に多少、コケが生えています。

屋根は日当たりや方角によって劣化症状が異なるので専門業者に点検をしてもらい適切なメンテナンスを行うことが重要です。

チョーキング現象の発生した屋根

スレート屋根は屋根の頂点に棟板金と呼ばれる金属性のカバーがあります。金属製のために塗装によるメンテナンスをしないと経年劣化でサビが発生します。

スレート屋根のメンテナンスは屋根材の劣化状態だけではなく、棟板金の劣化も含めてしっかりと点検を行い適切なメンテナンスをするようにしましょう。

チョーキング現象の発生した屋根

棟板金もサビなどの劣化はなく、チョーキング現象が発生している状態でした。交換の必要はなく、十分塗装で対応できる内容でした。

施工中の様子

それでは、具体的に施工中の様子について見て行ましょう。

屋根塗装は単純に屋根にペンキを塗るだけではなく、しっかりとした工程が存在します。

そのため、これから屋根塗装に取り組まれる方はこの記事を参考にしてどのような工程で施工がされているのかを理解しておきましょう。

高圧洗浄

高圧洗浄とは高圧洗浄機で屋根の汚れをキレイに洗い流す工程です。

高圧洗浄の様子

高圧洗浄機で屋根の汚れをキレイに洗い流します。屋根にコケやカビなどの汚れが付着した状態で塗装をしてしまうと施工不良に発展する可能性があるので注意しましょう。

屋根塗装の高圧洗浄後の様子

高圧ん洗浄後の様子です。もともとキレイな屋根でチョーキング現象のみの劣化症状だったことから、あまり変化はありませんが、チョーキング現象で発生した粉は全て除去されています。

屋根塗装の高圧洗浄後の様子

棟板金もキレイに洗浄して塗装の下地を整えます。

黒くなっている箇所は屋根の水はけが悪い部分で、塗装が剥がれてスレート瓦本体のセメントが剥き出しになっている箇所です。

屋根塗装を行うことで改善されます。

屋根塗装の高圧洗浄後の様子

屋根で白くなっているスレート瓦の塗装が剥がれてスレート瓦の基材のセメント質が剥き出しになっている箇所です。この状態のままメンテナンスをせずに放置するとコケやカビが生えるようになります。

屋根塗装の高圧洗浄後の様子

棟板金の釘の浮きやスレートの瓦の「ひび割れ」や「欠け」などの劣化症状を一つ一つチェックして以上がなかったら高圧洗浄の工程は完了です。

下塗り

高圧洗浄を行い、スレート瓦のひび割れの補修などが完了したら、いよいよ実際の塗装を行います。

屋根の下塗り工程は、「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回の重ね塗りが行われます。

屋根塗装の下塗りの様子

下塗りはシーラーと呼ばれる下塗り専用の塗料を塗装します。中塗り、上塗りでお客様からご指定頂いたメインの塗料で塗装をしますが、下塗りは塗装面とメインの塗料の密着性を高める役割があります。

屋根塗装の下塗りの様子

屋根の小さなクラックをコーキングで補修します。屋根板金も塗装をするために、シーラーで塗装をします。

中塗り

下塗りが完了したら、乾燥時間を設けてお客様からご指定頂いたメインの塗料で塗装を行います。

今回は外壁塗装とセットで屋根塗装を行っており、メンテナンスサイクルを合わせるためにフッ素塗料を使用しています。

屋根塗装の中塗りの様子

塗り残し、塗りムラが発生しないように1枚1枚丁寧に施工をします。

屋根塗装の中塗りの様子

屋根全体を塗装したら中塗り工程が完了です。

上塗り

下塗りが完了したら、上塗りを行います。

屋根塗装の上塗りの様子

下塗りと同じ工程を繰り返し、メインの塗料を重ね塗りしたら屋根塗装工事が完了です。

最後に、「塗り残し」や「塗りムラ」などの最終チェックを行い屋根塗装工が完了です。

施工後の様子

塗装の下地となる屋根材の状態もよかったために、大変キレイな仕上がりになりました。

屋根塗装の中塗り後の様子 屋根塗装の上塗りの様子 屋根塗装の上塗りの様子 屋根塗装の上塗りの様子 屋根塗装の上塗りの様子