金属屋根の葺き替え工事|松戸市(Y様邸)

屋根葺き替え工事

千葉県松戸市で金属屋根の葺き替え工事を施工させて頂きました。千葉県松戸市の金属屋根の葺き替え工事の施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

お問い合わせの経緯

経年劣化で屋根のメンテナンスを検討されていました。

現状でもっとも費用対効果の高い屋根リフォーム方法についてアドバイスが欲しいということで、弊社にお問い合わせを頂きました。

屋根の葺き替え工事をご提案させて頂いた経緯

新築から30年が経過しており、屋根の葺き替えが必要な状態でした。

定期的に屋根塗装のよるメンテナンスを行っており、築年数30年の金属屋根としてはきれいな状態で保存されていました。

チョーキング現象と呼ばれる塗料の劣化症状が発生しており、錆も発生している状態でした。

また、屋根の内部のルーフィング(防水シート)の耐用年数(寿命)が迫っていたため、ガルバリウム鋼板による屋根の葺き替え工事をご提案さえて頂きました。

特に、ルーフィングは屋根の二次防水として重要な役割があり、ルーフィングの劣化は雨漏りの直接的な原因になります。

そのため、今後も長期的に住み続けるに当たって、ガルバリウム鋼板への葺き替え工事が必要な状態でした。

ガルバリウム鋼板はメンテナンスフリーの屋根材で、将来的なメンテナンス費用と手間を大幅に節約することができます。また、耐用年数も40年〜50年と非常に長期的なため、費用対効果の高い屋根リフォームを実現することができます。

このような経緯から屋根の葺き替え工事をご提案させて頂きまいた。

ビフォーアフター

屋根葺き替え工事のビフォーアフター

金属屋根でしたが、チョーキング現象が発生し、一部、錆が発生している状態でした。

ガルバリウム鋼板に葺き替えたことで、屋根材が新しくなっただけではなく、屋根の内部のルーフィングも交換できるので、雨漏りのリスクを低減することができます。

施工前の様子

ここからは施工前の屋根の劣化症状について見ていきましょう。

金属瓦は屋根材の中でも珍しく、インターネットでも具体的な劣化症状を掲載しているサイトは少ないです。そのため、金属屋根の具体的な劣化症状を紹介します。

屋根葺き替え工事の施工前の様子

屋根全体にチョーキング現象が発生しており、屋根全体が白く変色している状態でした。

これは紫外線の影響で、塗料が劣化し、屋根の表面に粉状に吹き出す劣化症状です。手でこすると、チョークのように白い粉が付着するため、チョーキング現象と呼ばれています。

トタンやスレートなどの塗装がされている屋根であれば、必ず発生する塗料の劣化症状です。

屋根葺き替え工事の施工前の様子

屋根の頂点の屋根板金もチョーキング現象が発生している状態でした。この状態を放置すると錆が発生し、穴が空いてしまうので具体的なメンテナンスが必要な状態でした。

屋根葺き替え工事の施工前の様子

屋根材に錆が発生しています。屋根内部のルーフィング(防水シート)が劣化している場合、雨漏りが発生する危険があるため、早急なメンテナンスが必要な状態でした。

屋根葺き替え工事の施工前の様子

チョーキング現象が発生しており、屋根全体が白く変色している状態でした。

施工中の様子

ここからは屋根葺き替え工事の施工中の様子についてご紹介します。

既存の屋根材の撤去

まず始めに、既存の屋根材を撤去します。

屋根葺き替え工事の屋根材の撤去

棟(屋根の頂点)から軒先に向かって1列ずつ屋根材を剥がしていきます。

屋根葺き替え工事の屋根材の撤去

屋根材を剥がすと、下地の断熱材が出てきました。ガルバリウム鋼板は日本瓦やスレート瓦に比べて、断熱性が低いため既存の断熱シートを再利用します。

屋根葺き替え工事の屋根材の撤去

雨水が侵入して腐食している箇所は無く、非常にきれいな状態でした。

野地板(コンパネ)の設置

瓦の撤去が完了したら、屋根材を設置する土台となる、野地板(コンパネ)を設置します。

屋根葺き替え工事のコンパネの設置

コンパネとはコンクリート型枠用の木材板ですが、従来のベニア合板と比べて強度や耐水性能が高いため、屋根の野地板では一般的に使用されます。見積書を確認する際は、金額だけではなく、野地板の種類も含めてのチェックするようにしましょう。

屋根葺き替え工事のコンパネの設置

軒先から順番に隙間が生じないように、野地板を設置します。

屋根葺き替え工事のコンパネの設置

ケラバ部分(切妻部分)の野地板の設置です。

屋根葺き替え工事のコンパネの設置

急勾配な屋根だったため、屋根足場を設置しての作業でした。

屋根葺き替え工事のコンパネの設置 屋根葺き替え工事のコンパネの設置 屋根葺き替え工事のコンパネの設置

野地板の設置が完了しました。

ルーフィング(防水シート)の設置

野地板の設置が完了したら、ルーフィング(防水シート)を設置します。

屋根葺き替え工事のルーフィングの設置

ルーフィングは屋根の二次防水を確立する重要な素材です。ルーフィングは軒先(下)から棟(上)に向かって順番に設置します。

これはルーフィングの重なりが雨水のな流れと逆目にならないようにするためです。ルーフィングの重なりが雨水の流れと逆目になってしまうと、建物の内部に雨水を招き入れてしまうため、ルーフィングは軒先から棟に向かって設置するのが基本です。

屋根葺き替え工事のルーフィングの設置

急勾配の屋根はルーフィングのズレが生じやすいため、重なりを確認しながら丁寧に施工をしました。

屋根葺き替え工事のルーフィングの設置 屋根葺き替え工事のルーフィングの設置

屋根本体(ガルバリウム鋼板)の設置

ルーフィングの設置が完了したら、屋根本体(ガルバリウム鋼板)を設置します。

屋根葺き替え工事のガルバリウム鋼板の設置

ガルバリウム鋼板もルーフィングと同様に、軒先から棟に向かって順番に設置します。急勾配の屋根のため、雪止めも多く設置しています。

屋根葺き替え工事のガルバリウム鋼板の設置

ガルバリウム鋼板の設置が完了したら、棟板金を取り付けるための、下地を取り付けます。

屋根葺き替え工事の屋根材の設置

最後に棟板金を取り付けたらガルバリウム鋼板の葺き替え工事は施工が完了です。

施工後の様子

屋根葺き替え工事の屋根材の設置 屋根葺き替え工事の屋根材の設置 屋根葺き替え工事の屋根材の設置 屋根葺き替え工事の屋根材の設置 屋根葺き替え工事の屋根材の設置