屋根カバー工法リフォーム・外壁塗装工事|柏市(H様邸)

柏市の屋根カバー工法リフォーム

千葉県柏市でカバー工法による屋根リフォームと外壁塗装を施工させて頂きました。千葉県柏市の屋根カバー工法と外壁塗装の施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

築年数20年が経過したこともあり屋根にコケやカビが生えており、具体的にメンテナンスを検討していました。地元のリフォーム会社に現地調査を依頼して状況を確認してもらいました。既存のスレート瓦が劣化しているため、屋根の葺き替え工事を提案されましたが、見積もり価格が想像よりも高額だったため、他の業者で相見積もりをすることにしました。

情報を調べた中でリフォーム会社は実際の工事を下請けに依頼することから費用が高くなると知り、屋根修理の専門業者に限定して業者を探しました。偶然、屋根修理プラスさんのホームページを見つけて興味を持ちました。

屋根修理の専門業者で屋根塗装やカバー工法のなどの施工実績が豊富で、ホームページの印象も信頼性を感じたため、屋根修理プラスさんに現地調査を依頼しました。

屋根カバー工法をご提案させて頂いた経緯

お問い合わせ後、すぐに現地調査をさせて頂きました。実際に屋根に上がり状況を確認させて頂き、施主様のご要望も含めてカバー工法による屋根の葺き替え工事をご提案させて頂きました。

屋根カバー工法をご提案させて頂いた経緯は下記の通りです。

  • 屋根の劣化が激しく屋根塗装によるメンテナンスに不安があった
  • 費用対効果の高い屋根メンテナンスを実現できるから

それぞれ、現地調査の状況を踏まえて屋根カバー工法をご提案させて頂いた経緯を説明します。

屋根の劣化が激しく、屋根塗装によるメンテナンスに不安があった

築年数20年の戸建て住宅ですが、新築からこれまで1度も屋根塗装を行っていなかったため、経年劣化で屋根全体にコケやカビが発生している状態でした。屋根材が水分を吸収し、保潤と乾燥を繰り返すことによって屋根材の本体が非常に脆くなっている状態でした。

もう少し、早い段階であれば、屋根塗装でも十分メンテナンスができる状態でしたが、屋根材本体が非常に脆くなっており、再塗装を行うと「塗装後、すぐに塗料が剥がれる」「塗装が水ぶくれのように脹れる」などの施工不良の危険がありました。

そのため、既存の屋根の上に新しい屋根を被せるカバー工法による屋根リフォームをご提案させて頂きました。

費用対効果の高い屋根メンテナンスを実現できるから

カバー工法ではガルバリウム鋼板と呼ばれる金属屋根に葺き替えます。ガルバリウム鋼板は耐用年数(寿命)が40年〜50年と屋根材の中でも非常に長期的なのが特徴です。また、メンテナンスフリーの屋根材のため将来的なメンテナンス費用が発生しません。

築年数20年のタイミングであっても屋根材の耐用年数が長期的なことと、メンテナンスの手間が発生しないことから費用対効果の高い屋根リフォームを実現できるため、カバー工法による屋根リフォームをご提案させて頂きました。

ビフォーアフター

柏市の屋根カバー工法リフォームのビフォーアフター

スレート瓦が経年劣化で表面の塗装が剥がれて、コケやカビが生えている状態でした。瓦も非常に脆くなっている状態でした。再塗装を行っても次回の屋根メンテナンスの際にカバー工法でガルバリウム鋼板に葺き替える必要がありました。タイミングとしては少し早いですが、ガルバリウム鋼板の耐用年数が非常に長期的なため、築年数20年のタイミングでも費用対効果を発揮することができます。

屋根カバー工法の施工の様子

ここからはカバー工法による屋根リフォームの施工工程を詳しく見て行きましょう。

高圧洗浄

まず始めに、カバー工法を施工する前に高圧洗浄を行い、既存の屋根材の汚れをキレイに洗い流しました。

屋根の高圧洗浄

一般的にカバー工法は既存の屋根材を高圧洗浄で洗い流すことはしません。しかし、カバー工法は既存の屋根を土台として利用するため、屋根が汚れている状態で新しい屋根を設置することに抵抗のある施主様も多いです。その際は、高圧洗浄で新しい屋根の土台となる屋根をキレイに洗浄します。

屋根の高圧洗浄

既存の屋根材が非常に脆くなっているため、屋根材を割らないように水圧を調整しながらキレイに屋根の汚れを洗い流しました。

ルーフィング(防水シート)の設置

屋根の高圧洗浄が完了したら、既存の屋根の上にルーフィング(防水シート)を設置します。

ルーフィング(防水シート)の設置

ルーフィング(防水シート)は屋根の二次防水として重要な役割がある素材です。一般的に屋根は、屋根材によって防水性能を確立してると思っている方も多いとは思いますが、最終的に雨水の侵入を食い止めているのはルーフィングです。屋根材が無くてもルーフィングが機能していれば、雨漏りが発生することはありません。このようにルーフィングは屋根の二次防水として、重要な役割がある素材です。

ルーフィング(防水シート)の設置

ルーフィングは軒先(下)から棟(上)に向かって十分な重なりを確保して設置します。これは水の流れと逆目にならないようにするために。

新築住宅で3年〜5年ほどで雨漏りしてしまう原因の多くは、このルーフィングの重なりが逆目になっていたり、十分な重なり代を確保せずに、隙間が生じてしまうことが原因です。

そのため、ルーフィングの重なりを確認しながら慎重に施工を行います。

ルーフィング(防水シート)の設置

ルーフィングにもいくつか種類がありますが、防水性に優れた改質アスファルトルーフィングを使用しています。ガルバリウム鋼板は耐用年数が非常に長期的であり、メンテナンスフリーの屋根材のため、一度施工をすると、メンテナンスの機会がほとんどなくなります。

そのため、屋根のルーフィングもガルバリウム鋼板の耐用年数に合わせて耐久性の高い改質アスファルトルーフィングを使用しました。

屋根本体(ガルバリウム鋼板)の施工

ルーフィングの施工が完了したら、いよいよ屋根材本体を施工します。ルーフィングと同様に軒先から棟に向かってガルバリウム鋼板を施工します。

ガルバリウム鋼板本体の施工

ガルバリウム鋼板は屋根の形状に合わせて板金工事を行いながら設置します。高い技術力が問われる建築板金工事です。

屋根の棟やケラバ(屋根の端)の木材板は、屋根板金を取り付けるための下地板です。ガルバリウム鋼板を設置する際のガイドとしての役割もあります。

ガルバリウム鋼板本体の施工

ガルバリウム鋼板の板を切り合わせて施工をするため、接合箇所につなぎ目が生じます。ガルバリウム鋼板を設置する際は、このつなぎ目が重なることは全体にNGです。つなぎ目から雨水が侵入するようになるからです。慣れていない業者の場合、つなぎ目を重ねてしまうことがあるため注意が必要です。

 

ガルバリウム鋼板本体の施工

屋根全体にガルバリウム鋼板を設置したら、屋根本体の施工は完了です。

ガルバリウム鋼板本体の施工

最後に棟板金やケラバ水切りなどの屋根板金を取り付けたら、屋根カバー工法は施工が完了です。

屋根カバー工法の施工後の様子

屋根カバー工法施工後の様子 屋根カバー工法施工後の様子 屋根カバー工法施工後の様子 屋根カバー工法施工後の様子 屋根カバー工法施工後の様子 屋根カバー工法施工後の様子 下屋根のカバー工法の施工後の様子

外壁塗装の施工の様子

屋根カバー工法の次は、外壁塗装の施工工程をご紹介します。

高圧洗浄

まず始めに、高圧洗浄で外壁の汚れをキレイに洗い流します。

外壁の高圧洗浄 外壁の高圧洗浄 外壁の高圧洗浄 雨戸の高圧洗浄

コーキングの交換

高圧洗浄で外壁の汚れをキレイに洗い流したらコーキングの交換工事を行います。

既存コーキングの撤去

既存のコーキングを撤去します。カッターでコーキングの両端に切れ目を入れてコーキングを引っ張り出します。

既存コーキングの撤去

撤去したコーキングです。一般的な30坪前後の住宅で150m〜180mになります。

既存コーキングの撤去

コーキングの撤去が完了しまし。青いクッションのような素材はバックアップ材と呼ばれる素材です。DIYでコーキングを交換する際に間違って撤去しないようにしましょう。

プライマーの塗布

プライマーを塗布します。プライマーはコーキングの密着性を高める下塗り塗装の役割があります。

コーキングの充填

コーキングを充填し、仕上がりを整えたらコーキングの施工は完了です。

下地補修・養生

コーキングの施工が完了したら、下地調整と養生を行います。下地調整とは外壁のひび割れや不具合を補修して塗装の下地を整える工程です。

また、養生とは塗料が付着してはいけない箇所を養生テープやビニールで保護をする工程です。

施工前の外壁の状態

外壁の補修を行い、ビニールシートで養生をしました。

外壁塗装の下塗り

外壁塗装は「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回の重ね塗りが基本です。その中で、下塗り工程はシーラーと呼ばれる下塗り専用の塗料を使用して塗装を行います。

このシーラーは塗装面(外壁)と上塗り塗料(シリコン塗料)の密着性を高める接着剤のような役割があります。ザラザラとした塗膜を形成するのが特徴です。

屋根塗装の下塗り

外壁塗装の中塗り

下塗りが完了したら中塗りを行います。中塗りはメインの塗料を使用します。今回は価格と耐久性能のバランスが良いシリコン塗料を使用しています。

外壁塗装の上塗り

中塗りが完了したら、上塗りを行います。中塗りと同じ塗装を工程を繰り返して重ね塗りを行います。

付帯部塗装

付帯部の塗装を行いました。排気口と霧避けの鉄部を塗装しました。

霧避けの鉄部の塗装