屋根リフォーム(太田区)|カバー工法でパミール屋根の不具合を解決

太田区の屋根カバー工法

東京都大田区でカバー工法による屋根リフォームを施工しました。東京都大田区の屋根リフォームの施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

アンテナの修理をした際に施工業者に「屋根材が剥がれていますよ」「修理した方が良いですよ」と指摘されたことがキッカケで屋根修理を考えるようになりました。

インターネットで屋根修理業者を探していましたが、どのような業者に修理を依頼すれば良いのか分からりませんでした。複数の屋根業者に見積もりを依頼して信頼できる業者を決めようと思い、屋根修理プラスさんも含めて3社から相見積もりを取得しました。

建築士の方が現地調査をしてくださり、提案内容にも信頼性を感じたことから屋根修理プラスさんに修理を依頼することに決めました。

カバー工法をご提案させて頂いた経緯

お問い合わせ後、スグに現地調査に伺いました。屋根の劣化症状を総合的に判断しカバー工法による屋根の葺き替え工事をご提案させて頂きました。

まずはじめに、既存の屋根材はスレート瓦でしたがパミールと呼ばれる製品が使用されていました。このパミールという製品は経年劣化で 瓦の表面がボロボロに剥がれてしまう劣化症状が多数報告されており、今回のT様邸の屋根も屋根材がボロボロに剥がれている状態でした。

この状態を放置するとスレート瓦の本体が屋根から抜け落ちてしまったり、雨漏りの原因にもなるため新しく屋根材を葺き替える必要がありました。

そのため、カバー工法によるガルバリウム鋼板への屋根の葺き替え工事をご提案させて頂きました。

カバー工法とは既存のスレート屋根の上にガルバリウム鋼板屋根を被せるリフォーム工法ですが、既存の屋根材の撤去費用と廃棄費用が発生しないため、安く新しい屋根材に張り替えられるのが特徴です。

また、カバー工法で使用されるガルバリウム鋼板は金属製の屋根材ですが、耐用年数(寿命)が40年〜50年と長期的で、屋根塗装の必要の無いメンテナンスフリーの屋根材のため費用対効果の高い屋根リフォームを実現できるのが特徴です。

このように「既存の屋根材の劣化が激しく張り替える必要があったこと」「ガルバリウム鋼板に葺き替えることで費用対効果の高い屋根リフォームを実現できること」この2つのポイントからガルバリウム鋼板による屋根カバー工法リフォームをご提案させて頂きました。

ビフォーアフター

大田区の屋根カバー工法のビフォーアフター

スレート屋根で不具合が多発しているパミールと呼ばれる製品です。

パミールはアスベストが含有されていない安心安全をウリにした屋根材ですが、経年劣化で屋根材がボロボロに劣化してしまう不具合が多発しています。

また、パミールは屋根材がごっそりと欠落(抜け落ちる)不具合も多発しているため、屋根材を新しく張り替える必要がありました。ガルバリウム鋼板に新しく屋根材を葺き替えたことで安全な屋根に生まれ変わりました。

大田区の屋根カバー工法のビフォーアフター

屋根の棟板金も経年劣化でチョーキング現象と呼ばれる塗料の劣化症状が発生していました。屋根板金を固定する釘も浮いている状態で台風などの強風に煽られた際に、飛散する危険がありました。

カバー工法でガルバリウム鋼板に張り替えたことで棟も新しくなり、台風の際も飛散することのない安全な屋根になりました。

施工前の屋根の劣化症状

ここからは施工前の屋根の劣化症状について見て行きましょう。

屋根材の剥がれたスレート瓦

パミール屋根の劣化症状は屋根材の基材(本体)がミルフィーユ状になり剥がれてしまうことです。

通常、スレート瓦はアスベストが混合されており、このアスベストにより密着性を確立していますが、パミールにはアスベストが含有されていません。そのため、屋根材の結束力が弱くなりこのように施工後10年前後で剥がれてしまいます。

屋根材の剥がれたスレート瓦

屋根材が剥がれている状態です。この状態を放置するとスレート瓦がゴッソリ抜け落ちてしまうため早急な修理が必要でした。

屋根材の剥がれたスレート瓦

スレート瓦の劣化と比べて、棟板金は塗装を行えばメンテナンスができる状態でした。しかし、今回はカバー工法でガルバリウム鋼板に葺き替えるために、棟板金もメンテナンスを行います。

屋根材の剥がれたスレート瓦

下屋根もパミールが使用されています。大屋根と比べて劣化は少ないですが、屋根材が剥がれるのも時間の問題です。

屋根カバー工法の施工中の様子

ここからは屋根カバー工法の施工中の様子について解説します。

ルーフィング(防水シート)の設置

まず始めに、既存の屋根材の上に新しいルーフィングシートを設置します。

ルーフィングの設置

ルーフィングシートは屋根の二次防水として重要な役割があります。ルーフィングの重なりが屋根の水の流れと逆目にならないように、軒先から棟に向かってルーフィングシートを葺いていきます。特に、屋根と外壁の取り合い部分は雨漏りが発生しやすい箇所になるため、ルーフィングに隙間が生じないように、重なり代を十分にとってルーフィングを施工します。

ルーフィングの設置

ガルバリウム鋼板の耐用年数は40年〜50年と非常に長期的です。

そのため、使用するルーフィングシートも耐用年数が長い改質アスファルトルーフィングという高耐久な製品を使用します。ガルバリウム鋼板は一度施工をすると、40年〜50年は屋根のメンテナンスを行いません。

見積もりの際はルーフィングの種類も含めて確認すると安心です。

ガルバリウム鋼板屋根の施工

ルーフィングシートを施工したら、ガルバリウム鋼板本体を施工します。

ガルバリウム鋼板の施工

ルーフィングの施工と同様に軒先から棟に向かってガルバリウム鋼板を設置します。ガルバリウム鋼板は屋根の形状に合わせて板金工事を行います。高度な建築板金技術が求められる難しい屋根リフォームです。

屋根本体の施工

大屋根のガルバリウム鋼板の施工が完了しました。

屋根本体の施工

下屋根もガルバリウム鋼板を設置します。外壁と屋根の取り合い部分に雨押さえを取り付けるための下地板も取り付けます。

棟下地と棟板金の取り付け

屋根本体の施工

ガルバリウム鋼板の施工が完了したら、棟板金を取り付けるための棟下地を取り付けます。

屋根本体の施工

屋根と外壁との取り合い部分には、雨押さえると呼ばれる雨仕舞いの素材を取り付けます。

屋根カバー工法の施工後の様子

雨押さえと棟板金を取り付けました。

屋根カバー工法の施工後の様子 屋根カバー工法の施工後の様子

大屋根にも棟板金を取り付けたら屋根のカバー工法は施工が完了です。

屋根カバー工法の施工後の様子

屋根カバー工法の施工後の様子 屋根カバー工法の施工後の様子