屋根葺き替え工事(カバー工法)|松戸市(Y様邸)

屋根の葺き替え工事の完成

千葉県松戸市でカバー工法による屋根の葺き替え工事を施工させて頂きました。

ビフォーアフター

松戸市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター

築30年が経過した住宅でした。台風の大雨で雨漏りが発生し、雨漏り調査で弊社にお問い合わせを頂きました。現地調査の結果、天窓の部分から雨漏りが発生しており、部分修理で対応しても再度、別の箇所から雨漏りが発生する可能性が高かったので、カバー工法による屋根の葺き替え工事を提案させて頂きました。

メンテナンスフリーの屋根材として耐久性に優れたガルバリウム鋼板に葺き替えることによって、将来のメンテナンス費用を節約ができるために費用対効果の高い屋根リフォームを実現することができます。

今回のリフォームもガルバリウム鋼板に屋根を葺き替えることによって、費用対効果の高い屋根リフォームを実現することができました。

施工前の様子

施工前の状態

築年数が30年が経過して、スレート瓦の屋根がチョーキング現象が発生していました。耐用年数が経過した屋根は塗装をしてもすぐに塗装が剥がれてしまうために屋根の葺き替えが必要です。

施工前の状態

既存の防水層が剥がれています。また、排水口に水溜りができており、屋根本来の排水機能が低下している状態でした。

施工中の様子

既存防水層の撤去

既存の防水層を撤去しました。

防水層の撤去 施工前の状態

防水シートの設置

防水シートの設置を行いました。雨漏りが発生していた天窓(トップライト)部分の補修を行い、防水シートを設置しました。防水シートは雨水の流れに逆らわないように軒先部分(屋根の下)から設置するのが基本です。

防水シートの設置

排水溝は先に設置を行います。

防水シートの設置 防水シートの設置

排水溝の雨仕舞いから先に行います。

防水シートの設置

天窓は屋根の中でも特に、雨漏りが発生しやすい箇所なので、隙間が無いように丁寧に防水シートを設置します。

屋根材の設置

ケラバ部分の水切りを設置しました。

屋根材の設置

排水溝やケラバの水切りを設置したら、ガルバリウム鋼板を設置します。防水シートの設置と同様に水の流れに逆らわないように軒先部分から軒(屋根のてっぺん)に向って屋根材を設置します。

新規屋根材の設置

シート防水がされていた箇所ですが、今回は屋根材で対応します。

新規屋根材の設置

特に天窓(トップライト)部分は注意をしながら施工をします。

新規屋根材の設置 新規屋根材の設置 新規屋根材の設置

最後に手すり部分のカバーとなる笠木(かさき)を取り付けてカバー工法による屋根リフォームは完了です。

屋根の葺き替え工事の完成 屋根の葺き替え工事の完成