屋根塗装工事|船橋市(M様邸)

上塗り

千葉県船橋市で屋根塗装を施工させて頂きました。

ビフォーアフター

船橋市の屋根塗装工事のビフォーアフター

施工前は屋根全体にコケが繁殖しており、屋根本来の防水性能が低下している状況でした。コケは湿った環境でよく見かけますが、スレート屋根の防水性能を確立している塗装が劣化をして、屋根材がスポンジのように水を吸収してしまうことから発生します。

今回は、屋根塗装を行うことで、屋根全体に広がったコケを高圧洗浄で洗い流し、再塗装を行うことで屋根の防水性能を回復させることができました。

通常、このような状態だと屋根材が歪んだりひび割れてしまうケースも多いですが、幸い屋根材自体の痛みは少なく、屋根塗装でも十分対応できる劣化症状でした。

施工前の様子

雨漏りは発生していませんでしたが、屋根全体にコケが生えてしまっており、早急に塗装が必要な状態でした、

屋根全体にコケが広がっているスレート瓦

ケラバ水切り(切妻の金具)の部分にカビが生えてしまっています。カビを餌とするダニが繁殖することもあるので、アレルギーや喘息をお持ちの方はこまめにメンテナスをするようにしましょう。

屋根にコケが広がっているスレート瓦

棟板金(屋根の頂点にある金属製のカバー)も塗装が劣化しており、チョーキング現象と呼ばれる劣化症状が発生していました。チョーキング現象とは塗料が粉状に吹き出す劣化症状ですが、塗料の防水性能が低下しているサインなので屋根塗装が必要な状態でした。

棟板金の劣化症状

ケラバ部分(破風板)も一部塗装が剥がれている箇所があり、屋根塗装が必要な状態でした。

ケラバの劣化症状

施工中の様子

高圧洗浄

高圧洗浄によって屋根の汚れを洗い流しました。施工前はコケが生えていた屋根ですが、綺麗に洗い流すことができました。

高圧洗浄後

屋根材の塗装が劣化しており、白く変色しています。棟板金の塗装も劣化していましたが、錆も無く比較的キレイな状態でした。

高圧洗浄後の屋根材

下塗り

高圧洗浄が完了したら、シーラーと呼ばれる塗料で塗装を行います。この工程は下塗りと呼ばれており、屋根塗装は中塗り、上塗り含めて3回の重ね塗りが行われます。

シーラー(下塗り)の塗装 下塗りの施工中の様子

屋根材の下塗りが完了しました。

下塗り後の様子

棟板金も錆止めを行います。

棟板金の塗装

上塗り

下塗りが完了したら、いよいよお客様にご指定頂いたメインの塗料を使用して2回の重ね塗りを行います。2回の重ね塗りを行ったら工事完了です。

上塗り 上塗り