船橋市の屋根リフォーム | カバー工法でガルバリウム鋼板に張り替え

船橋市の屋根リフォームの施工事例

船橋市で屋根リフォームを施工させて頂きました。スレート屋根をカバー工法でガルバリウム鋼板にリフォームしました。船橋市の屋根リフォームの施工事例をご紹介ます。

屋根リフォームのお問い合わせの経緯(船橋市)

近所で屋根工事をしている屋根業者に「屋根材が痛んでいますよ」「カバー工法で屋根を修理した方が良いですよ」と屋根の劣化を指摘されて修理を検討されていました。

屋根の劣化指摘した訪問販売業者から見積もりをしてもらったところ、200万円と非常に高額な内容だったことから、屋根工事の専門業者との相見積もりを検討されていました。

インターネットで地元、船橋市の屋根業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になり、興味を持っていただきました。

地元船橋市を中心に1500棟の施工件数を誇る施工実績と建築士や雨漏り診断士などの屋根修理に有効な資格を保有していることに信頼性を感じて頂き現地調査のご依頼を頂きました。

船橋市の屋根リフォームの施工前と施工後の様子

スレート屋根をカバー工法でガルバリウム鋼板に張り替えました。大屋根、下屋根ともにガルバリウム鋼板に張り替えています。

船橋市の屋根リフォームのビフォーアフター 船橋市の屋根リフォームのビフォーアフター

船橋市の屋根リフォームの担当者の提案内容

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状について確認させていただきました。築25年が経過したスレート屋根でしたがチョーキング現象と呼ばれる塗料の劣化症状が発生していました。

チョーキング現象とは太陽の紫外線の影響で、屋根の防水性能を確立している塗料が粉状に吹き出す劣化症状です。再塗装によるメンテナンスが一般的な劣化症状です。

ただし、スレート瓦の耐用年数は25年〜30年と言われており、再塗装では費用対効果を発揮できない可能性がありました。築年数25年〜30年のスレート屋根のメンテナンスは業者によって意見が別れるポイントになります。

屋根修理プラスでは、費用対効果を加味して、カバー工法による屋根リフォームをオススメしています。カバー工法とは既存のスレート屋根の上に新しい屋根を被せるリフォーム工法です。

そのため、通常の葺き替え工法よりも安く新しい屋根に葺き替えることができます。

また、カバー工法で使用される屋根材はガルバリウム鋼板が使用されます。ガルバリウム鋼板はメンテナンスフリーの屋根材で将来的なメンテナンス費用が発生しません。

また、耐用年数も40年〜50年と非常に長期的なため、屋根塗装よりも費用対効果の高いメンテナスを実現することができます。このように現時点で最もコストパフォーマンスに優れたリフォーム工法として、カバー工法による屋根リフォームをご提案させていただきました。

船橋市の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは船橋市の屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見てきましょう。

船橋市の屋根リフォームの施工前の様子

築25年の屋根です。チョーキング現象がしていました。屋根がうっすらと白っぽく変色しているのがチョーキング現象です。メンテナンスを行う最適な目安となる劣化症状になります。

船橋市の屋根リフォームの施工前の様子

こちらは屋根の棟板金です。鉄部で塗装により防水性能を確立されています。外壁材と同じく、チョーキング現象が発生しており、具体的にメンテナンスが必要な状態でした。

船橋市の屋根カバー工法の工程と施工中の様子

屋根のカバー工法は既存のスレート屋根の上に、ガルバリウム鋼板屋根を被せるリフォーム工法です。どのように工程が進んで行くのか具体的に見ていきましょう。

【工程1】棟板金・雪止め金具の撤去・解体

まず始めに、既存の棟板金を撤去・解体します。

棟板金を撤去しました。また、新しい屋根の障害物になる、雪止め金具も撤去・解体します。

船橋市の雨押さえの撤去

こちらは下屋根です。外壁と屋根の間に雨押さえという雨仕舞いの部材がありますが、こちらも撤去します。

船橋市の雨押さえの撤去

雨押さえの撤去が完了しました。

【工程2】防水シート(ルーフィングシート)の施工

棟板金の撤去が完了したら、防水シートを施工します。防水シートは屋根の二次防水として、建物の内部に雨水が侵入するのを食い止める役割があります。

船橋市の屋根リフォームの防水シートの施工

灰色の素材が防水シートです。軒先から棟に向かって順番に防水シートを設置していきます。これは屋根の水の流れと、防水シートの重なりが逆目にならないようにするためです。

船橋市の屋根リフォームの防水シートの施工

防水シートの施工が完了しました。防水シートの製品にはいくつか種類がありますが、ガルバリウム鋼板屋根は耐用年数が長期的なため、改質アスファルトルーフィングと呼ばれる耐久性に優れた製品を使用します。

【工程3】屋根材(ガルバリウム鋼板)の施工

防水シートの施工が完了したら、ガルバリウム鋼板を施工します。防水シートと同様に軒先から棟に向かって順番にガルバリウム鋼板を取り付けます。

船橋市のガルバリウム鋼板の施工

ガルバリウム鋼板屋根の製品にはいくつか種類がありますが、ニチハ株式会社の横暖ルーフという製品をします。

横暖ルーフは日鉄住金鋼板のSGL(エスジーエル)という耐久性に優れた製品を使用されています。

また、断熱材と一体となっているため、断熱性に優れているのが特徴です。

このように数あるガルバリウム鋼板の製品の中でも横暖ルーフは耐久性と断熱性に優れているのでオススメしています。

【工程4】棟板金の取り付け

最後に棟板金を取り付けたら、屋根カバー工法は施工完了です。

船橋市の屋根リフォームの棟板金の取り付け 船橋市の屋根リフォームの雨押さえの取り付け

船橋市の屋根リフォームの施工後の様子

船橋市の屋根リフォームの施工後の様子 船橋市の屋根リフォームの施工後の様子 船橋市の屋根リフォームの施工後の様子