雨漏り修理で確実な点検と応急処置を最速で実現する優良業者の選び方

雨漏り修理

雨漏り修理は早期解決が基本ですが、再発する可能性も高いために「確実に修理すること」が何よりも重要です。

雨漏りが再発すると初回の修理費用が無駄になるだけではなく、住宅の躯体(内部構造)を腐食させ、シロアリなどの二次被害に発展する危険性があります。

そこで、この記事では雨漏り修理を適正価格で確実な修理を実現できる優良業者の選び方について解説します。

雨漏りの発生箇所別に施工レベルの高い優良業者の種類や探し方について具体的に解説します。

雨漏りが再発して修理費用を無駄にしないためにぜひ、この記事で雨漏り修理の優良業者の選び方・探し方について理解を深めて頂ければと思います。

1.雨漏り修理の業者の選び方

雨漏りの症状と原因

雨漏りの修理はリフォーム会社やハウスメーカー、訪問販売業者まで様々な業者が対応できますが、修理箇所や修理方法に応じた専門業者に依頼することで適正価格で確実な修理を実現することができます。

例えば、屋根の雨漏りは日本瓦やスレート瓦などの屋根材を撤去して点検や修理を行います。

そのため、日本瓦やスレート瓦の施工や修理を専門とする「屋根業者」が屋根の雨漏り修理の適正業者になります。

また、雨漏り修理は雨水の侵入経路を確実に究明するために、雨漏りの調査方法や住宅の構造に関する高度な知識が必要です。

そのため、住宅の構造や設計に関する国家資格である「建築士」の資格の有無や調査方法などから雨漏り修理に対する施工レベルや適性を見極めることが重要です。

このように雨漏り修理は修理箇所や修理方法に応じた、施工業者の専門性や保有資格によって適正業者を判断することができます。

まずは、雨漏り修理の業者に選びで失敗しないために、業者を選ぶ際のポイントについて解説します。

屋根や外壁、ベランダなどの雨漏りの発生箇所や原因に関わらず、雨漏りの修理業者を選ぶ際は必ず押さえておくべきポイントになります。

【ポイント1】雨漏りの発生箇所に応じた専門業者に修理を依頼する

屋根が原因の雨漏りであれば、屋根修理や屋根リフォームを専門とする「瓦業者」や「板金業者」が適正業者になります。

一方で、外壁が原因の雨漏りであれば外壁塗装や外壁リフォームを専門とする「塗装業者」などの施工箇所に特化した専門業者が雨漏り修理の適正業者になります。

雨漏り修理は雨水の侵入経路の特定や、雨漏りの発生原因や劣化症状によって、修理方法が異なるために施工箇所に対する高度な専門性が求められるからです。

一方で、ハウスメーカーや大手リフォーム会社は外壁や屋根、内装リフォームなど様々な箇所のリフォームに対応できますが、実際の施工を下請け、孫請け業者に委託するために同じ修理内容の場合、修理費用が高額になります。

また、ハウスメーカーや大手リフォーム会社はリフォーム工事を受注する窓口として「販売」や「営業」に特化しているために、部分補修で修理が可能な内容であっても、屋根を全面張り替える葺き替え工事を提案されることも少なくありません。

このように適正価格で適切に雨漏りを修理するために、雨漏りの発生箇所に応じた専門業者に修理を依頼するようにしましょう。

雨漏りの発生箇所 専門業者の種類
屋根 ・瓦業者
・屋根板金業者
・屋根リフォーム業者
外壁 ・塗装業者
・外壁リフォーム業者
窓サッシ ・塗装業者
・外壁リフォーム業者
ベランダ ・防水業者
・塗装業者
・外壁リフォーム業者

【ポイント2】建築士や雨漏り診断士などの保有資格を確認する

雨漏りは一度、修理をしても数年後に再発する危険性が高く、初回の修理で確実に雨漏りを修理することが何よりも重要です。

確実な修理を実現するためには、雨水の侵入経路を特定して適正な方法で修理を行う必要があります。

住宅の構造を知り尽くした「建築士」や雨漏りに関する資格の「雨漏り診断士」などの雨漏りに有効な資格を保有しているかを確認しましょう。

特に、国家資格である建築士の資格は建物の設計に関する資格であり雨漏り修理において確実な修理を実現できる業者と言えます。

【ポイント3】雨漏りの調査方法が確立されている

雨漏り検査の調査方法

一般的に雨漏りは「目視」による原因調査が一般的です。

しかし、目視による雨漏りの発生原因の調査は複数の箇所が原因で雨漏りが発生している場合、「見落としに」繋がります。

雨漏りの原因を1箇所見落とすだけで、雨漏りが止まらずに再発する危険が高くなります。

確実な雨漏り調査を実現するために、業者を選ぶ際は雨漏りの調査方法について確認するようにしましょう。

雨漏りの調査方法は「目視」の他に、壁に水をかけて雨を再現する「散水調査」や「サーモグラフィー調査」などが確実性の高い雨漏りの調査方法として確立されています。

雨漏り修理の業者を選ぶ際は「目視」以外にも”散水調査”や”サーモグラフィー調査”などの雨漏りの原因を確実に特定できる調査方法を確立している業者を選びましょう。

2.雨漏り修理の業者の探し方

雨漏り修理に対応可能な業者はインターネットで検索すれば簡単に見つけることができます。

「雨漏りの修理業者を選ぶ3つのポイント」でお伝えした確実性の高い雨漏り種類の優良業者の特徴と照らし合せて業者を探すことで業者選びで失敗する可能性がグッと低下します。

2-1.インターネット検索で探す

雨漏りの修理業者選びの検索ワード

インターネットで検索をすることで、あなたの地元の専門業者が見つかります。「雨漏り修理 修理箇所 地域名」と検索するとあなたの地元の優良業者を見つけることができます。

「屋根修理業者の紹介サイト(一括見積もりサイト)」がヒットすることがありますが、このような一括見積もりサイトは広告代理店などに費用を支払い検索結果を操作していることが多く、実際に紹介される業者も営業に積極的な業者が多いので注意が必要です。

また、「雨漏り修理業者ランキング」や「リフォーム会社の評判・口コミサイト」は自作自演で掲載しているサイトも多く、「ランキングの調査方法」や「運営会社」をしっかりと記載しているサイト以外は信用しない方が安全です。

2-2.タウンページで探す

雨漏りの修理業者をタウンページで探す方法

タウンページはインターネット検索では検索できない専門業者を探すことができます。

タウンページに掲載されている専門業者はホームページを持っていない業者も多く、業者選びの判断材料となる情報量は少ないですが、”瓦業者”や”塗装業者”などの施工を専門とする業者が多数掲載されています。

ハウスメーカーや大手リフォーム会社の下請けとして施工を行っている業者も多く、自社で直接施工が行えるために相場価格よりも安い金額で修理をしてくる業者が見つかります。

3.雨漏り修理を業者に依頼する流れ

雨漏りを早期解決するために、お問い合わせの流れや事前に用意しておいた方が良いもの、お問い合わせの際に伝えた方が良い情報などについて解説します。

【ステップ1】お問い合わせ

電話やメール、お問い合わせフォームなどによって業者にコンタクトを取ります。雨漏り修理などの緊急性の高い場合は電話が一番確実だと思います。

業者にお問い合わせをする際は、分かる範囲で下記の基本情報を伝えるとその後の現地調査がスムーズに進みます。

  • お名前
  • ご住所
  • 電話番号
  • 築年数・階数
  • 木造・鉄骨・RC
  • 屋根材の種類(瓦・スレートなど)
  • 外壁材の種類(サイディング・モルタルなど)
  • 雨漏りの場所(状況)
  • 初めて漏れた日、最近漏れた日
  • どんな雨や風の時に漏れるか
  • 住宅の図面の有無
  • 現地調査希望日(2〜3案)

【ステップ2】現地調査・応急処置

実際に屋根に上り状況を確認します。ホースで水をかける散水調査を実施する際は水道をお借りする場合があります。

また、「明らかに雨の入る隙間がある」「近日中に雨が降りそう」という場合、応急処置を提案することがあります。

その場合は、作業内容にもよりますが平均3万円〜5万円ほどの補修費用が発生する場合があります。

応急処置や散水調査などのお客様にご負担頂くもに関しては事前に金額や使用許可について承諾をとって進めるものです。

もし、勝手に応急処置を行ったり、水道を使用している場合は他の業者に現地調査を依頼した方が無難です。

【ステップ3】見積書提出・検討・契約

現地調査によって雨漏りの原因が特定できると、適切な修理方法が分かります。

雨漏りの原因にもよりますが、雨漏り修理の方法は1つだけではなく、部分的に修理する部分補修や全体的に修理をする全体補修など複数の修理方法があります。

複数の修理方法の中から最も確実性の高い工法で修理をする必要がありますが、お客さ様の予算や修理の確実性などをヒアリングした上で最適な修理方法を決定します。

例えば、屋根の雨漏り修理は屋根を全面的に張り替える葺き替え工事や、雨漏りの発生箇所だけを修理する部分補修などの修理方法があり、それぞれの見積もり価格と工事の確実性踏まえて、最も最適な工事方法を決定します。

そして、お客様が納得して頂いた上で工事契約を交わし、実際に雨漏り修理が始まります。

4.雨漏り修理の方法

雨漏り修理は雨漏りの発生原因や発生箇所によって工事方法が異なります。

業者によっては簡単な部分補修で修理できるような内容であっても、「屋根の葺き替え工事」や「屋根のカバー工法」などの高額な工事を提案する業者も少なくありません。

突然訪問してきたリフォーム業者に屋根の劣化や雨漏りの危険性を指摘されて屋根修理を提案された場合は、絶対に即決せずに調査方法や修理方法の妥当性について確認することが重要です。
あもr
雨漏りを適切な方法で修理するために、ここからは雨漏りの修理方法について理解を深めましょう。

4-1.屋根の雨漏りの修理方法

屋根の雨漏り修理

屋根の雨漏りは谷樋の交換や棟板金の交換などの簡単な部分補修や屋根材を新しくする屋根の葺き替え工事やカバー工法による雨漏り修理が一般的です。

谷樋や棟板金が雨漏りの原因の場合、部分補修で修理が可能で5万〜10万円ほどで修理が可能です。

一方で、屋根材の中にあるルーフィング(防水シート)が破れてしまい、複数の箇所から雨漏りが発生している場合は、屋根を新しく張り替える”屋根の葺き替え工事”や”カバー工法”による修理が一般的です。

屋根の雨漏り修理の方法について具体的に見て行きましょう。

4-1-1.屋根の谷樋の交換

屋根の谷樋の部分修理

谷樋は屋根に降った雨漏りが集まる箇所で経年劣化で穴が開きやすい箇所です。そのため、屋根の中でも雨漏りが発生しやすい箇所になります。

谷樋はメンテナンス性に優れており谷樋の「穴あき」や「錆び」などが原因で雨漏りが発生した場合は谷樋を交換する部分補修による修理が可能です。

その場合の修理費用は3万円〜10万円が相場です。

4-1-2.屋根の棟板金の交換

屋根の棟板金の部分修理(交換)

スレート屋根やトタン屋根の棟部分(屋根のてっぺん)は棟板金(むねばんきん)と呼ばれる金属のカバーがされています。

この棟板金は釘で固定されていますが、経年劣化で釘が錆びたり緩んだりします。その他に、棟板金自体も錆びることで穴が開いてしまいます。

そうすると棟板金が浮いてしまい、雨水が屋根の内部に侵入することで雨漏りが発生します。

屋根の棟板金が原因の雨漏りの場合は、棟板金を交換する部分補修が一般的です。

その場合の修理費用は3万円〜10万円ほどが相場です。

4-1-3.屋根の漆喰補修

屋根の棟の漆喰補修工事

瓦屋根の棟部分(てっぺん)にある棟瓦は土の土台の上に乗っています。この棟瓦の土台の土を土葺き(どぶき)と言いますが、この土葺きが外に流れでないように蓋をしているのが漆喰です。

この漆喰は経年劣化で”剥がれ”や”ひび割れ”が生じます。このような”剥がれ”や”ひび割れ”の箇所から雨水が侵入して雨漏りの原因になります。

屋根の漆喰が原因の雨漏りの場合、古い漆喰を剥がして再度新しい漆喰を塗る「漆喰補修工事」による雨漏り修理が一般的です。

また、棟全体の漆喰が劣化をして、棟の内部の土葺きが流れ出ている状態の場合は、既存の棟瓦を撤去して、再度積み直し、漆喰を補修する漆喰の詰め直し工事による修理が行われるのが一般的です。

漆喰補修工事の費用は5万円〜15万円ほどが相場です。

4-1-4.天窓(トップライト)の修理

屋根の天窓(トップライト)の雨漏り修理

天窓(トップライト)は屋根から突起しているために雨漏りが発生しやすい箇所になります。特に、ガラスのゴムパッキン(ビート)から雨漏りが発生しやすいのが特徴です。

ガラスのゴムパッキンが原因の雨漏りはシリコンの増し打ちで修理ができるケースが多いです。

一方で、サッシのはめ合わせなど雨仕舞の構造的な雨漏りは、オススメはできませんが天窓の交換や撤去といった修理方法が一般的です。

シリコンの増し打ちであれば、1万円〜3万円が相場です。一方で、交換や撤去は30万円〜80万円ほどが相場です。

4-1-5.屋根の葺き替え工事

瓦屋根の葺き替え工事い

屋根の葺き替え工事は、既存の瓦を撤去して新しい屋根材に張り替える修理方法ですが、ルーフィング(防水シート)が劣化して複数の箇所から雨水が侵入している場合は、屋根の葺き替え工事による雨漏り修理が一般的です。

スレート瓦やトタン屋根の場合は、カバー工法と呼ばれる既存の屋根に新しい屋根を被せる重ね葺きと呼ばれる施工方法による雨漏り修理が一般的です。

屋根の葺き替え工事は150万〜180万円が中心価格帯になります。一方で、カバー工法は80万円〜100万円ほどが相場です。

4-2.外壁の雨漏りの修理方法

外壁の雨漏り修理

雨漏りは屋根から発生することが多いですが、外壁の劣化が原因による雨漏りの劣化も少なくはありません。

外壁で雨漏りが発生しやすい箇所と具体的な修理方法について解説します。

4-2-1.外壁の部分補修

外壁の部分補修

外壁は”ひび割れ”や”破損箇所”から雨水が侵入して雨漏りが発生します。

外壁は外壁内部のルーフィングと呼ばれる防水シートが二次防水の役割を果たしているために、外壁材の内部に雨水が侵入しても雨漏りに発展することはありません。

しかし、外壁のひび割れや破損箇所が雨水の侵入経路であっても、二次防水のルーフィングを交換する必要があるために、「外壁の張り替え」と「ルーフィングの交換」が必要です。

その際の修理費用は15万〜30万円が相場です。

4-2-2.コーキングの補修

外壁のコーキングの補修

サイディング外壁はボードとボードの隙間にコーキングと呼ばれるゴム状のパッキンが充填されています。このコーキングは経年劣化で硬化してひび割れが発生します。

そのまま放置をすると、雨水が侵入して雨漏りの原因になります。

外壁の劣化と同様に二次防水のルーフィングが劣化している可能性が高いのでルーフィングの交換と外壁材の交換、コーキングの新規打ち替えが必要です。

その際の費用は15万〜30万円が相場です。

4-2-3.サッシの交換・補修

外壁サッシの部分補修

サッシ周りは外壁の中でも雨漏りが発生しやすい箇所になります。

特に、ガラスのパッキン(ビート)の経年劣化が原因で雨漏りが発生することが多く、ビートの交換程度で修理が完了するケースが多いです。

その他に、サッシは外壁とのはめ合わせ部分であるコーキングの劣化による雨漏りも発生し、その場合はサッシの交換やコーキングの打ち直し、ルーフィングの交換など大工事に発展します。

ガラスのビートの交換であれば、1万円〜3万円ほどが相場です。一方で、サッシの交換を伴う雨漏り修理は30万円〜80万円ほどが相場です。

4-3.ベランダの雨漏りの修理方法

ベランダの雨漏り修理

ベランダの雨漏りの原因は防水層の劣化、排水溝の詰まりなどが原因ですが、防水工事や軒天の交換などの修理方法が一般的です。

ベランダは住宅の中でも雨漏りの原因となりやすい箇所なので修理方法について見て行きましょう。

4-3-1.ベランダ防水工事

ベランダの防水工事

ベランダは防水層の”ひび割れ”が原因で雨水が侵入して雨漏りが発生する可能性が高いです。

ベランダの防水層の劣化が原因の雨漏りは、既存の防水層を撤去して新しい防水層を形成する防水工事による修理が一般的です。

その際の修理費用は15万円〜30万円が相場です。

4-3-2.軒天井の交換

ベランダ軒天の交換

排水溝がベランダ内部で詰まったり、ベランダの手すり(笠木)部分が原因の雨漏りベランダの軒天井部分に雨染みとなって広がります。

排水溝や笠木などの雨漏りの原因となる箇所を修理して、軒天を張り替えます。

その際の費用相場は10万円〜20万円ほどが相場です。

5.雨漏り修理の注意点

雨漏り修理は劣化症状によって様々な修理方法があるために、業者の現地調査の結果や提案する工法を信頼するしかありません。そのために、業者の誠実性や施工レベルの高さが求められます。
ここからは確実性の高い雨漏り修理を実現するために、雨漏り修理で押さえておくべき注意点について解説します。

5-1.雨漏りを放置しない

雨漏りは放置をしても何一つメリットはありません。雨漏りを放置しても腐食箇所や劣化箇所が拡大し修理費用が高額になる可能性があります。

雨漏りが発生したら絶対に放置をせずに早期解決をすることが重要です。

5-2.DIYで応急処置をしない

アルミテープやコーキングなどを使用してDIYで雨漏りの応急処置を行う方も少なく
ありませんが、転落や施工不良が発生する危険があるために、DIYでの雨漏りの応急処置や修理は絶対に行わないようにしましょう。

応急処置で一時的に雨漏りが止まったように思えても、雨水が侵入し続けているケースも非常に多く再度、雨漏りが発生した際に、屋根を葺き替える以外に選択肢がなくなってしまうケースも少なくありません。

初期段階であれば数万円で修理できる不具合であっても、再度発生した際は100万円以上のs高額な修理になるので、DIYで種類をせずに専門業者に現地調査を依頼して応急処置をしてもらうようにしましょう。

5-3.訪問販売業者に修理を依頼しない

雨漏りは訪問販売業者や営業会社に指摘されやすい箇所で、「雨漏りが発生しますよ」「すぐに屋根を葺き替えた方が良いですよ」と提案されるケースも少なくありません。

しかし、実際は雨漏りの危険があるような劣化はなく、葺き替えなどの大工事は必要のない場合が多いのが一般的です。

「専門家の言うことだから」と心配や不安に感じる気持ちもわかりますが、専門業者に再度現地調査を依頼して、しっかりと点検をすることが重要です。

まとめ

いかがでしたか?雨漏り修理についてご理解いただけたかと思います。

雨漏りは一度修理をしても再発する危険性が高く、初回の修理で確実に修理することが重要です。
そのため、本文中でもお伝えしている雨漏り修理で失敗しない3つのポイントを理解して、適正価格で確実に修理ができる施工箇所に応じた専門業者に修理を依頼することが大切です。