松戸市の屋根葺き替え工事 | 日本瓦をガルバリウム鋼板に葺き替え

松戸市の屋根葺き替え工事の施工事例

松戸市で瓦屋根の葺き替え工事を行いました。日本瓦の屋根を金属のガルバリウム鋼板屋根に張り替えました。松戸市の屋根葺き替え工事の施工事例をご紹介します。

松戸市の屋根葺き替え工事のお問い合わせの経緯

突然、訪問してきた屋根業者に「瓦がブヨブヨ浮いていいます」「このままだと、雨漏りがしますよ」と屋根の劣化を指摘されたことがキッカケで屋根の修理を検討されていました。

訪問業者に無料の屋根点検を提案されていましたが、インターネットで調べてみると評判が悪く、不審に感じたため、信頼できる他の業者での現地調査を検討されていました。

地元、インターネットで松戸市の屋根修理業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり、興味を持って頂きました。

屋根修理の専門業者として、千葉県を中心に1500件の施工実績があり、構造や設計に関する国家資格の建築士の資格を保有しているプロのスタッフが在籍している屋根の状態を適切に診断し、最適なメンテナンス方法を提案することができます。

このように弊社の誠実で正確な屋根点検と最適な修理方法を導く提案力に魅力を感じて頂き、現地調査のご依頼を頂きました。

松戸市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター

日本瓦の屋根をガルバリウム鋼板に張り替えました。

松戸市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター 松戸市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター

松戸市の屋根の葺き替え工事の担当者の提案内容

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状を確認させて頂きました。

築45年の日本瓦の屋根でした。訪問販売業者に「瓦がブヨブヨと浮いている」と屋根の劣化指摘されたようですが、過去に漆喰の補修工事など適切にメンテナンスがされており、訪問販売業者が指摘したような屋根材の劣化は見られませんでした。

ただし、築40年が経過しており屋根内部の二次防水の防水シートが劣化している可能性がありました。

防水シートの耐用年数は40年〜50年と言われています。防水シートが破れたり、隙間が生じると雨漏りが発生する可能性があるため、交換が必要な状態でした。

施主様に屋根の状態を説明させて頂き、メンテナンスのご予算や今後のライフサイクルをご相談させて頂き、屋根の葺き替え工事によるメンテナンスをご提案させて頂きました。

屋根の葺き替え工事とは既存の屋根を新しく張り替えるリフォーム工法です。今回は日本瓦から金属のガルバリウム鋼板に張り替えます。

その際に、屋根の内部の防水シートも張り替えるため根本的なメンテナンスを実現できます。ガルバリウム鋼板はメンテナンスフリーの屋根材のため将来的なメンテナンスの必要性がなくなります。

また、屋根が全体的に軽くなるため、建物の負担を軽減され、建物全体の耐震性も向上します。

このように日本瓦からガルバリウム鋼板に張り替えることで、一石二鳥、三鳥の効果を得られることから、現時点でもっとも費用対効果の高い屋根のメンテナンス方法としてガルバリウム鋼板への葺き替え工事をご提案させて頂きました。

松戸市の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは松戸市の屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

松戸市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

10年前に屋根の棟の漆喰補修がされていました。そのため、漆喰の劣化は見られずに非常にキレイな状態で保存されていました。

また、日本瓦の耐用年数は50年〜80年と非常に長期的です。そのため、経年劣化を理由に屋根材を張り替える必要はありませんでした。

ただし、屋根内部の防水シートが劣化している可能性が高く、交換必要な状態でした。本来であれば、既存の瓦を再利用する葺き直しによりメンテナンスを行うのが一般的です。

今回は、建物への負担を軽減して耐震性能を向上させるために、ガルバリウム鋼板に張り替えます。

松戸市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

一部トタン屋根がありました。トタンは金属鋼板に亜鉛メッキがされた屋根材です。表面の亜鉛が鋼板よりも早期に酸化することで芯材を保護する屋根材です。

耐用年数は25年〜30年になるため、ガルバリウム鋼板に張り替えます。

松戸市の屋根の葺き替え工事の工程と施工中の様子

ここからは松戸市の屋根葺き替え工事の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

屋根の葺き替え工事で失敗しやすいポイントや、初心者が注意すべき点をなども具体的に解説します。

【工程1】既存の瓦の撤去(瓦おろし)

まず始めに、既存の屋根材を撤去します。この工程を瓦おろしといいます。

松戸市の屋根葺き替え工事の瓦おろし

瓦おろしの工事中の様子です。瓦は瓦同士をはめ合わせて固定されています。

1枚ずつ丁寧に屋根から剥がしていきます。一箇所にまとめておき、後ほど屋根からおろします。

松戸市の屋根葺き替え工事の瓦おろし

瓦の撤去後の様子です。防水シートが破れて屋根に大きな隙間が生じています。

このような防水シートの劣化原因で雨漏りが発生します。

また、瓦を撤去した直後の屋根は土やホコリで非常に汚れています。この上に新しく屋根を施工するため、清掃を行います。

松戸市の屋根葺き替え工事の瓦おろし

屋根の清掃が完了しました。大屋根の瓦おろしの工程が完了しました。

【工程2】野地板の(コンパネ)の施工

瓦おろしの工程が完了したら、野地板を取り付けます。野地板とは屋根材の土台となるベニア合板です。

松戸市の屋根葺き替え工事の野地板の設置

屋根の片面に野地板を取り付けました。

屋根の野地板は板厚12mmの構造用合板というベニア合板が使用されます。

構造用合板は強度や耐水性、接着剤(ホルムアルデヒド)の種類などがJAS規格(日本農林規格)で規程されています。

屋根は建物の中でもっとも厳しい自然環境に晒されます。そのため、屋根の野地板は耐久性に優れた構造用合板が使用されます。

松戸市の屋根葺き替え工事の野地板の設置

構造用合板を屋根全体に設置をしたら、野地板の設置は完了です。

【工程3】防水シート(ルーフィング)の設置

野地板の設置が完了したら、防水シートを取り付けます。防水シートは屋根の二次防水として屋根の中でも特に重要な部材になります。

松戸市の屋根葺き替え工事の防水シートの設置

黒いシート状の素材が防水シートです。軒先から棟に向かって順番に防水シートを設置します。これは水の流れと防水シートの重なり代が逆目にならないようにするためです。

これが1箇所でも逆目になっている箇所があると、雨漏りのリスクが上がるため確認をしながら丁寧に施工をしました。

松戸市の屋根葺き替え工事の防水シートの設置

防水シートの施工が完了しました。防水シートにはいくつか種類がありますが、ガルバリウム鋼板屋根の場合、改質アスファルトルーフィングという耐久性に優れた製品を使用します。

【工程4】谷樋、棟下地の施工

防水シートの施工が完了したら、谷樋、棟下地を取り付けます。

松戸市の屋根葺き替え工事の役物の設置

こちらは谷樋です。屋根の谷部分の雨樋です。谷樋を取り付けたら、棟下地を取り付けます。この棟下地は棟板金を取り付けるため下地板を取り付けます。

【工程5】屋根材(ガルバリウム鋼板)の設置

谷樋・棟下地の設置が完了したら、いよいよ、屋根材を取り付けます。防水シート同様に軒先から棟に向かって順番にガルバリウム鋼板を取り付けます。

松戸市の屋根葺き替え工事の役物の設置

2段目〜3段目にかけて雪止め金具を取り付けました。ガルバリウム鋼板の製品はニチハの横暖ルーフという耐久性に優れた製品を使用します。費用対効果が高いのでオススメしている屋根材です。

松戸市の屋根葺き替え工事のガルバリウム鋼板の設置

ガルバリウム鋼板の設置が完了しました。最後に棟板金を取り付けたら施工完了です。

松戸市の屋根葺き替え工事の屋根板金の取り付け

棟板金の設置が完了しました。

松戸市の屋根葺き替え工事の工程と施工中の様子

松戸市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 松戸市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 松戸市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 松戸市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 松戸市の屋根葺き替え工事の施工後の様子