川崎市の屋根リフォーム | 棟板金が外れたや屋根をカバー工法でメンテナンス

川崎市の屋根リフォームの施工事例

神奈川県川崎市でカバー工法による屋根リフォームと、外壁塗装を施工させて頂きました。このページでは川崎市の屋根リフォーム、外壁塗装の施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

屋根のてっぺんの棟板金が外れて、地面に落下しているのを見つけたことがキッカケで修理を検討されていました。

インターネットで川崎市に対応できる屋根修理業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になり、興味を持って頂きました。ホームページのデザインが洗練されており、しっかりした会社の印象を受けたたため興味を持って頂き、現地調査のご依頼を頂きました。

屋根リフォームのビフォーアフター

経年劣化により棟板金が外れていました。

棟板金は部分修理でも修理ができいますが、屋根全体が劣化していたため、カバ工法による屋根の張り替え工事を施工しました。また、追加工事で外壁塗装もセットで施工して外装全体をリフォームしました。新築のようにキレイになりました。

川崎市の屋根リフォームのビフォーアフター

川崎市の屋根リフォームの担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の状態を確認させて頂きました。

屋根のてっぺんの棟板金が外れて庭に落下している状態でした。壊れた箇所だけ交換する部分補修でも修理が可能でしたが、屋根全体の防水性能が低下している状態だっため、カバー工法によるガルバリルム鋼板への葺き替え工事をご提案させて頂きました。

屋根のカバー工法とは既存の屋根を土台としてガルバリルム鋼板屋根を施工する工法です。

費用は高額になりますが、長い目で見たら費用対効果の高いリフォーム工法になります。

また、屋根と同様に外壁の劣化も見られたので、追加工事で外壁塗装もセットでご提案させて頂きました。外装全体をメンテナンスをしたことで新築時の輝きが復活しました。

川崎市の屋根リフォームの施工前の様子

ここからは屋根の劣化状態と現地調査の様子を見て行きましょう。

川崎市の屋根リフォームの施工前の様子

経年劣化で屋根の棟板金が外れて落下している状態でした。非常に危険なので早急に修理を行う必要がありました。

川崎市の屋根リフォームの施工前の様子

屋根全体に苔やカビが発生しています。

スレート屋根は屋根塗装によるメンテナンスが一般的ですが、コケが発生しており、塗装本来の耐用年数が得られない可能性があっため、カバー工法によりリフォームをします。

川崎市の屋根リフォーム工程と施工中の様子

ここからは具体的に屋根リフォームの工程と施工中の様子について見て行きましょう。

【工程1】棟板金の撤去

まずはじめに、棟板金を撤去します。また、雪止め金具も撤去して屋根を平坦にします。

川崎市の屋根リフォームの棟板金の撤去

棟板金を撤去すると棟下地と呼ばれる木材板がでてきます。こちらも撤去します。

川崎市の屋根リフォームの棟板金の撤去

棟下地を撤去しました。屋根が平坦になりました。

【工程2】防水シートの設置

棟板金の撤去が完了したら、防水シートを設置します。防水シートが屋根の二次防水になります。

川崎市の屋根リフォームの防水シートの施工

既存のスレート屋根の上に防水シートを設置していきます。

川崎市の屋根リフォームの水切りの設置

防水シートの設置が完了しました。防水シートを設置したら、屋根の端に水切りを取り付けます。

【工程3】屋根材(ガルバリルム鋼板)の施工

防水シートの施工が完了したら、屋根材を取り付けます。軒先から棟に向かって順番にガルバリルム鋼板を取り付けます。

川崎市の屋根リフォームのガルバリルム鋼板の取り付け

2段目〜3段目にかけて、雪止め金具を取り付けました。

川崎市の屋根リフォームのガルバリルム鋼板の取り付け

ガルバリルム鋼板の設置が完了しました。ガルバリルム鋼板はニチハの横暖ルーフという製品を使用します。

他のガルバリウム鋼板の製品と比べて耐久性に優れているのが特徴です。

川崎市の屋根リフォームのガルバリルム鋼板の取り付け

最後に棟板金を取り付けます。棟板金の接合部分をコーキングでシーリングを行います。

棟板金を取り付けたらカバー工法の工程は完了です。

屋根リフォームの施工後の様子

川崎市の屋根リフォームの施工後の様子 川崎市の屋根リフォームの施工後の様子 川崎市の屋根リフォームの施工後の様子 川崎市の屋根リフォームの施工後の様子 川崎市の屋根リフォームの施工後の様子 川崎市の屋根リフォームの施工後の様子 川崎市の屋根リフォームの施工後の様子 川崎市の屋根リフォームの施工後の様子 川崎市の屋根リフォームの施工後の様子 川崎市の屋根リフォームの施工後の様子

川崎市の外壁塗装の工程と施工中の様子

屋根リフォームとセットで外壁塗装も施工しています。ここからは川崎市の外壁塗装の工程と施工中の様子について具体的に見て行きましょう。

川崎市の外壁塗装の施工前の様子

施工前の外壁の様子です。モルタルの吹き付け塗装がされたサイディングでした。

経年劣化で塗装の防水性能が低下しており外壁塗装を行う必要がありました。それでは、具体的に外壁塗装の工程について具体的に見て行きましょう。

【工程1】高圧洗浄

まず初めに、高圧洗浄を行い、屋根の汚れをキレイに洗い流していきます。

川崎市の外壁塗装の高圧洗浄

高圧洗浄の施工中の様子です。高圧洗浄をした箇所と、しない箇所の違いが一目瞭然です。外壁塗装を行う外壁面全体を高圧洗浄でキレイに洗い流します。

【工程2】コーキングの交換

外壁の高圧洗浄が完了したらコーキングを交換します。コーキングとは外壁材と外壁材の隙間を埋めているゴム状のパッキンです。

川崎市の外壁塗装のコーキングの交換

経年劣化でコーキングに隙間が生じています。

川崎市の外壁塗装のコーキングの交換

カッターで切り込みを入れて、古いコーキング材を撤去します。

川崎市の外壁塗装のコーキングの交換

コーキングを撤去したらプライマーを塗布します。プライマーとはコーキング材と外壁の密着性を高める下地調整材です。

川崎市の外壁塗装のコーキングの交換

プライマーを塗布したら、コーキング材を充填します。

川崎市の外壁塗装のコーキングの交換

最後にヘラで表面を均したららコーキングの施工は完了です。

川崎市の外壁塗装のコーキングの交換

コーキングの施工が完了しました。

【工程3】外壁塗装の下塗り

コーキングが完了したら、いよいよ塗装工程に移行します。

外壁塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3回の重ね塗りで仕上げます。その中で、下塗りはシーラーと呼ばれる下地調整塗料を使用して、塗装の下地を整えます。

川崎市の外壁塗装の下塗り

ペイントローラーを使用してシーラーを塗布します。

【工程4】外壁塗装の中塗り

下塗りが完了したら、中塗りを行います。中塗りではメインの塗料を使用します。今回はラジカル塗料を使用しました。

川崎市の外壁塗装の中塗り

中塗りも下塗りと同様にペイントローラーを使用して塗装をしていきます。

【工程5】外壁塗の上塗り

中塗りと同じ塗料を使用して、上塗りを行います。

川崎市の外壁塗装の上塗り

中塗りと同じ工程を繰り返して3回の重ね塗りをしたら外壁塗装の工程は完了です。

【工程6】付帯部の塗装

最後に雨樋や雨戸、霧除け付帯部の塗装をします。

川崎市の付帯部の塗装

まずは、雨樋の塗装です。紙やすりを使用して汚れを削り落とします。

川崎市の付帯部の塗装

下地処理が完了したら、ペイントローラーで塗装をします。

川崎市の付帯部の塗装

こちらは霧除けです。鉄部塗装になるため、紙やすりでサビを除去します。

川崎市の付帯部の塗装

最後に塗装をしたら完了です。