横浜市の屋根修理 | 外れた棟瓦を棟の取り直し工事で完全に修理

保土ヶ谷区の屋根修理の施工事例

神奈川県横浜市で瓦屋根の漆喰補修工事を施工しました。神奈川県横浜市の屋根修理の施工事例をご紹介します。

横浜市の屋根修理のお問い合わせの経緯

アパートの入居者から「屋根の瓦がズレていて落ちてきそう」と連絡があり修理を検討していました。

管理会社に現地調査を行ってもらったところ、瓦が2枚、外れているとの内容でした。

そのまま、管理会社に見積もりを出してもらったところ、120万円と非常に高額な内容にだったため、他の業者での修理を検討されていました。

インターネットで横浜市の屋根修理業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になり、興味を持って頂きました。

屋根修理の専門業者として屋根の状態を適切に判断し、施主様の予算の範囲内で最適な修理方法を提案することができます。このような理由から現地調査のご依頼をいただきました。

横浜市の屋根修理の担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状を確認させていただきました。

屋根のてっぺんにある、棟瓦の釘が抜けており、瓦が外れている状態でした。

瓦が落下すると非常に危険なので早急に修理が必要な状態でした。棟瓦を固定している釘が全体的に浮いている状態だったため、棟全体を修理する必要がありました。

そのため、棟瓦の積み直し工事による修理をご提案させていただきました。

横浜市の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは具体的に屋根の劣化症状と現地調査の様子についてみていきましょう。

保土ヶ谷区の屋根修理の施工前の様子

棟瓦が外れています。瓦の土台となる漆喰も劣化しており修理が必要な状態でした。

保土ヶ谷区の屋根修理の施工前の様子

セメント瓦ですが、経年劣化でコケなどの汚れが目立ちます。再塗装によるメンテナンスのタイミングではありましたが、今回は、施主様の予算を加味して必要最低限の修理で対応します。

横浜市の屋根修理の工程と施工中の様子

ここからは横浜市の屋根修理の工程と施工中の様子についてみていきましょう。

【工程1】既存の棟瓦の解体

まず始めに、既存の棟を解体します。

保土ヶ谷区の屋根修理の漆喰の撤去

棟瓦を外して棟の漆喰を撤去していきます。

【工程2】漆喰の施工

既存の漆喰の撤去が完了したら、新しい漆喰を施工します。

保土ヶ谷区の屋根修理の漆喰の施工

漆喰を施工しました。漆喰は棟瓦の土台となる部材です。

【工程3】棟瓦の設置

漆喰の設置が完了したら冠瓦を取り付けます。

保土ヶ谷区の屋根修理の瓦の設置

冠瓦の設置が完了しました。このままだと瓦が乗っているだけの状態なのでビスで固定します。

保土ヶ谷区の屋根修理の釘の取り付け

ビスを打ち込み、固定したら瓦の施工は完了です。

【工程4】コーキングの施工

最後にコーキングで防水処理を行ったら完了です。

保土ヶ谷区の屋根修理のラバーロック

横浜市の屋根修理の施工後の様子

保土ヶ谷区の屋根修理の施工後の様子 保土ヶ谷区の屋根修理の施工後の様子