屋根リフォーム(カバー工法)|我孫子市(T様邸)

スレート屋根のカバー工法の完成

我孫子市でカバー工法による屋根リフォーを施工させて頂きました。

ビフォーアフター

我孫子市のカバー工法のビフォーアフター

スレート屋根の耐用年数(寿命)は25年〜30年ですが、耐用年数が経過したスレート屋根は屋根塗装を行ってもすぐに塗装が剥がれてしまう恐れがあるので、カバー工法による屋根リフォームを提案させて頂きました。

カバー工法とは既存の屋根材の上から新しい屋根材を被せる(カバーする)スレート屋根に特化した屋根の葺き替え工法になります。

屋根塗装に比べて費用は高いですが、メンテナンスフリーの屋根材として人気のガルバリウム鋼板で葺き替えることで、将来的に屋根塗装によるメンテナンス費用を節約することができます。

ガルバリウム鋼板による屋根のリフォームは品質面、経済面ともに費用対効果の高いリフォームになるので屋根リフォームを検討している方は一度、検討されることをオススメします。

施工前の様子

スレート屋根は塗装によって防水性能を確立していますが、経年によって塗装が劣化し、チョーキング現象と呼ばれる劣化症状が発生していました。

屋根材の防水性能が低下していることから、ところどころカビも発生しています。

スレート屋根の施工前の様子

屋根材にひび割れが発生しています。このようなひび割れを放置すると雨漏りの原因になるので、早急なメンテナンスが必要です。

スレート屋根のひび割れ

施工中の様子

棟板金の撤去

まずはじめに、既存の棟板金を撤去します。

スレート屋根の棟板金の撤去

屋根の防水シートと役物の設置

棟板金を撤去したら、既存の屋根材の上から防水シートを設置します。そして、ケラバ(屋根の端の部分)に金属製の役物を取り付けて雨仕舞いを行います。

スレート屋根の防水シートの設置

防水シートは雨水が防水シートの中に入り込まないように、軒先から棟(下から上)に向かって順番に葺いていきます。

スレート屋根の防水シートの設置

貫板の設置

防水シートを設置したら、棟板金を取り付けるための木材(貫板)を設置します。

スレート屋根の貫板の設置 スレート屋根の防水シートの設置

屋根材の設置

貫板を設置したら、新しい屋根材を設置します。防水シートの設置と同様に軒先部分から棟部分に向かってガルバリウム鋼板を設置します。

スレート屋根の新規屋根材の設置

棟板金の設置

最後に、棟板金を取り付けて屋根のカバー工法は完了です。

スレート屋根のカバー工法の完成