屋根リフォームで失敗しない適切な費用相場を屋根材の種類別に全解説

野地板の設置

屋根リフォームは屋根材の種類によってリフォーム工法が異なります。

スレート屋根の場合、カバー工法でガルバリウム鋼板に張り替えるのが一般的ですが、100万円〜150万円が中心価格帯になります。

一方で、瓦屋根を葺き替え(張り替える)場合、180万円〜250万円が中心価格帯になります。

同じ工事に内容であってもリフォーム業者によって費用が異なるため、屋根リフォームの工法別の費用相場を理解して臨むことが重要です。

そこで、この記事では屋根リフォームで失敗しない屋根リフォームの費用相場について具体的に解説します。

屋根リフォームの大体の費用相場をお伝えするだけではなく、屋根材別のリフォーム工法と費用相場について具体的に解説します。

この記事を読むだけでは、あなたの自宅に限りなく近い費用相場が分かると思うので是非、参考にして頂ければと思います。

屋根リフォームの費用相場

屋根リフォームの工法別の価格帯
工事内容 施工単価 単位 概算費用
屋根塗装 ¥5,600〜¥6,475 ¥336000〜¥388,500
瓦の葺き直し ¥10,000~¥12,000 ¥600,000~¥720,000
屋根カバー工法 ¥11,550〜¥18,480 ¥693,000〜¥1,108,800
屋根葺き替え ¥30,000〜¥40,000 ¥180,000〜¥2,400,000

屋根リフォームには「屋根塗装」「瓦の葺き直し」「屋根カバー工法」「屋根葺き替え」の3つの種類がありますが、屋根塗装は30万円〜40万円、屋根カバー工法は70万円〜120万円、屋根の葺着替え工事は180万円〜240万円ほどが中心価格帯になります。

屋根別にリフォーム工法が異なるために、屋根材別に屋根リフォームの費用相場について見て行きましょう。

スレート屋根のリフォームの費用相場

工事内容 施工単価 単位 概算費用
屋根塗装 ¥5,600〜¥6,475 ¥336000〜¥388,500
屋根カバー工法 ¥11,550〜¥18,480 ¥693,000〜¥1,108,800

スレート屋根は屋根塗装リフォームであれば、30万円〜40万円が中心価格帯です。築年数30年を目安に屋根カバー工法による屋根の葺き替え工事が一般的です。屋根カバー工法は70万円〜120万円が中心価格帯になります。

瓦屋根のリフォームの費用相場

工事内容 施工単価 単位 概算費用
瓦の葺き直し ¥10,000~¥12,000 ¥600,000~¥720,000
屋根葺き替え ¥30,000〜¥40,000 ¥180,000〜¥2,400,000

日本瓦の屋根リフォームは「瓦の葺き直し」と「屋根の葺き替え」が一般的なリフォーム工法になります。

瓦の葺き直しとは、屋根材を撤去後、屋根内部のルーフィングシートを張り替える工法で、既存の日本瓦を再利用するリフォームの工法のため、安く屋根をメンテナンスすることができます。屋根の葺き直しの費用相場は、60万円〜80万円が中心価格帯になります。

一方で、屋根を新しく葺き替える(張り替える)場合は、180万円〜240万円が中心価格帯になります。

瓦屋根は「日本瓦」か「ガルバリウム鋼板」葺き替えられるのが人気です。特に、日本瓦からガルバリウム鋼板に葺き替えることで、屋根が1/10も軽くなるため建物全体の耐震性能が向上します。

そのため、ガルバリウム鋼板に葺き替えるのが現在の主流になっています。

トタン屋根のリフォーム費用の相場

工事内容 施工単価 単位 概算費用
屋根塗装 ¥5,600〜¥6,475 ¥336000〜¥388,500
屋根カバー工法 ¥11,550〜¥18,480 ¥693,000〜¥1,108,800
屋根葺き替え ¥30,000〜¥40,000 ¥180,000〜¥2,400,000

トタン屋根は塗装によって防水性能を確立しているため10年に一度を目安に屋根塗装が必要になります。また、トタン屋根の耐用年数は20年〜25年でカバー工法でガルバリウム鋼板に葺き替えられるのが一般的です。その際の、リフォーム費用は70万円〜120万円が相場です。

しかし、トタン屋根は耐用年数が経過して使用されている場合も多く、下地が腐食していることが多いです。下地が腐食している場合は屋根の葺き替えにより、リフォームを行います。その際の、リフォーム費用は180万円〜240万円が中心価格帯になります。

屋根リフォームの費用を安くする方法

屋根リフォームは同じ工事内容であっても業者によって見積もり価格が異なります。適正価格で高品質な屋根リフォームを実現するためには、適正価格で工事ができる優良業者に依頼することが重要です。

例えば、実際の弊社の事例ですが、訪問販売業者に屋根の劣化を指摘されて、屋根葺き替え工事を提案された施主様がいらっしゃいました。その見積もり価格が300万円と非常に高額に感じて弊社に相見積もりのご依頼を頂きました。

詳しく現地調査を行った結果、カバー工法で150万円でリフォームができる内容でした。その差、なんと150万円。

屋根リフォームにはこのような価格差は珍しくありません。そのため、屋根リフォーム際はしっかり優良業者を見極めて適正価格で工事ができる業者に依頼することが重要です。

それでは、具体的にどのように優良業者を見極めれば良いのでしょうか?屋根リフォームを適正価格で行える優良業者の選びかたについて具体的に解説します。

自社直接施工の業者に依頼をする

屋根リフォームの費用を安く適正価格で行うには自社直接施工の業者が有利です。そもそも、リフォーム会社は自社で直接施工を行う自社直接施工業者と、実際の工事を下請け業者に委託する外注業者の2つの種類に分けられます。

前者の自社直接施工業者は、下請け業者に委託しないため、適正価格で修理ができる可能性が高いです。一方で、外注施工業者は実際の工事を外注業者に委託するため、中間マージンが発生するため、施工費用が高額になります。

このように業者の施工形態によって同じ工事であっても費用が異なるため、屋根リフォームを依頼する際は自社施工の業者に依頼することが重要です。

会社の企業情報を確認する

屋根リフォーム依頼する際は必ずホームページで企業情報を確認することが重要です。会社の「住所」「電話番号」は確認しましょう。

近年インターネット集客が主流になっており、悪徳業者もホームページを所有しています。ホームページはデザインでいくらでもごまかすことができるため、「住所」や「電話番号」などの企業情報が記載されていることを確認しましょう

悪徳業者を掴んでしまうと、相場価格で工事ができないばかりではなく、不必要な高額な工事を提案されることがあるためん、しっかりと企業情報を確認することが重要です。

まとめ

いかがでしたか?屋根リフォームの費用相場についてご理解いただけたかと思います。屋根リフォームは業者によって費用が変動するため、しっかりと費用相場を理解して臨むことが重要です。