屋根修理(千葉市)|歪んで倒壊の危険があった棟を取り直し工事で根本修理!

千葉市の屋根修理(棟の積み直し工事)の施工事例

千葉県千葉市で瓦屋根の棟の取り直し工事を施工させて頂きました。

棟とは屋根の頂点部分を指しますが、瓦屋根の頂点には土(粘土)の土台が詰まっており、漆喰と呼ばれる塗り壁素材で、蓋がされています。

その漆喰は経年劣化でひび割れが発生したり、剥がれるなどの症状が発生するため、定期的な点検が必要になります。

この記事では千葉県千葉市の瓦屋根の葺き替え工事の施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

築年数35年の日本瓦の戸建て住宅ですが、台風の翌日に屋根から白い石のような素材(漆喰)が落ちているのを発見して屋根の点検を検討されていました。地元の屋根業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になり、興味を持って頂きました。

千葉市の施工事例が豊富に掲載されており、ホームページの内容からも信頼性を感じて頂き、現地調査(屋根点検)の依頼を頂きました。

ビフォーアフター

千葉市の屋根修理(棟の積み直し工事)のビフォーアフター 千葉市の屋根修理(棟の積み直し工事)のビフォーアフター 千葉市の屋根修理(棟の積み直し工事)のビフォーアフター
担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の状態を確認させて頂きました。実際に屋根に上がり、屋根点検を行った結果、棟部分の漆喰が全体的に劣化しており、「ひび割れ」や「剥がれ」が発生している状態でした。

一部、漆喰が剥がれて、棟内部の粘土が流出している箇所がありました。棟の内部の粘土が流出してしまうと、屋根の棟部分が空洞になり、地震や台風などで棟が歪んだり、倒壊してしまう恐れがあります。

根本的な修理を実現するために、既存の棟を撤去して、新しい棟を取り直す、「棟の取り直し工事」をご提案させて頂きました。

屋根の劣化症状と現地調査の様子(千葉市花見川区)

ここからは実際の施工事例をご紹介します。まずは、屋根の劣化症状と現地調査の様子について見て行きましょう。

千葉市の棟の積み直し工事の施工前の様子

屋根の棟の中には葺き土と呼ばれる粘土が詰まっており、この葺き土が屋根の外に流出しないように蓋をしているのが漆喰です。

屋根の頂点(棟)の白い素材が漆喰ですが、カビが生えて黒く変色している箇所があり、一部剥がれも見られます。

漆喰が剥がれてしまうと、棟の内部の葺き土が棟の外に流れ出てしまい、棟の内部が空洞になってしまいます。

棟が空洞になってしまうと、棟が歪んだり、最悪、倒壊してしまう恐れがあるため、漆喰の劣化は絶対に放置せずに、早急に修理をすることが重要です。

千葉市の棟の積み直し工事の施工前の様子

漆喰が剥がれて葺き土が外に流出しています。棟瓦も歪んでおり具体的なメンテナンスが必要な状態でした。

千葉市の棟の積み直し工事の施工前の様子

隅棟(下に降る棟)の漆喰です。経年劣化で黒く変色してボロボロと剥がれています。隙間も空いてしまっており、地震や台風で漆喰が落下する危険が高いです。

ちなみに漆喰は石のように硬い素材のため、落下して直撃すると大変危険です。

千葉市の棟の積み直し工事の施工前の様子

こちらは先ほどと逆側の漆喰の状態です。経年劣化でボロボロと剥がれが生じています。

これからすべての棟を一度。解体して新しい棟を取り直します。

棟の取り直し工事の工程と施工中の様子(千葉市花見川区)

ここからは実際の棟の取り直し工事の施工中の様子について見て行きましょう。

「棟の取り直し」とは既存の棟を一度、解体して再度、棟を取り直す工事です。新しく棟を取り直すことで、棟の内部の葺き土から漆喰、瓦の歪みなどを根本的に修理をすることができます。

【工程1】既存の棟の撤去・解体

まず始めに、既存の棟を撤去・解体します。漆喰を撤去してから冠瓦を取り外します。その後、葺き土を撤去します。

千葉市の棟の積み直し工事の施工前の様子

葺き土を蓋をしている漆喰を撤去しました。内部に土が見えますが、この土が葺き土で棟に詰まっています。

千葉市の棟の積み直し工事の既存の棟の解体

漆喰を撤去したら冠瓦を取り外します。冠瓦を取り外すと、葺き土が出てきます。瓦屋根の構造はあまり知られていませんが、屋根の上に粘土が乗っていると聞いて驚く施主様も多いです。

千葉市の棟の積み直し工事の施工前の様子

葺き土は粘土ですが、基本的には土です。一気にはがすとごっそりと屋根から剥がれて落ちて屋根から落下すつ恐れがあるため、粘土の亀裂を確認しながら丁寧に撤去します。

千葉市の棟の積み直し工事の既存の棟の解体 千葉市の棟の積み直し工事の既存の棟の解体 千葉市の棟の積み直し工事の既存の棟の解体 千葉市の棟の積み直し工事の既存の棟の解体 千葉市の棟の積み直し工事の既存の棟の解体

【工程2】南蛮漆喰(シルガード)の施工

既存の棟を撤去したら南蛮漆喰を施工します。従来の棟は葺き土が使用されていましたが、現在では南蛮漆喰が使用されます。

千葉市の棟積み直し工事の南蛮漆喰の施工

南蛮漆喰を施工しています。南蛮漆喰とは従来の漆喰にシリコン樹脂などを混合して耐久性や耐水性能を高めた製品になります。シルガードと呼ばれる製品を使用しています。

漆喰の取り直し工事の見積書には南蛮漆喰ではなく、シルガードと記載されることもあるため、参考までに理解しておきましょう。

千葉市の棟積み直し工事の南蛮漆喰の施工

大棟、隅棟ともに南蛮漆喰を施工します。

千葉市の棟積み直し工事の南蛮漆喰の施工 千葉市の棟積み直し工事の南蛮漆喰の施工 千葉市の棟積み直し工事の南蛮漆喰の施工 千葉市の棟積み直し工事の南蛮漆喰の施工 千葉市の棟積み直し工事の南蛮漆喰の施工 千葉市の棟積み直し工事の南蛮漆喰の施工 千葉市の棟積み直し工事の南蛮漆喰の施工 千葉市の棟積み直し工事の南蛮漆喰の施工

【工程3】冠瓦の施工

南蛮漆喰の施工が完了したら最後に、冠瓦を取り付けたら施工完了です。

千葉市の棟撮り直し工事の棟瓦の施工

冠瓦を取り付けています。棟から伸びている針金を冠瓦に通して、しっかりと固定をしたら棟の取り直し工事は施工完了です。

千葉市の棟撮り直し工事の棟瓦の施工

漆喰取り直し工事の施工後の様子(千葉市花見川区)

千葉市の棟撮り直し工事の施工後の様子 千葉市の棟撮り直し工事の施工後の様子 千葉市の棟撮り直し工事の施工後の様子 千葉市の棟撮り直し工事の施工後の様子 千葉市の棟撮り直し工事の施工後の様子 千葉市の棟撮り直し工事の施工後の様子 千葉市の棟撮り直し工事の施工後の様子