【市川市】屋根カバー工法|欠落したシングル材をカバー工法でガルバリウム鋼板に張り替え

市川市の屋根カバー工法の施工事例

千葉県市川市でアスファルトシングル屋根を、カバー工法でガルバリウム鋼板屋根に葺き替えました。

お問い合わせの経緯

お問い合わせの経緯

強風で屋根材のアスファルトシングル材が剥がれたことがキッカケで修理を検討されていいました。

インターネットで、市川市に対応できる地元の屋根業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になり、興味を持っていただきました。

即日対応で応急処置を行える地域性と、雨漏理診断士や建築士など、屋根修理に有効な資格を保有していることに信頼性を感じてくださり、お問い合わせをいただきました。

ビフォーアフター

市川市の屋根カバー工法の施工事例

強風で剥がれたアスファルトシングル屋根をカバー工法でガルバリウム鋼板に張り替えました。

担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い、屋根の不具合を確認させていただきました。

築年数25年のアスファルトシングル屋根の戸建て住宅でしたが、強風で屋根材が剥がれて、屋根内部の防水シートが剥き出しになってしまいました。

アスファルトシングルはシート状の屋根材でお洒落な雰囲気を演出できます。しかし、スレート瓦と比べて、若干、耐久性に劣るため、20年〜25年を目安にメンテナンスが必要になります。

今回の不具合も、アスファルトシングル材の劣化が原因で、部分補修で修理をしてもすぐに別の箇所から不具合が発生する可能性が高かったため、全体的に屋根材を新しく張り替える必要がありました。

そのため、カバー工法によるガルバリウム鋼板への張り替えをご提案させていただきました。

屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは、屋根の劣化症状と現地調査の様子について見ていきましょう。

強風で剥がれたアスファルトシングル

アスファルトシングルはシート形状の屋根材ですが、強風で屋根材が剥がれていました。

強風で剥がれたアスファルトシングル

築年数25年が経過しており、全体的に劣化している状態でした。

部分補修で修理をしても、また別の箇所から不具合が発生する可能性が高いため、全体的なメンテナンスが必要な状態でした。

剥がれたアスファルトシングル材の応急処置

養生シートで応急処置を行いました。防水シートが機能しているため、雨漏りに発展することはありませんが、ひとまずは、安心です。

屋根のカバー工法の工程と施工中の様子

屋根のカバー工法とは既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねるリフォーム工法です。

アスファルトシングルやスレート瓦では一般的なリフォーム工法です。

具体的にどのような工程で工事が進捗するのか、実際の施工写真をもとにご紹介します。

【工程1】棟材の撤去

まず始めに、屋根の棟部分の屋根材を撤去します。

屋根カバー工法は既存の屋根の上に新しい屋根を被せるリフォーム工法です、そのため、雪止め金具などの障害物になるものをすべて撤去します。

棟シートの撤去

屋根の棟材を撤去しました。スレート屋根の場合、棟板金という、金属カバーが取り付けられています。

アスファルトシングルの場合は、屋根材と同様のシングル材(棟材)が施工されています。

棟シートの撤去

棟材の撤去が完了しました。この状態からガルバリウム鋼板屋根を施工します。

【工程2】防水シート(アスファルトルーフィング)の施工

棟材の撤去が完了したら、防水シート(アスファルトルーフィング)を施工します。

ルーフィングシートの施工

軒先(底部)から棟(後部)に向かってルーフィングシートを重ねていきます。

既存の屋根材のアスファルトシングル材は、構造的にはこのルーフィングシートに石粒を吹き付け塗装を施した屋根材です。

ルーフィングシートの施工

ルーフィングシートの施工が完了しました。ルーフィングシートは屋根の二次防水として、重要な素材にになります。

いくつか種類がありますが、ガルバリウム鋼板屋根の場合、改質アスファルトルーフィングという耐久性に優れた製品を使用します。

【工程3】屋根材(ガルバリウム鋼板)の施工

ルーフィングシートの施工が完了したら、いよいよガルバリウム鋼板を施工します。

屋根材(ガルバリウム鋼板)の施工

ルーフィングシートと同様に軒先から棟に向かって、ガルバリウム鋼板の板を設置していきます。

2段目〜3段目にかけて、雪止め金具を設置します。ガルバリウム鋼板の施工が完了したら、棟板金を取り付けるため、棟下地を取り付けます。

【工程4】棟板金・屋根板金の施工

ガルバリウム鋼板の施工が完了したら、棟板金を取り付けます。その後、外壁と屋根の取り合い部分に、雨押さえを取り付けます。

棟板金のシーリング

棟板金を取り付けたら、取り合い部分にコーキングを施工します。

棟板金のシーリング

棟板金の施工が完了しました。

屋根材(ガルバリウム鋼板)の施工

下屋根の屋根と外壁の取り合い部分には、「雨押さえ」という雨仕舞いの部材を取り付けます。

屋根カバー工法のすべての工程が完了しました。

屋根カバー工法の施工後の様子

屋根カバー工法の施工後の様子 屋根カバー工法の施工後の様子 屋根カバー工法の施工後の様子 屋根カバー工法の施工後の様子