鎌ヶ谷市の屋根修理 | 瓦屋根をラバーロック工法で瓦止め修理をしました

鎌ヶ谷市の屋根修理の施工事例

鎌ヶ谷市で瓦屋根の修理をしました。瓦どめ(ラバーロック)工事で地震の時も安心安全な屋根に生まれ変わりました。

鎌ヶ谷市の屋根修理のお問い合わの経緯

近所でリフォーム工事をしているリフォーム会社に「瓦がズレていますよ」「修理した方が良いですよ」と屋根の劣化を指摘されて修理を検討されていました。

無料で点検をしてくれると言うので、お願いしたところ、高額な屋根の葺き替え工事を提案され少し不審に感じたようです。

一度、しっかりと屋根修理の専門業者に屋根の状態を見てもらいたいということで、鎌ヶ谷市に対応できる屋根修理業者を探されていました。

インターネットで弊社のホームページをご覧になり、興味を持って頂きました。

建築士の国家資格を保有者が在籍しており、屋根の劣化症状から最適な修理を方法を提案する誠実性に信頼してくださり、現地調査のご依頼を頂きました。

鎌ヶ谷市の屋根修理の担当者の提案内容

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状を確認させて頂きました。

築30年が経過した瓦屋根でした。漆喰が劣化しており、屋根の棟の冠瓦が数枚ズレている状態でした。

訪問販売業者からは屋根の葺き替え工事をご提案されたようですが、屋根材の部分補修で十分対応できる状態でした。

修理方法について施主様とご相談させて頂き、必要最低限の修理だけで対応させて頂きました。

そのため、屋根の安全性を考慮して、瓦どめ工事(ラバーロック工法)による修理をご提案させて頂きました。

鎌ヶ谷市の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは鎌ヶ谷市の屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

鎌ヶ谷市の屋根修理の施工前の様子

築30年の瓦屋根です。訪問販売から屋根の劣化を指摘され、屋根の葺き替え工事を提案された屋根です。

屋根材のセメント瓦は耐用年数が40年と耐久性に優れた屋根材です。屋根材自体もまだまだ使用できる状態で特に、理由がかぎり、新しく屋根材を張り替える必要はありませんでした。

しかし、経年劣化により屋根材がズレている箇所があり雨水が侵入する恐れがあるため、修理が必要な状態でした。

鎌ヶ谷市の屋根修理の施工前の様子

瓦本体です。こちらもまだまだ使用できる状態でした。

ただし、瓦屋根は基本的に屋根に乗っている状態で、釘で固定されている訳ではないため、地震や台風で落下する恐れがあります。

そのため、瓦どめ工事で瓦同士を固定することで、地震で瓦が落下する危険をなくすことができます。

鎌ヶ谷市の屋根修理の工程と施工中の様子

ここからは鎌ヶ谷市の屋根修理の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

鎌ヶ谷市の屋根修理のコーキングの施工

瓦どめ工事とは瓦同士をコーキングで連結することで結束力を強化する工事です。

瓦と瓦のつなぎ目にコーキングを充填していきます。まずは、棟瓦をコーキングで固定していきます。

鎌ヶ谷市の屋根修理のコーキングの施工

こちらは瓦の本体です。

瓦の全てをコーキングで固定するのではなく、しっかりと水の逃げ道を確保してコーキングを施工します。

すべての瓦をコーキングで固定したら瓦どめ工事は完了です。

鎌ヶ谷市の屋根修理の施工後の様子

鎌ヶ谷市の屋根修理のコーキングの施工 鎌ヶ谷市の屋根修理の瓦どめ工事の施工後の様子 鎌ヶ谷市の屋根修理の瓦どめ工事の施工後の様子 鎌ヶ谷市の屋根修理の瓦どめ工事の施工後の様子 鎌ヶ谷市の屋根修理の瓦どめ工事の施工後の様子 鎌ヶ谷市の屋根修理の瓦どめ工事の施工後の様子