渋谷区の屋根リフォーム | アパートの屋根をガルバリウム鋼板に張り替え

八千代市の屋根リフォームの施工事例

渋谷区で屋根リフォームを施工しました。カバー工法でスレート屋根をガルバリウム鋼板屋根にリフォームしました。渋谷区の屋根リフォームの施工事例をご紹介します。

渋谷区の屋根リフォームのお問い合わせの経緯

中古で購入したアパートですが、屋根はこれまでメンテナンスをしていない状態でした。

そのため、屋根のメンテナンスを検討されていました。インターネットで千葉の屋根修理業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり興味を持って頂きました。

屋根修理の専門業者として千葉県を中心に1500棟の施工実績があり、建物劣化症状に応じて最適な提案ができることに信頼性を感じて頂き、現地調査のご依頼を頂きました。

渋谷区の屋根リフォームのビフォーアフター

スレート屋根をカバー工法でガルバリウム鋼板に張り替えました。

八千代市の屋根リフォームのビフォーアフター

渋谷区の屋根リフォームの担当者の提案内容

お問い合わせ後すぐに現地調査に伺い、屋根の劣化症状を確認させて頂きました。

築25年、スレート屋根のアパートでした。今回が初めてのメンテナンスでした。屋根材のスレート瓦は板厚5mmほどのセメント質の屋根材です。

屋根材自体に防水性能はなく、塗装により防水性能を確立している屋根材です。塗装は10年前後を目安に防水性が低下します。塗装の防水性能が低下すると屋根材が水分を吸収するようになり、コケやカビが発生します。

今回も塗装の防水が切れたことで屋根全体にコケやカビが発生している状態でした。通常スレート瓦は再塗装によるメンテナンスが一般的です。

しかし、耐用年数が25年〜30年と比較的短いため今回のような築25年〜30年の屋根の場合、ガルバリウム鋼板に葺き替えるケースも多いです。ガルバリウム鋼板は金属製の屋根材ですが、メンテナンスフリーの屋根材で将来的なメンテナンスが必要ない屋根材です。

また、耐用年数も40年〜50年と非常に長期的な屋根材です。今回の場合、投資物件なため将来的なメンテナンスのコストの削減が課題でした。

そのため、再塗装ではなく、ガルバリウム鋼板による屋根リフォームをご提案させて頂きました。カバー工法とは既存のスレート屋根の上に新しく、ガルバリウム鋼板屋根を被せるスレート屋根に特化したリフォーム工法です。

既存の屋根材を撤去せずに、新しい屋根に張り替えることができます。また、従来の葺き替え工法と比べて、工期も短いため安価で新しい屋根に張り替えることができます。

このように現時点でもっとも費用対効果の高い屋根リフォーム工法としてカバー工法による屋根リフォームをご提案させて頂きました。

渋谷区の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは渋谷区の屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

八千代市の屋根リフォームの施工前の様子

築年数25年のスレート屋根です。塗装の防水性が低下したことで、うっすらとコケ・カビが発生している状態です。

再塗装でもメンテナンスを行うことは可能でしたが、将来的なメンテナンス費用を、考慮して新しくカバー工法でガルバリウム鋼板にを張り替えます。

八千代市の屋根リフォームの施工前の様子

屋根材も部分的に剥がれている箇所がありました。

八千代市の屋根リフォームの施工前の様子

こちらは棟板金です。棟板金とは屋根の頂点をカバーする金属製のカバーです。

こちらも経年劣化で、棟板金が浮いている状態でした。こちらもカバー工法で新しい棟に葺き替えます。

渋谷区の屋根葺き替え工事の工程と施工中の様子

ここからは渋谷区の屋根葺き替え工事の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】棟板金の解体・撤去

屋根のカバー工法とは既存の屋根材の上に新しい、屋根を被せるリフォーム工法です。

そのため、まずは屋根の障害物となる、棟板金、雪止め金具を撤去します。

八千代市の屋根リフォームの棟板金の撤去

大棟(屋根の頂点の棟)棟板金の撤去が完了しました。

棟板金は棟下地と呼ばれる木材板に釘で打ち付けて固定されています。この棟下地も解体・撤去します。

八千代市の屋根リフォームの棟板金の撤去

こちらは隅棟(下に降る棟)です。大棟と同様に棟板金を撤去解体します。

【工程2】防水シートの施工

棟板金の撤去が完了したら、防水シートを設置します。防水シートは屋根の二次防水として屋根の内部に雨水が侵入するのを食い止める役割があります。

八千代市の屋根リフォームの防水シートの施工

軒先から棟に向かって防水シートを設置します。防水シートにはいくつか種類がありますが、ガルバリウム鋼板では改質アスファルトルーフィングと呼ばれる耐久性に優れた製品を使用します。

屋根材の耐久性に関わる重要なことなので見積もり段階で確認しておくと安心です。

八千代市の屋根リフォームの防水シートの施工

防水シートの設置が完了したら、軒先水切りを設置します。ガルバリウム鋼板を施工する際のスターターとしての役割があります。

【工程3】屋根材(ガルバリウム鋼板)の施工

防水シートの設置が完了したら、いよいよ、屋根材を取り付けます。

ニチハの横暖ルーフという製品を使用しました。ガルバリウム鋼板屋根の製品の中でも耐久性に優れているのが特徴です。

八千代市の屋根リフォーム棟板金の取り付け

軒先から棟に向かって順番にガルバリウム鋼板を設置します。

八千代市の屋根リフォームガルバリウム鋼板の施工

ガルバリウム鋼板の施工が完了しました。

八千代市の屋根リフォームの棟板金の取り付け

最後に、棟板金を取り付けたら施工完了です。

八千代市の屋根リフォームの施工後の様子

渋谷区の屋根リフォームの施工後の様子

八千代市の屋根リフォームの施工後の様子 八千代市の屋根リフォームの施工後の様子 八千代市の屋根リフォームの施工後の様子

 

八千代市の屋根リフォームの施工後の様子