川崎市の屋根葺き替え工事 | トタン屋根の雨漏りを葺き替え工事で根本修理

川崎市の屋根葺き替え工事の施工事例

神奈川県川崎市でトタン屋根の葺き替え工事を施工しました。

雨漏りが発生したトタン屋根をガルバリルム鋼板に張り替えました。このページでは川崎市の屋根の葺き替え工事の施工事例をご紹介します。

川崎市の屋根の葺き替え工事のお問い合わせの経緯

2階の天井から雨漏りが発生したことがキッカケで修理を検討されていました。

インターネットで川崎市に対応できる雨漏り修理業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になり興味を持っていただきました。

屋根修理の専門業者として雨漏り診断士の資格を保有したスタッフが在籍しており、散水調査やサーモグラフィー調査など雨漏り修理に特化した現地調査を行うことができます。

また、建物の設計や構造に関する国家資格の建築士の資格を保有したスタッフも在籍しているため、雨水の侵入経路など、雨漏りの原因を適切に見極めて最適な修理方法を提案することができます。

このように確実性の高い雨漏り修理を実現できることに魅力を感じて頂き、現地調査ご依頼をいただきました。

川崎市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター

錆が発生したトタンをガルバリウム鋼板に葺き替えました。施工後、雨漏りもピタリと止まり、確実な雨漏り修理を実現できました。

川崎市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター

川崎市の屋根葺き替え工事の担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状を確認させていただきました。

築45年のトタン屋根ですが、経年劣化により全体的に錆が発生していました。

部分的に穴が空いている箇所もあり、その穴から屋根の内部に雨水が侵入している状態でした。

また、屋根の二次防水の防水シートも劣化しているため、屋根全体を新しく張り替える必要がありました。

そのため、既存のトタンをガルバリルム鋼板に張り替える、屋根の葺き替え工事による雨漏り修理をご提案させていただきました。ガルバリルム鋼板は金属製の屋根材ですが耐久性が高いのが特徴です。

また、メンテナンスフリーの屋根材でもあり、屋根塗装によるメンテナンスが必要ありません。

このように単純な雨漏り修理だけではなく、費用対効果の高い屋根リフォームも実現できることからガルバリルム鋼板への葺き替え工事をご提案させていただきました。

川崎市の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは川崎市の屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

川崎市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

築45年のトタン屋根です。全体的に錆が発生しています。錆が侵食して穴が空いている箇所がありました。

川崎市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

雨漏りの原因となっていた箇所をビニールシートで養生しました。これでひとまずは安心です。

川崎市の屋根葺き替え工事の工程と施工中の様子

ここからは川崎市の屋根の葺き替え工事の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】既存の屋根材の撤去

まず始めに、既存のトタンを屋根から剥がします。

川崎市の屋根材の撤去

上記の写真は撤去したトタンです。板厚0.1ミリほどの非常に薄い屋根材です。

錆が発生して侵食すると簡単に穴が開いてしまいます。

そのため、トタンは定期的に屋根塗装を行い防水性を持たせておくことが長持ちさせるポイントです。

川崎市の屋根材の撤去

トタンの撤去が完了しました。黒く変色しているシート状の素材が見えますが、これが屋根の二次防水の防水シートです。ボロボロになっていますね。

雨水が屋根の内部に侵入しても防水シートが機能していれば、雨漏りが発生することはありません。

雨漏りが発生した時点で防水シートも含めて劣化していることが予測されるため、雨漏りは絶対に放置せずに、早期発見早期解決が重要です。

川崎市の屋根材の撤去

既存の防水シートを撤去します。防水シートを撤去すると野地板と呼ばれる屋根の土台となる板材がでてきます。

現在では構造用合板と呼ばれるベニア合板が使用されますが、昔の屋根はバラ板と呼ばれる板状の野地板が使用されています。

屋根の葺き替え工事ではこのバラ板を土台として新しい屋根を施工します。そのため、しっかりと清掃を行い、新しい屋根を施工する準備を整えます。

【工程2】野地板の施工

既存の屋根材を撤去したら、新しい屋根を施工します。まずは、野地板を施工していきます。

川崎市の屋根葺き替え工事の野地板の設置

屋根の形状に合わせて野地板を施工します。野地板は構造用合板を使用します。

構造用合板はホームセンターでも販売されているため、ご存知の方も多いと思いますが、耐久性や耐水性能、接着剤の種類(ホルムアルデヒドの濃度)などがJAS規格(日本農林規格)で規定されており、品質が安定しているのが特徴です。

これは屋根の耐久性を左右する重要なポイントになるため、野地板の種類は見積もり段階で確認しておくと安心です。

川崎市の屋根葺き替え工事の野地板の設置

野地板の施工が完了しました。この野地板の上に新しい防水シートを設置していきます。

【工程3】防水シートの施工

野地板の施工が完了したら、防水シートを施工します。防水シートはここまで何度も登場していますが、屋根の防水性を左右するもっとも重要な部材です。

川崎市の屋根葺き替え工事のルーフィングの設置

軒先(屋根の低い部分)から棟(屋根の高い部分)に向かって順番に防水シートを重ねていきます。

これは屋根に流れる水の流れと防水シートの重なりが逆目にならないようにするためです。

これが1箇所でも逆になってしまうと、屋根に内部に雨水を呼び込んでしまうため、雨漏りの原因になります。

この防水シートの施工不良が原因による雨漏りは非常に多いです。防水シートは屋根材の下に隠れてしまうため、屋根の葺き替え工事の際は必ず写真に残してもらうことが重要です。

川崎市の屋根葺き替え工事のルーフィングの設置

防水シートにはいくつか種類がありますが、改質アスファルトルーフィングと呼ばれる対キュ性に優れた製品を使用します。

屋根材のガルバリルム鋼板の耐用年数は40年〜50年と非常に長期的なため、屋根の二次防水の防水シートも耐久性に優れた製品を使用します。

何度もお伝えしますが、防水シートは屋根に隠れてブラックボックス化されてしまいます。

特に、悪徳業者の場合、利益を増やすために耐久性の低い安価な防水シートを使用するケースもあるため、野地板と同様に防水シートの種類は必ず見積もり段階で確認しておくことが重要です。

【工程4】屋根材(ガルバリルム鋼板)の施工

防水シートの施工が完了したら、いよいよガルバリルム鋼板を施工します。

川崎市の屋根葺き替え工事のガルバリルム鋼板の施工

ガルバリウム鋼板は、稲垣商事のたてひらスランビーという製品を使用します。

今回の屋根のような勾配が緩やかな屋根の場合、棟に対して垂直方向に屋根材を設置する立平葺きと呼ばれれる施工方法がとられます。

立平葺きは屋根材のつなぎ目がないため、排水性能に優れているのが特徴です。

川崎市の屋根葺き替え工事のガルバリルム鋼板の施工

立平葺きで屋根全体を施工したら、屋根の葺き替え工事は施工完了です。

川崎市の屋根葺き替え工事の施工後の様子

川崎市の屋根葺き替え工事のガルバリルム鋼板の施工 川崎市の屋根葺き替え工事のガルバリルム鋼板の施工