屋根塗装・棟板金交換工事|印西市(M様邸)

印西市の屋根塗装・棟板金工事

千葉県印西市で屋根板金の交換工事と屋根塗装工事を施工させて頂きました。

お問い合わせの経緯

台風で屋根の板金が風で飛ばされてしまい、屋根板金の修理をご検討されており弊社にご相談を頂きました。過去に印西市で屋根修理を施工させて頂いたお客様からのご紹介で弊社にお問い合わせを頂きました。

屋根板金交換工事と屋根塗装をご提案させて頂いた経緯

台風で屋根の棟板金が飛散しており早急に修理をする必要がありました。築年数25年が経過していることと、前回の屋根塗装から10年以上経過していたため、屋根塗装が必要な状態でした。

棟板金は台風により飛散した箇所だけではなく、釘が浮いている箇所が数カ所あり釘を打ち付ける角材(貫板)も腐食しいているため、屋根の板金をすべて交換する屋根板金交換工事をご提案させて頂きました。

屋根板金交換工事は高所作業になるため足場を設置します。足場を有効活用するために、屋根板金交換工事とセットで屋根塗装も提案させて頂きました。

屋根板金交換工事と屋根塗装を別々に行ってしまうと、その都度、足場を設置する必要があるためセットで施工をするよりも費用が高額になります。費用対効果の高い屋根塗装工事を実現することができました。

それでは、印西市の屋根板金交換工事と屋根塗装の施工事例をご紹介します。まずは、ビフォーアフターの写真から見て行きましょう。

ビフォーアフター

屋根塗装の施工前と施工後の様子

屋根の棟部分の板金が台風により飛散しています。着工するまで屋根材が飛散しないように養生テープで保護しています。

また、屋根材もコケやカビが繁殖しており、屋根塗装が必要な状態でした。

屋根板金交換工事と屋根塗装をセットで行ったことで、足場を有効活用することができ、費用対効果を最大化することができました。

屋根塗装の施工前と施工後の様子

台風で不具合が発生しなかった棟板金も釘が浮いている箇所があり、釘を打ち付ける木材(貫板)が全体的に腐食していました。

部分補修では再度、台風が来た際に別の箇所が飛散する危険があったため、この機会にずべての棟板金を交換することで安全な屋根になりました。

施工前の屋根の様子

ここからは施工前の屋根の不具合の様子について見て行きましょう。

台風で欠落した棟板金

台風の強風に煽られて棟の板金がごっそりと抜け落ちています。

台風で欠落した棟板金の浮き

屋根板金の結合部分です。コーキングにより接着されていましたが、棟板金内部の木材ごと抜け落ちてしまっています。

また釘も浮いていました。本来であれば、屋根塗装の際にメンテナンスを行う箇所ですが、前回の屋根塗装から10年以上経過しており、施工業者による点検も行われていなかったため、屋根板金の不具合の発見が遅れてしまいました。

施工前の棟板金の様子

飛散しなかった屋根の板金ですが、板金を固定している釘が浮いており、次回の台風で不具合が発生する危険がありました。

棟板金のコーキングの劣化

屋根板金の結合部分のコーキングに隙間が発生しています。また、屋根の板金も浮いている状態でした。

棟板金と屋根の劣化症状

屋根材はスレート瓦でしたが、屋根のコケが発生しており、屋根塗装の最適なタイミングでした。

施工中の様子

施工中の様子について見て行きましょう。

屋根板金の養生

棟板金が飛散して屋根の下地が剥き出しになった箇所をテープで養生を行いました。

飛散した棟部分の養生

通常の棟板金の交換工事ではこのような養生は行いませんが、棟板金が飛散して剥き出しになった屋根材を保護するために養生テープで保護をします。

飛散した棟部分の養生

屋根板金と下地の撤去

養生テープ応急処置を行ったら、既存の棟板金を撤去します。

棟板金の撤去

棟板金を固定している釘を抜いて。棟の包み板を取り外します。

棟板金の貫板の撤去

棟の包み板を撤去したら、棟板金を固定している下地(貫板)も取り外します。

棟下地(貫板)の設置

棟下地を撤去したら、新しい棟下地を取り付けます。

棟板金の貫板の設置

屋根板金の取り付け

すべての棟部分に下地を取り付けたら、屋根板金(棟の包み板)を取り付けます。

棟板金の設置

棟板金を取り付けて固定をすれば棟板金の交換工事が完了です。

棟板金の設置 棟板金の設置 棟板金の設置

屋根塗装の下塗り

棟板金交換工事が完了したら、次に屋根塗装を行います。屋根塗装は「上塗り」「中塗り」「上塗り」の3回の重ね塗りが行われます。1回目の下塗りは屋根と塗料の下地を整える塗料で塗装をします。

屋根塗装の下塗り

下塗り塗料で塗装をしました。

屋根塗装の中塗り

下塗りが完了したら、中塗りを行います。今回はシリコン塗料を使用して塗装を行いました。

屋根塗装の中塗り

クラックの補修

中塗りが完了した段階で、クラックの補修を行います。クラックとは屋根のひび割れのことですが、コーキングでひび割れ箇所を埋めていきます。

屋根のクラック補修

変性シリコンと呼ばれるコーキング材で屋根を補修していきます。

屋根のクラック補修

ヘラでコーキングを均してひび割れを補修します。

屋根塗装の上塗り

最後に中塗りで使用した塗料で重ね塗りを行ったら施工が完了です。

屋根塗装の上塗り 屋根塗装の上塗り 屋根塗装の上塗り

施工後の様子

屋根塗装の施工後の様子 屋根塗装の施工後の様子 屋根塗装の施工後の様子 屋根塗装の施工後の様子 屋根塗装の施工後の様子