トタン屋根の葺き替え工事|八潮市(S様邸)

埼玉県八潮市の屋根葺き替え工事

埼玉県八潮市でトタン屋根の葺き替え工事を施工させて頂きました。埼玉県八潮市の屋根葺き替え工事の施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

過去に雨漏り修理を行った箇所から再度、雨漏りが発生したことがキッカケで屋根の修理を検討しました。過去に修理を行った業者に再度、修理を依頼しましたが、屋根の状態が悪く無償での修理はできないと言われてしまいました。

今度は確実に雨漏りが修理できる業者に修理を依頼したいと思い、インターネットで屋根業者を探していました。偶然、屋根修理プラスさんのホームページを見つけて「しっかりしてそうな会社」と興味を持ちました。

施工事例も豊富でお客様の声もしっかりとしていたので信頼性を感じました。また、インターネット上での評判もよかったため、屋根修理プラスさんに相談することに決めました。

屋根の葺きかえ工事をご提案させて頂いた経緯

雨漏り修理のお問い合わせ後、実際に現地調査を行いました。現地調査で屋根の状態を点検させて頂き、屋根の葺き替え工事をご提案させて頂きました。

雨漏りは下屋根の錆が原因で発生していましたが、屋根全体に錆が発生しており、屋根の葺き替えが必要な状態でした。過去の雨漏りの際は棟板金の交換工事で修理を行っていましたが、屋根の劣化状態から部分補修では修理ができない状態だったため、屋根の葺き替え工事を提案させて頂きました。

トタン屋根からガルバリウム鋼板に葺きかえることで屋根の下地から交換することができるので、雨漏りを根本解決することができます。

このような経緯から、雨漏りが発生している下屋根をガルバリウム鋼板に張り替える、屋根の葺き替え工事をご提案させて頂きました。

施工後、雨漏りもピタッと止まり施主様も大変喜ばれていました。

ビフォーアフター

埼玉県八潮市の屋根葺き替え工事ビフォーアフター

屋根全体に錆が発生しており、屋根の葺き替えが必要な状態でした。過去の雨漏り修理で棟板金交換工事がされていましたが、屋根材の経年劣化が激しく、屋根全体を新しく葺き替える必要がありました。

ガルバリウム鋼板に葺きかえたことで屋根の内部から修理を行えるので、根本的な雨漏り修理を実現することができました。

埼玉県八潮市の屋根葺き替え工事ビフォーアフター

下屋根の雨漏りが発生していない側の屋根も経年劣化で錆が発生していました。この状態を放置すると屋根材に穴が空いてしまい雨漏りが発生する危険があるので、修理の必要がありました。

埼玉県八潮市の屋根葺き替え工ビフォーアフター

ベランダが置いてある側の下屋根の状態です。トタン屋根には瓦棒(かわらぼう)と呼ばれる角材に金属板を打ち付けて固定をしていますが、この角材が経年劣化で腐食してボロボロに剥がれている状態でした。この瓦棒の腐食箇所から雨水が侵入して雨漏りの原因になるために、早急なメンテナンスが必要な状態でいた。

施工前の様子

ここからは、施工前の屋根の劣化症状について見て行きましょう。トタン屋根は金属製の屋根でメンテナンスを怠ると錆が発生します。そして、屋根材に穴が空いてしまい雨漏りの原因になってしまいます。

今回は、屋根全体が錆で腐食してしまい葺き替えるしか選択肢がなかった事例なので参考までに紹介します。

下屋根の葺き替え工事の施工前の状態

過去の雨漏り修理で棟板金の交換がされています。しかし、屋根材の劣化が激しく、別の箇所から雨漏りが発生している状態でした。このような状態のトタン屋根は葺き替えるしか選択肢がなくなってしまうので、定期的に屋根塗装を行うことが重要です。

下屋根の葺き替え工事の施工前の状態

トタン屋根は瓦棒と呼ばれる角材に巻きつけながら屋根材を固定しています。瓦棒の角材が腐食しており、ボロボロに剥がれてしまっています。この状態を放置すると雨漏りの原因になるために、早急な修理が必要な状態でした。

下屋根の葺き替え工事の施工前の状態

屋根材が経年劣化で浮いている状態です。台風などの強風に煽られると飛散して隣家に直撃するなど大変危険なので、早急に修理を行う必要がありました。

下屋根の葺き替え工事の施工前の状態

トタン屋根を巻きつけて固定をしている瓦棒の写真です。錆が発生してボロボロに剥がれている状態です。

下屋根の葺き替え工事の施工前の状態

ベランダを固定している土台です。こちらも屋根材同様に錆により腐食しています。このような劣化を放置するとベランダが傾いてしまったり、強度的に大変危険なので早急に修理をする必要がありました。

施工中の様子

ここからは施工中の様子について見て行きましょう。今回は雨漏りが発生している下屋根だけの葺き替え工事ですが、しっかりと葺き替え工事の工程を理解して臨むことが重要です。

既存屋根材の撤去

まず始めに、既存の屋根材を撤去します。

屋根葺き替え工事の屋根材の撤去

既存のトタン屋根を剥がすと、既存のルーフィング(防水シート)と野地板が出てきますが、雨水が侵入して湿っている状態でした。

野地板(コンパネ)の設置

既存のトタン屋根の撤去が完了したら、野地板(コンパネ)を設置します。

野地板(コンパネ)の設置

野地板はコンパネと呼ばれるコンクリート型枠用のベニア合板が使用されます。ベニア合板にはコンパネの他に通常合板などの種類があり、それぞれ、耐水性能や強度が異なります。

そのため、屋根葺き替え工事の見積書を確認する際は、使用される野地板の種類を確認すると施工不良や手抜き工事を未然に防ぐことができます。

野地板(コンパネ)の設置

屋根の形状に合わせて野地板を隙間なく設置したら野地板の施工をは完了です。

ルーフィング(防水シート)の設置

野地板の設置が完了したら、次にルーフィング(防水シート)を設置します。ルーフィングは屋根の二次防水として雨水の侵入を防ぐ重要な素材です。

ルーフィングシートの施工

軒先から棟に向かってルーフィングシートを設置します。この時、ルーフィングの重なりが雨水の流れと逆目にならないように細心の注意を払いながら1枚1枚確認しながら設置します。

ルーフィングシートの施工

ベランダ直下の下屋根にもルーフィングを設置します。屋根の負担がかかる箇所んなので、耐久性能高いアスファルトルーフィングを使用しています。

ガルバリウム鋼板の設置

ルーフィングの設置が完了したら、次にガルバリウム鋼板を設置します。屋根の勾配が2.5寸と緩勾配の屋根のため立平葺きと呼ばれる施工方法でガルバリウム鋼板を設置しました。

屋根材の設置

屋根材全体にガルバリウム鋼板を設置したら、屋根材本体の施工は完了です。

屋根板金・雨押さえの設置

がうバリウム鋼板を設置したら、最後に屋根の棟板金と雨押さえを設置したら施工完了です。

埼玉県八潮市の屋根葺き替え工事施工後の様子

外壁と屋根の取り合い部分に雨押さえを設置しました。外壁と屋根の取り合い部分は特に雨漏りが発生しやすい箇所のなので、しっかりと雨仕舞いを行い雨漏り対策を行いました。

埼玉県八潮市の屋根葺き替え工事施工後の様子

最後に屋根板金を設置したら施工が完了です。

施工後の様子

埼玉県八潮市の屋根葺き替え工事施工後の様子 埼玉県八潮市の屋根葺き替え工事施工後の様子