屋根リフォーム(足立区)|スレート瓦をガルバリウム鋼板に重ね葺き

足立区のスレート屋根のリフォーム

東京都足立区でカバー工法による屋根リフォームを施工しました。

他社で3年前に屋根塗装によるメンテナンスを行ったスレート屋根ですが、トップライト(天窓)から雨漏りが発生したため、カバー工法でガルバリウム鋼板に張り替えました。

東京都足立区のがバー工法による屋根リフォームの施工事例をご紹介します。

ビフォーアフター

スレート瓦からガルバリウム鋼板にカバー工法で葺き替えたビフォーアフター スレート瓦からガルバリウム鋼板にカバー工法で葺き替えたビフォーアフター 天窓の窓塞ぎのビフォーアフター スレート瓦からガルバリウム鋼板にカバー工法で葺き替えたビフォーアフター
担当者のコメント

3年前に家を立てたハウスメーカーで屋根塗装を行ったスレート屋根でした。しかし、天窓(トップライト)から雨漏りが発生したため、弊社に修理のご相談を頂きまいた。

3年前の屋根塗装のタイミングでカバー工法を行っていれば未然に防げた不具合でした。屋根の内部に水が侵入している状態でした。

そのため、屋根内部のルーフィング(防水シート)の交換が必要だったため、カバー工法によるガルバリウム鋼板への張り替え工事をご提案させて頂きました。

ガルバリウム鋼板は費用対効果の高い屋根材です。メンテナンスフリーの屋根材で屋根塗装によるメンテナンスの必要がないため、メンテナンス費用を大幅に節約することができます。

また、屋根材の寿命(耐用年数)も40年〜50年と長期的なため、費用対効果の高い屋根リフォームを実現することが可能です。

屋根の劣化症状と現地調査の様子

施工前のスレート瓦の様子

3年前に屋根塗装を行ったため、屋根材は非常にキレイな状態でした。雨漏りが発生していなければメンテナンスの必要はない状態でした。

雨漏りが発生している天窓

雨漏りが発生している天窓です。屋根塗装を行う以前から雨漏りが発生していたようですが、屋根塗装で修理が可能と提案されていたようです。

施工前のスレート屋根

ドーマーも雨漏りが発生しやすいポイントです。

施工前のスレート屋根の棟板金

屋根の頂点の棟板金もキレイな状態でした。

施工前のスレート屋根の屋根材の状態 施工前のスレート屋根の屋根材の状態

急勾配の屋根のため、職人の作業性と安全性を考慮して屋根足場を設置しての作業になります。

屋根カバー工法の施工中の様子

棟板金・雪止め金具の撤去

雪止めの撤去

屋根の雪止め金具を撤去しました。電動カッターを使用して雪止め金具を切断します。

雪止めの撤去

雪止め金具、棟板金の撤去が完了しました。

天窓の撤去と窓塞ぎ

天窓の撤去、窓塞ぎ

雨漏りの原因となっていた天窓を撤去しました。ベニア合板で天窓を塞ぎます。

ルーフィング(防水シート)の設置

ルーフィングの施工

棟板金や天窓、雪止めなど屋根の突起物を撤去したら、ルーフィングを施工します。

ルーフィングは屋根の二次防水として建物の内部に雨水が侵入することを食い止める重要な役割があります。

ルーフィングの施工

ドーマー部分は雨漏りが発生しやすい箇所になるため、ルーフフィングを2重3重に重ねて雨漏り対策を行います。

ルーフィングの施工

ルーフィングの施工が完了しました。

屋根材本体(ガルバリウム鋼板)の施工

ルーフィングの施工

ルーフィングの施工が完了したら屋根材本体のガルバリウム鋼板の施工を行います。

ガルバリウム鋼板本体の施工

屋根の片面ずつ軒先から棟に向かって一段づつガルバリウム鋼板を設置します。

ガルバリウム鋼板本体の施工

ガルバリウム鋼板の施工が完了したら、屋根の棟部分と雨押さを設置するドーマー部分に棟下地と呼ばれる角材を設置します。

ガルバリウム鋼板本体の施工

屋根の棟部分に棟下地を設置しました。

棟板金と雨押さえの設置

ガルバリウム鋼板本体の施工

最後に棟板金と雨押さえを設置したらカバー工法は施工完了です。

屋根カバー工法の施工後の様子

ガルバリウム鋼板本体の施工 ガルバリウム鋼板本体の施工 ガルバリウム鋼板本体の施工 ガルバリウム鋼板本体の施工

 

屋根カバー工法施工後の棟板金 屋根カバー工法施工後のドーマー 屋根カバー工法施工後の屋根材

 

屋根カバー工法施工後の屋根材 屋根カバー工法施工後の屋根材 屋根カバー工法施工後のケラバ水切り 屋根カバー工法施工後の棟板金