窓サッシの雨漏り修理(戸田市)|外壁の部分張り替えで雨漏りを根本解決

戸田市の外壁の雨漏り修理

埼玉県戸田市で外壁の部分張り替え工事による雨漏りの修理を施工しました。

雨漏り修理は確実に原因と特定し、根本的な修理をしないと再発する可能性が高い難易度の高い工事になります。

確実な雨漏り修理を実現するために、雨漏り調査を行い、窓サッシの交換工事を含めた外壁の張り替え工事をご提案させて頂きました。

また、外壁の張り替え工事で外壁を雨漏りを修理するだでけではなく、耐震補強も行いました。

確実な雨漏り修理と耐震リフォームを両立した、今後も安心して住み続けることができる、付加価値の高い外壁リフォームを実現することができました。

埼玉県戸田市の外壁の雨漏り修理の施工事例をご紹介します。まずは、ビフォーアフターから見ていきましょう。

ビフォーアフター

戸田市の外壁の雨漏り修理のビフォーアフター 戸田市の外壁の雨漏り修理のビフォーアフター
担当者のコメント

窓サッシから雨漏りが発生したことがきっかけでお問い合わせを頂きました。雨漏りの原因を特定するために、雨漏り調査を行い、窓サッシの交換を含めた、外壁の部分張り替えによる雨漏り修理をご提案させて頂きました。

雨漏りで腐食してしまった外壁内部の躯体(骨組み)を補修し、耐震補強金具を取り付けました。内壁には耐震壁を施工して地震対策を行いました。建物の耐震性能が向上し、今後も安心して住み続けられる、地震に強い建物になりました。

雨漏り修理を含めて耐震リフォームも行ったことで、不可価値の高い雨漏り修理を実現することができました。

後日談ですが、雨漏りもピタリと止まり施主様も大変喜ばれていました。

施工前の劣化症状と現地調査の様子

戸田市の外壁雨漏り修理の施工前の様子

外壁面全体に大きな窓が設置されていました。数年前に、既存の外壁材の上に新しい外壁材を設置する、外壁カバー工法によるサイディングの重ね葺きを施工したようです。

その際に、サッシを新しく交換したようですが、そのサッシ部分から雨漏りが発生している状態でした。

現状では詳しい雨水の侵入経路は特定できませんが、一度、外壁材を剥がして雨水の侵入経路を特定します。

戸田市の外壁雨漏り修理の施工前の様子

1階の窓サッシの雨漏りはサッシの不具合だけではなく、下屋根から侵入雨した雨水が屋根をつたい外壁になながれ、サッシに堰き止められることで、症状が発生することがあります。

このように雨漏り修理は考えられるすべての原因を調査して、確実な雨水の侵入経路を特定することが重要です。

サッシの雨漏り修理の施工中の様子

ここからは雨漏り修理の施工中の様子について見て行きましょう。

既存の外壁材の撤去

既存のサイディングの解体

まず始めに、数年前にカバー工法による外壁リフォームを行ったサイディングの外壁材を撤去しますサイディングの外壁材を撤去すると既存のモルタル外壁が出てきます。

サッシ周りの外壁材が欠けている箇所があり、その箇所から雨水が侵入している可能性が高いです。

散水調査と呼ばれる実際に水を流して、雨水の侵入を特定します。

既存のサイディングの解体

窓サッシも解体して撤去します。

既存のサイディングの解体

既存の外壁はモルタル外壁ですが、雨漏りの発生している外壁面を一旦すべて解体し撤去します。

外壁下地(躯体)の施工・補修

下地の躯体の補強

既存の外壁を撤去したら、躯体(骨組み)の補強を行います、サッシが取り付けられている外壁面を撤去したため、新しく、外壁内部の躯体を施工して補強を行います。

下地の躯体の補強

このようにサッシが取り付けられていた外壁面をすべて撤去し、新しい躯体(骨組み)を施工します。

このような住宅の外科手術のような工事は建物の構造や設計に関する専門家の建築士により、しっかりと建物の強度計算を行う必要があります。

そのため、建築士が在籍していないリフォーム業者の雨漏り修理は、既存のカバー工法による外壁の重ね葺きやコーキングによる雨漏り箇所の補修などの限定的な工事になってしまう可能性があるので注意が必要です。

耐震金具の施工

下地の躯体の補強

外壁の下地の施工・補強が完了したら、躯体に耐震金具を取り付けます。

目には見えない箇所ですが、耐震金具を取り付けることで、建物の耐震性能が大幅に向上し、地震の際も建物が倒壊する危険を大幅に軽減することができるため、耐震金具の施工は施主様の家族を守る非常に重要な工程です。

補強金具の取り付け

梁を施工して、耐震金具を取り付けました。窓サッシは地震などの強い外的圧力が加わると簡単にゆがんでしまいます。そのため、梁を施工して、耐震金具でしっかりと固定することでサッシの強度も向上させました。

防温浸透シートの施工

防水浸透シートの設置

外壁の二次防水の防温浸透シートを施工しました。防温浸透シートは防水シート雨水の侵入を食い止める役割がありますが、建物内部の湿気を外に逃す高機能な外壁の防水シートです。

そのため、結露を防止して外壁内部の躯体の腐食を予防する役割があります。

従来の外壁の防水シートはアスファルトルーフィングと呼ばれる防水シートが使用されていましたが、現在では防温浸透シートが使用されるのが一般的です。

防水シートによって建物の機密性や雨漏りに対する耐性が異なるため、外壁リフォームの見積もりを確認する際は必ず確認しておきたいポイントです。

耐震パネルの施工

防水浸透シートの設置

外壁の施工が一通り、完了したら次には室内壁の施工を行います。断熱材を入れて耐震壁を施工します。耐震壁とは地震による衝撃にも対応できる耐震リフォーム専用の室内壁です。

耐震パネルの取り付け

耐震壁を設置しました。このように耐震壁は室内壁に耐震性を持たせることで建物の耐震性能を向上させる、比較的簡単に施工ができる耐震リフォームです。

築年数40年〜50年の建物は老朽化が進んでいるため、外壁リフォームの際は耐震壁による耐震リフォームもセットで施工をすると安心です。

胴縁(どうぶち)の施工

胴縁の取り付け

室内の耐震壁の施工が完了したら、外壁に胴縁(どうぶち)と呼ばれる木材板を設置します。写真の縦に方向に張られている木材板が胴縁です。

外壁材は胴縁の上に施工しますが、外壁面と外壁材の間を空けて通気性を確保するために、胴縁を施工します。

胴縁の取り付け

胴縁の施工が完了しました。

外壁材の(サイディング)の施工

サイディングの取り付け

胴縁の施工が完了したら、サイディングを取り付けます。サイディングは胴縁にビスで固定して設置します。

サイディングの取り付け

既存の外壁材と同じ、アルミサイディングの外壁材を使用しました。

アルミサイディングは外壁材の中でも、高価な外壁材ですが、錆ない素材のため、メンテナンスの必要がありません。そのため、将来的なメンテナンス費用を節約することにつながります。

戸田市の雨漏り修理の施工後の様子

アルミサイディングの施工が完了しました。

今回の外壁リフォームで雨漏りの心配が無くなっただけではなく、地震に強い安心して住み続けられる住宅になりました。

施工後の様子

戸田市の雨漏り修理の施工後の様子 戸田市の雨漏り修理の施工後の様子 戸田市の雨漏り修理の施工後の様子