野田市の屋根塗装 | 築25年のスレート屋根をラジカル塗料で再塗装

野田市の屋根塗装の施工事例

野田市で屋根塗装を施工しました。野田市の屋根塗装の施工事例をご紹介します。

野田市の屋根塗装のお問い合わせの経緯

築年数25年が経過して外壁、屋根ともに劣化が気になっており、具体的にメンテナスを検討していました。

地元、野田市で評判の良い外装リフォームの優良業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり興味を持って頂きました。

一級塗装技能士の国家資格を保有者が在籍しており品質なワンランク上の塗装工事を適正価格で提供できることに信頼性を感じて頂き現地調査のご依頼を頂きました。

野田市の屋根塗装のビフォーアフター

スレート屋根をシリコン塗料で塗装しました。その他に、外壁塗装もセットで工事して新築のような輝きが復活しました。

野田市の屋根塗装のビフォーアフター

野田市の屋根塗装の担当者の提案内容

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状について確認させて頂きました。

築年数25年が経過したスレート屋根でした。経年劣化により屋根の防水性能が低下して全体的にコケ・カビが発生している状態でした。

スレート屋根はセメントを主原料とした屋根材で、塗装により防水性を確立しています。

そのため、塗装の防水性が低下すると、瓦が水分を吸収するようになりコケやカビが発生するようになります。

そのため、屋根材の防水性能を回復させるため、再塗装が必要な状態でした。

また、外壁も同様にチョーキング現象と呼ばれる塗料の劣化症状が発生しており、再塗装によるメンテナンスが必要な状態でした。

チョーキング現象とは紫外線の影響で塗料が粉状に分裂して外壁の表面に粉状になって吹き出す劣化症状です。

このように外壁、屋根ともに防水性能を回復させるために再塗装によるメンテナンスをご提案させて頂きました。

野田市の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは野田市の屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

野田市の屋根塗装の施工前の様子

築年数25年のスレート屋根です。屋根全体にコケ・カビが発生しています。

また、瓦が割れている箇所もありました。高圧洗浄でキレイに汚れを洗い流してから塗装をします。

野田市の屋根塗装の工程と施工中の様子

ここからは屋根塗装の工程と施工中の様子について具体的に見いてきましょう。

【工程1】屋根塗装の高圧洗浄

まず始めに、高圧洗浄で屋根の汚れをキレイに洗い流します。

野田市の屋根塗装の高圧洗浄

専用の高圧洗浄機を使用して1枚1枚丁寧にスレート瓦の汚れをキレイに洗い流します。

【工程2】棟板金のケレン作業

高圧洗浄で屋根の汚れをキレイに洗い流したら、棟板金を目荒らします。

野田市の屋根塗装のケレン作業

この屋根塗装の工程の前に棟板金を交換しています。新品の状態です。塗料の密着性を良くするために、サンドペーパーを使用して、塗装面を目荒らしします。この作業をケレンといいます。

【工程3】屋根塗装の下塗り

ケレンが完了したら、いよいよ、塗装工程に移行します。塗装工程は下塗り、中塗り、上塗りの3回数の重ね塗りで仕上げます。

下塗りはシーラと呼ばれる下地調整塗料を使用して塗装の下地を整える役割があります。

野田市の屋根塗装の下塗り

まずは、棟板金を下塗りします。鉄部なので錆止め塗料を使用します。

野田市の屋根塗装の下塗り

スレート瓦を下塗りします。シーラーはザラザラとした塗膜を形成します。

これが目荒らしとしての役割を発揮します。

【工程4】下地補修

下塗りが完了したら、下地補修を行います。スレート瓦のひび割れや欠けをコーキング材で補修します。

野田市の屋根塗装の下塗り

スレート瓦はひび割れのです。スレート瓦は板厚5mmほどのため、必ずと言って良いほどひび割れが発生します。

野田市の屋根塗装の下塗り

スレート屋根のひび割れに沿ってコーキング材を充填して専用のヘラで伸ばしていきます。

【工程5】屋根塗装の中塗り

下塗り、ひび割れ補修が完了したら、中塗りを行います。中塗りではメインの塗料をします。

今回はコストパフォーマンスに優れた日本ペイントのラジカル塗料、ファインパーフェクトベストを使用しています。

野田市の屋根塗装の中塗り

ペイントローラーを使用して1枚1枚丁寧に中塗りを行います。

【工程6】外壁塗装の上塗り

中塗りが完了したら、上塗りを行います。中塗りで使用したファインパーフェクトベストを使用して2回の重ね塗りを行います。

野田市の屋根塗装の上塗り

屋根塗装が完了しました。

野田市の野猿塗装の施工後の様子

野田市の屋根塗装の上塗り 野田市の屋根塗装の施工後の様子

野田市の外壁塗装の工程と施工中の様子

屋根の塗装が完了したら外壁塗装の工程に移行します。

基本的な工程は屋根塗装と同じですが、理解を深めるために、外壁塗装の工程について具体的に見ていきましょう。

【工程1】高圧洗浄

まず始めに、高圧洗浄で外壁の汚れをキレイに洗い流します。

野田市の外壁塗装の高圧洗浄

家の外周をグルリと一周するように高圧洗浄を行います。

【工程2】外壁塗装の下塗り

高圧洗浄で外壁の汚れをキレイに洗い流したら、塗装工程に移行します。屋根の塗装と同様に下塗り、中塗り、上塗りで仕上げます。下塗りはシーラーを使用して塗装の下地を整える役割があります。

野田市の外壁塗装の下塗り

ペイントローラーを使用して下塗りを行います。白い塗料が下塗り塗料です。

【工程3】外壁塗装の中塗り

下塗り工程が完了したら、中塗りを行います。日本ペイントのラジカル塗料、パーフェクトトップを使用します。屋根、外壁ともにラジカル塗料を使用します。

野田市の外壁塗装の中塗り

ペイントローラーを使用して中塗りを施工します。

【工程4】外壁塗装の上塗り

最後に、2回の重ね塗りをしたら、外壁塗装の工程は完了です。

野田市の外壁塗装の上塗り

外壁塗装の工程が完了しました。

【工程5】付帯部の塗装

外壁塗装が完了したら、付帯部を塗装します。付帯部とは破風板や霧よけ、雨樋などの建物の付帯箇所です。

野田市の破風板の塗装

こちらは破風板です。木部塗装になるため、サンドペーパーで旧塗膜や腐食箇所を削り落として塗装の下地を整えます。

野田市の破風板の塗装

ウレタン塗料で上塗りをします。木部や鉄部などの塗料が密着しずらい箇所は密着性に優れたウレタン塗料を使用します。

野田市の霧よけの塗装

こちらは霧よけです。鉄部に塗装になるため、サンドペーパーでサビや汚れを削り落とします。

野田市の霧よけの塗装

錆止め塗装で下塗りをします。

野田市の霧よけの塗装

こちらもウレタン塗料で上塗りをします。

野田市の雨樋の塗装

こちらは雨樋です。塩ビの樹脂製品になります。サンドペーパーでケレン作業を行いケレン作業を行います。

野田市の雨樋の塗装

ウレタン塗料で上塗りをしたら施工完了です。

野田市の雨樋の塗装

外壁塗装の工程が完了しました。