新座市の雨漏り修理 | 築40年のトタンをガルバリルム鋼板に葺き替え

新座市の屋根葺き替え工事の施工事例

新座市でトタン屋根の修理を施工させて頂きました。

サビによりトタンがボロボロに腐食しており、雨漏りが発生している状態でしたが、屋根の葺き替え工事を行い、根本的な修理を実現できました。

このページでは新座市の屋根の葺き替え工事の施工事例をご紹介します。

新座市の屋根の葺き替え工事のお問い合わせの経緯

2階の天井に雨染みが広がり、雨水がポタポタと落ちてくるようになったことがキッカケで修理を検討されていました。

地元のリフォーム業者、2社から見積もりを取得したようですが、どちらも提案内容が異なり、価格も大幅に違うことから、屋根修理の専門業者での現地調査を検討されていました。

インターネットで地元、新座市の屋根業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり興味を持って頂きました。

弊社は屋根修理の専門業者ですが、建築士の国家資格保有者が在籍しており、雨漏りの状態を適切に判断して、最適な修理方法をご提案することができます。

また、社内に雨漏り診断士の資格を保有するスタッフが多数在籍しており、散水調査やサーモグラフィー調査など雨漏りに特化した現地調査を実施することができます。

このように確実性の高い雨漏り修理を実現できる施工力に魅力を感じて頂き、現地調査のご依頼を頂きました。

新座市の雨漏り修理の屋根ビフォーアフター

ボロボロに劣化したトタンをガルバリルム鋼板に張り替えました。屋根の下地(防水シート)から交換したため、確実性の高い雨漏り修理を実現できました。

新座市の屋根葺き替え工事のビフォーアフター

新座市の屋根葺き替え工事の担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い雨漏りの状態を確認させて頂きました。

築40年以上が経過したトタン屋根ですが、全体的にサビが発生しており、一部穴が空いている箇所も見られました。

雨漏りが発生していることから、屋根内部の防水シートも劣化して破れや縮れが生じているため、部分補修では修理ができずに、屋根材を新しく張り替える必要がありました。

そこで、既存の屋根材を撤去して新しくガルバリルム鋼板屋根に張り替える、屋根の葺き替え工事をご提案させて頂きました。

ガルバリウム鋼板とは金属製の屋根材ですが、再塗装によるメンテナンスの必要がない、メンテナンスフリーの屋根材です。

また、耐用年数も40年〜50年と非常に長期的なため、単純な雨漏り修理だけではなく、費用対効果の高い屋根リフォームも実現できます。

このように現時点で最も確実で費用対効果の高い屋根のリフォーム工法としてガルバリルム鋼板への葺き替え工事をご提案させて頂きました。

新座市の雨漏りの状況と現地調査の様子

ここからは新座市の雨漏りの状況と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

新座市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

築年数40年が経過したトタン屋根です。屋根材全体が錆びている状態でした。

また、屋根内部の防水シートも劣化しています。

この状態を放置すると、雨漏りが拡大するだけではなく、建物の躯体(骨組み)も腐食してしまう恐れがあるため、早急に修理が必要な状態でした。

新座市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

屋根の大棟の棟板金は外れてしまったことから、過去に交換工事を行ったようです。まだ、新しいですが、屋根の葺き替え工事の際に新しい棟板金に交換します。

新座市の屋根葺き替え工事の施工前の様子

こちらは屋根の軒先部分です。トタンが錆びて腐食しており。穴が空いている状態でした。

新座市の屋根葺き替え工事の工程と施工中の様子

ここからは実際に新座市の屋根の葺き替え工事の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】既存の屋根材の撤去・解体

まず始めに、既存の屋根材を撤去・解体します。

トタン屋根は板厚0.05mmの薄い鉄板です。

瓦棒呼ばれる角材に巻き付けられて固定されているので、瓦棒を切断すると簡単に屋根から剥がすことができます。

新座市の屋根葺き替え工事の屋根材の剥がし

トタンの撤去が完了しました。黒く変色しているシート状の素材は防水シートです。経年劣化によりバリバリに破れている状態でした。この防水シートも撤去します。

【工程2】野地板の取り付け

トタンの撤去が完了したら、野地板を取り付けます。野地板とは屋根の土台となるベニア合板です。屋根の形状に合わせて野地板を設置していきます。

新座市の屋根葺き替え工事のコンパネの取り付け

軒先部分から野地板を取り付けていきます。野地板で使用されるベニア合板は構造用合板と呼ばれる耐久性に優れた製品を使用します。

構造用合板は耐水性や耐久性、接着剤の種類などが、JAS規格(日本農林規格)で規定されており、品質が安定しているのが特徴です。

野地板の種類は屋根の耐久性にも大きな影響を与えるため、見積もり段階で野地板の種類を確認しておくと安心です。

新座市の屋根葺き替え工事のコンパネの取り付け

野地板の施工が完了しました。

新座市の屋根葺き替え工事のコンパネの取り付け

【工程3】防水シート(ルーフィングシート)の設置

野地板の設置が完了したら、防水シートを施工します。

防水シートは屋根の二次防水として建物の内部に雨水が侵入するのを食い止める役割があります。

新座市の屋根葺き替え工事のルーフィングの取り付け

防水シートはは軒先から棟に向かって順番に設置していくのが基本です。

これは屋根の水の流れと防水シートの重なりが逆目にならないようにするためです。

これが逆になってしまう箇所が1箇所でもあると、雨漏りに発展するため、防水シートの施工には細心の注意を払い施工します。

新座市の屋根葺き替え工事のルーフィングの取り付け

防水シートは改質アスファルトルーフィングと呼ばれる耐久性に優れた製品を使用します。

これは屋根材のガルバリウム鋼板の高耐久な耐用年数に対応させるためです。

野地板のと同様ん屋根の耐久性に大きな影響を及ぼすため、防水シートの種類は見積もり段階で必ず確認することが重要です。

新座市の屋根葺き替え工事のルーフィングの取り付け

【工程4】屋根材(ガルバリルム鋼板)の設置

防水シートの施工が完了したら、いよいよ屋根材を取り付けていきます。稲垣商事のスタンビーといいう製品を使用します。

新座市の屋根葺き替え工事のルーフィングのガルバリルム鋼板の取り付け

通常ガルバリルム鋼板の施工は横葺きと呼ばれる棟に対して平行にガルバリルム鋼板を設置します。

ただし、今回の事例のような勾配が緩やかな屋根の場合、立平葺きと呼ばれる棟に対して垂直方向に屋根材を設置していきます。

これは屋根の排水性能を高めるためです。

新座市の屋根葺き替え工事のルーフィングのガルバリルム鋼板の取り付け

ガルバリウム鋼板の施工が完了しました。

新座市の屋根葺き替え工事のルーフィングのガルバリルム鋼板の取り付け 新座市の屋根葺き替え工事のルーフィングのガルバリルム鋼板の取り付け

【工程5】棟板金の取り付け

最後に屋根の頂点に棟板金を取り付けます。

新座市の屋根葺き替え工事の屋根板金の取り付け 新座市の屋根葺き替え工事の屋根板金の取り付け 新座市の屋根葺き替え工事の屋根板金の取り付け

棟板金の取り合い部分をコーキングで処理をしたら、屋根カバー工法は施工完了です。

新座市の屋根カバー工法の施工後の様子

新座市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 新座市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 新座市の屋根葺き替え工事の施工後の様子 新座市の屋根葺き替え工事の施工後の様子