白井市の屋根リフォーム | スレート屋根をガルバリルム鋼板に張り替えました

白井市の屋根リフォームの施工事例

千葉県白井市で屋根リフォームを施工させて頂きました。

また、屋根リフォームの他に外壁塗装もセットで施工しました。千葉県白井市の屋根リフォーム、外壁塗装の施工事例をご紹介します。

白井市の屋根リフォームのお問い合わせの経緯

スレート瓦が屋根から剥がれて落下してしまったことがきっかけで修理を検討されていました。

火災保険を利用した修理を考えており、火災保険の申請に精通したリフォーム会社に現地調査を依頼していましたが、火災保険が商人されなかったため、他の業者での相見積もりを検討されていました。

最初の現地調査でカバー工法を提案されていたため、カバー工法に定評のある屋根リフォーム専門業者を探されていました。

インターネットで地元、白井市に対応できる屋根業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になり、興味を持って頂きました。

屋根修理の専門業者として、建築士や雨漏り診断士などの屋根の施工に特化した資格を保有しているだけではなく、外壁塗装にも対応できる施工力に魅力を感じて頂き現地調査のご依頼を頂きました。

白井市の屋根リフォームのビフォーアフター

築16年のスレート屋根をガルバリルム鋼板に張り替えました。

防水性が低下しておりコケやカビ、屋根材の欠けなどが発生している状態でしたが、ガルバリルム鋼板に張り替えることで非常にキレイな状態になりました。

白井市の屋根リフォームのビフォーアフター

白井市の屋根リフォームの担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状を確認させて頂きました。

築年数16年の屋根はスレート、外壁はサイディグの住宅でした。

経年劣化によりスレート瓦が屋根から剥がれ落ちてしまっている状態でした、また屋根全体にコケやカビが発生しており、屋根の防水性能が低下している状態でした。

また部分的にスレート瓦が割れている状態で具体的にメンテナンスが必要な状態でした。ひび割れが多く、水分を吸収して反っているスレート瓦も多かったため、再塗装によるメンテナンスが難しい状況でした。

そのため、屋根のカバー工法によるガルバリルム鋼板への張り替えをご提案させて頂きました。カバー工法とは既存のスレート屋根の上に新しくガルバリルム鋼板屋根をかぶせるリフォーム工法です。

既存の屋根材を撤去する従来の葺き替え工法よりも工期が短く廃材も少ないため、コストパフィオーマンスに優れた屋根リフォームを実現できます。

また、屋根材のガルバリルム鋼板は金属製の屋根材ですが、再塗装によるメンテナンスの必要がなりメンテナンスフリーの屋根材で、将来的なランニングコストが発生しないのが特徴です。

また、耐用年数も40年〜50年と非常に長期的な屋根材です。

現時点でもっとも費用対効果を最大化できる屋根のリフォーム工法としてカバー工法によるガルバリルム鋼板への張り替え工事をご提案させて頂きました。

また、カバー工法で使用する足場を有効活用するために、外壁塗装もセットでご提案させて頂きました。

築16年でありこれまでメンテナンスの施工歴も無かったため外壁もメンテナンスを行うタイミングに差し掛かっていました。

外壁と屋根を別々にメンテナンスをするとその都度足場を設置しなければなりません。

一方で、外壁と屋根をセットで施工することで、1回の足場の設置でまかなえます。このような理由から、屋根のリフォームだけではなく、外壁塗装もセットでご提案させて頂きました。

白井市の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは白井市の屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

白井市の屋根リフォームの施工前の様子

築年数16年のスレート屋根です。屋根全体に緑色のコケが発生しているのが分かると思います。またカビも発生しており屋根の防水性能が低下している状態でした。

白井市の屋根リフォームの施工前の様子

太陽が当たりづらい北側の屋根面にコケが集中しています。

屋根や外壁の劣化は良い部分ではなく、悪い部分を基準にリフォーム工法を検討するため、劣化症状的にやはり今回は屋根材を張り替える必要がありました。

白井市の屋根リフォームの施工前の様子

こちらは欠落したスレート瓦です。風災による損害として火災保険を申請していましたが、「経年劣化」と判断されてしまったようです。

スレート瓦が水分を吸収して非常に脆くなっており、ひび割れが発生したことで、スレート瓦が欠落してしまったようです。

白井市の屋根リフォームの施工前の様子

こちらはスレート瓦の欠けです。このような欠けが多数あり、屋根塗装でメンテナンスを行うのが難しい状況でした。

白井市の屋根リフォームの施工前の様子

こちらは下屋根です。大屋根よりも劣化は進行していませんが、大屋根と屋根材の仕様を合わせるためにガルバリルム鋼板に張り替えます。

白井市の屋根リフォームの工程と施工中の様子

屋根のカバー工法は既存のスレート屋根の上にガルバリルム鋼板屋根をかぶせるリフォーム工法です。

どのように工程が進行するのか、ここからは白井市の屋根リフォームの工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】既存の棟板金の撤去

カバー工法は既存のスレート屋根を土台とするため、棟板金や雪止め金具などの障害物を撤去して屋根を平坦にします。

白井市の屋根リフォームの棟板金の撤去

棟板金を撤去しました。棟板金を撤去すると棟下地と呼ばれる木材板が出てきますが、こちらも撤去します。

白井市の屋根リフォームの棟板金の撤去

雪止め金具も撤去したら完了です。屋根が完全に平坦になりました。

【工程2】防水シート(ルーフィングシート)の設置

棟板金の撤去が完了したら、防水シートを設置します。防水シートは屋根の二次防水として重要な役割があります。

白井市の屋根リフォームの防水シートの設置

屋根の軒先から棟に向かって順番に防水シートを設置していきます。ちょうど片面の施工が完了したところです。

白井市の屋根リフォームの防水シートの設置

防水シートの設置が完了しました。防水シートにはいくつか種類がありますが、ガルバリウム鋼板屋根では、改質アスファルトルーフィングと呼ばれる耐久性に優れた製品を使用します。

これはガルバリルム鋼板の耐用年数に対応させるためです。屋根の耐久性を左右する重要な項目になるため、防水シートの種類は見積もり段階で確認しておくと安心です。

【工程3】屋根材(ガルバリウム鋼板)の設置

防水シートを設置したら、いよいよ、ガルバリウム鋼板を設置します。防水シートと同様に、軒先から棟に向かって順番にガルバリルム鋼板を取り付けていきます。

白井市の屋根リフォームのガルバリウム鋼板の設置

1段ずるガルバリルム鋼板を設置します。ガルバリウム鋼板の屋根材にはいくつか種類がありますが、屋根修理プラスではニチハの横暖ルーフという製品をお勧めしています。

横暖ルーフは日鉄鋼板のSGLというガルバリルム鋼板が使用されており、他の製品と比べて耐久性に優れているの特徴です。また、断熱材と一体となっているため、断熱性能にも優れた一石二鳥の屋根材になります。

白井市の屋根リフォームのガルバリウム鋼板の設置

屋根材の施工が完了しました。

白井市の屋根リフォームのガルバリウム鋼板の設置

こちらは下屋根です。下屋根もガルバリルム鋼板を施工します。

下屋根は施工面積は少ないですが、構造が複雑化するためガルバリウム鋼板の施工には高度な板金技術が必要になります。

【工程4】棟板金の取り付け

最後に、棟板金を取り付けたら、屋根のカバー工法は施工完了です。

白井市の屋根リフォームの棟板金の設置 白井市の屋根リフォームの棟板金の設置 白井市の屋根リフォームの雨押さえの設置

白井市の屋根リフォームの施工後の様子

白井市の屋根リフォームの施工後の様子 白井市の屋根リフォームの施工後の様子 白井市の屋根リフォームの施工後の様子 白井市の屋根リフォームの施工後の様子 白井市の屋根リフォームの施工後の様子

白井市の外壁塗装の工程と施工中の様子

ここからは白井市の外壁塗装の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

白井市の外壁塗装の施工前の様子

木の質感を感じるデザイン性に優れたサイディング外壁でした。

白井市の外壁塗装の施工前の様子

屋根ほどではありまえんが、うっすらと苔やカビが発生していました。

白井市の外壁塗装の施工前の様子

こちらは軒天です。やはり白い箇所は汚れが目立って見えますが、外壁材自体は塗装の下地として十分利用できる状態でした。

【工程1】高圧洗浄

まず初めに、高圧洗浄で建物全体をきれいに洗い流します。

白井市の外壁塗装の高圧洗浄

専用の高圧洗浄機を使用して外壁の汚れをきれいに洗い流します。

塗装工事は塗料の種類よりも、下地処理の品質が塗装の寿命に直結します。そのため、高圧洗浄は塗装の品質を左右する重要な工程になります。

【工程2】外壁塗装の下塗り

高圧洗浄が完了した、下塗りを行います。

塗装工程は下塗り、中塗り、上塗りの3回の重ね塗りで仕上げます。

その中で、下塗りはシーラーと呼ばれる下地調整塗料を使用して、塗装の下地をより強固に整える役割があります。

白井市の外壁塗装の下塗り

ペイントローラーを使用してシーラーを塗装します。

今回、メインの塗料として使用するパーフェクトトップの専用下塗り塗料のパーフェクトシーラーを下塗り塗料として使用します。

白井市の外壁塗装の下塗り

下塗りが完了しました。シーラーは非常にザラザラとした塗膜を形成します。

これは目荒らしとしての役割があり、次の工程使用するメインの塗料の密着性を高める役割があります。

【工程3】外壁塗装の中塗り

次に中塗りを行います。日本ペイントのラジカル塗料パーフェクトトップを使用します。

白井市の外壁塗装の中塗り

塗料が変わる以外、作業内容は下塗りの工程と同じです。ここで今回使用する塗料のパーフェクトトップについて少し触れておきましょう。

外壁塗装では長年シリコン塗料が標準塗料として定着していました。

しかし、現在、パーフェクトトップに代表されるラジカル塗料が外壁塗装の標準塗料として人気を博しています。

その理由はコストパフォーマンスの高さです。

シリコン塗料と同等の価格帯でありながら、耐久性を向上させた次世代塗料になります。屋根修理プラスでもお勧めする塗料の一つです。

白井市の外壁塗装の中塗り

外壁塗装の中塗りが完了しました。

【工程4】外壁塗装の上塗り

最後に中塗り塗料と同じラジカル塗料を使用して、2回の重ね塗りを行います。

白井市の外壁塗装の上塗り

塗り残しを防止するため、中塗りと上塗りで塗料の色を変化をつけています。

白井市の外壁塗装の上塗り

中塗りと同じ工程を栗化したら、上塗り工程は完了です。

【工程5】付帯部の塗装

外壁塗装の工程が完了したら、付帯部を塗装します。付帯部とは雨樋や破風板、換気フードなどの建物の付帯箇所になります。

白井市の外壁塗装の付帯部の塗装

こちらは土台水切りです。外壁を伝う雨水を基礎に浸透させないように適切に排水するための部材です。鉄部で錆が発生しやすいため、小さな刷毛で丁寧に塗装をします。

白井市の外壁塗装の付帯部の塗装

こちらは雨樋です。樹脂塗装になります。樹脂は塗料が密着しづらいため紙やすりで目荒らしをしてから塗装を行います。また、塗料も密着性に優れたウレタン塗料が使用されることが多いです。

白井市の外壁塗装の付帯部の塗装

こちらはシャッターボックのカバーです。鉄部の塗装になるため、下地処理でサビ落としをしてから塗装をします。

お客様からよくある質問で「シャッターは塗装できないのですか?」と聞かれますが、シャッターは塗装ができません。

シャッターは巻きつけて収納されるため、すぐに塗装がバリバリと剥がれてしまいます。剥がれた塗料が詰まって故障の原因にもなるため、基本的にシャッターは塗装しないものと覚えておいてください。

白井市の外壁塗装の付帯部の塗装

こちらは換気フードです。鉄部塗装になるため、サビ落としをしてから塗装を行います。

白井市の外壁塗装の施工後の様子

白井市の外壁塗装の付帯部の塗装 白井市の外壁塗装の付帯部の塗装 白井市の外壁塗装の付帯部の塗装 白井市の外壁塗装の付帯部の塗装