棟の積み直し工事・ラバーロック(瓦止め)工事|千葉市緑区(K様邸)

千葉市緑区の屋根修理

千葉市緑区で棟の積み直し工事とラバーロック工法による瓦止め工事を施工させて頂きまいた。千葉市緑区の棟の積み直し工事と瓦止め工事の施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

台風で棟部分の瓦が飛散して庭に落下してしまったことで、屋根修理を検討されていました。

棟全体が歪んでしまっており「どのような修理が必要なのか?」「修理費用はいくらするのか?」検討もつかなかったため、適切な修理方法を提案してくれる専門業者を探されており、弊社にお問い合わせを頂きました。

棟の積み直し工事と瓦止め工事を提案させて頂いた経緯

実際に現地調査を行い、屋根の劣化症状を確認させて頂き、棟の積み直し工事をご提案させて頂きました。また、施主様のご要望で地震対策として、瓦止め工事も施工させて頂きました。

台風の強風に煽られて、屋根の頂点部分の棟瓦が庭に落下している状態でした。また、棟も全体的に歪んでおり、台風や地震の際に倒壊してしまう恐れがありました。

そのため、棟を新しく取り直す棟の積み替え工事をご提案させて頂きました。また、地震の際に瓦が落下しないようにコーキングで瓦を同士を固定するラバーロックによる瓦止め工事を施工させて頂きました。

ビフォーアフター

棟の端の鬼瓦が傾いおり、台風や地震の際に落下する恐れがあります。また、棟瓦も崩れている個所があり、非常に危険な状態でした。今回、棟の積み替え工事で、既存の棟を撤去して新しい棟に積み替えたことで、落下する危険の少ない安全な屋根になりました。

千葉市緑区の屋根修理のビフォーアフター

棟の積み替え工事だけではなく、瓦をコーキングで固定するラバーロック工法で地震対策を行いました。ラバーロック工法で瓦止めを行うことで、地震で瓦が落下する危険が無くなるため、屋根の安全性を確立できました。

施工前の様子

千葉市の棟の取り直し・瓦止め工事の施工前の様子

棟の端の鬼瓦が浮いている状態でした。鬼瓦が落下してしまうと、隣家に直撃したり、思わぬ怪我をする恐れがあるので注意が必要です。

千葉市の棟の取り直し・瓦止め工事の施工前の様子

両端の棟瓦が浮いてしまっている状態でした。これは屋根の棟が歪んでしまっていることが原因です。鬼瓦を支えている棟瓦も抜け落ちており、いつ落下してもおかしくない大変危険な状態でした。

千葉市の棟の取り直し・瓦止め工事の施工前の様子

屋根の冠瓦が庭先に落下しており、ブルーシートで応急処置を行いました。棟の土台となる漆喰もボロボロに剥がれている個所がありました。

漆喰はセメントと似た素材のため、落下すると大変危険です。

また、漆喰が崩れてしまうと、棟の内部の葺き土と呼ばれる土台が流れ出てしまい、棟全体が歪み、倒壊する危険が高まるため、早急な修理が必要な状態でした。

施工中の様子

既存の棟を撤去して、再度棟を積み直す、棟の取り直し工事とラバーロック工法による瓦止め工事を施工しました。棟の積み直し工事とラバーロック工法による瓦止め工事の施工中の様子をご紹介します。

既存の棟瓦の撤去

まず始めに、既存の棟瓦を撤去します。

既存の棟の撤去

冠瓦を撤去します。そして、棟本体の棟瓦(熨斗瓦)を撤去します。

既存の棟の撤去

棟瓦(のし瓦)を一段ずつ撤去して行くと、棟の中から土が出てきます。この土は土葺きと呼ばれており、棟の土台になります。

既存の棟の撤去

すべての棟瓦を撤去すると、土葺きだけの状態になります。土葺きの周りの白く見える素材が漆喰ですが、漆喰は土葺きを固定する役割があります。

既存の棟の撤去

すべての土葺きを撤去したら、棟の撤去は完了です。

屋根漆喰の施工

棟の棟瓦の撤去が完了したら、棟の土台となる漆喰を施工します。既存の棟の土台は「土」でしたが、近年の屋根の施工は漆喰が利用されます。

漆喰の補修

屋根の葺き土の代わりに使用される漆喰は南蛮漆喰を使用します。南蛮漆喰は従来の漆喰と異なり、棟などの基礎を作るための漆喰です。

葺き土を使用するよりも耐久性が高いため、現在は葺き土の代わりに南蛮漆喰が利用されます。

棟瓦の設置

南蛮漆喰で棟の基礎を構築したら、棟瓦(のし瓦)を積み上げます。

棟瓦の設置

まずは1段目を施工しました。

棟瓦の設置 棟瓦の設置

一段積み上げるごとに南蛮漆喰で基礎を作ります。

棟瓦の設置 棟瓦の設置 棟瓦の設置 棟瓦の設置 棟瓦の設置 棟瓦の設置

 

棟瓦の設置 棟瓦の設置

冠瓦の設置

棟瓦の設置が完了したら冠瓦を設置します。

棟の積み直し工事施工後の様子

冠瓦を設置し、針金で棟を固定したら、棟の積み替え工事は施工が完了です。

ラバーロック・瓦止め工事

棟の積み直し工事が完了したら、次にラバーロック工法による瓦止め工事を行います。

棟の積み直し工事施工後の様子

コーキングで瓦と瓦を繋いていきます。コーキングで瓦同士を固定することで、地震の際に倒壊するリスクを低減することができます。

棟の積み直し工事施工後の様子 棟の積み直し工事施工後の様子

施工後の様子

棟の積み直し工事施工後の様子 ラバーロックの施工 ラバーロックの施工 ラバーロックの施工 ラバーロックの施工 ラバーロックの施工 ラバーロックの施工 ラバーロックの施工