屋根葺き替え(川崎市)|日本瓦をガルバに葺き替えて耐震性がアップ

川崎市の屋根葺き替え工事

神奈川県川崎市で屋根の葺き替え工事を施工させて頂きました。神奈川県川崎市の屋根葺き替え工事の施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

近所で屋根工事をしているというリフォーム会社に「屋根の棟の瓦がズレていますよ」と指摘をされたことがキッカケで屋根修理を検討するようになりました。屋根修理を依頼した修理業者は信用できなかったため、屋根修理の専門業者に再度現地調査を依頼するため、インターネット業者を探していました。

インターネットで屋根業者を探していた際に、屋根修理プラスのさんのホームページを見つけて興味を持ちました。施工事例が豊富に掲載されており、川崎市の屋根修理事例も掲載されていたため、屋根修理プラスさんに現地調査を依頼することに決めました。

屋根葺き替え工事をご提案させて頂いた経緯

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺いました。屋根に上がり現時点の劣化症状を確認させて頂き、ガルバリウム鋼板による屋根の葺き替え工事をご提案させて頂きまいた。

築年数35年の住宅で7年前に中古で購入された際に前の施主が下屋根のみメンテナンスを行っている状態でした。大屋根の漆喰が経年劣化で、剥がれておりメンテナンスが必要な状態でした。また、施主様の「地震に強い屋根材に変更したい」というご要望があり、既存の日本瓦からガルバリウム鋼板への葺き替え工事をご提案させて頂きました。

通常、日本瓦(陶器瓦)のメンテナンスは既存の屋根を一旦、撤去して屋根内部のルーフィングを交換する「葺き直し」と呼ばれるメンテナンス方法が一般的です。屋根のメンテナンスと両立して建物の耐震性を向上させたい場合、ガルバリウム鋼板への葺き替え工事が最適です。

また、ガルバリウム鋼板は軽量な金属屋根ではありますが、日本瓦と同様に屋根塗装の必要のないメンテナンスフリーの屋根のため将来的なメンテナス費用が発生しないのが特徴です。

このように日本瓦をガルバリウム鋼板に葺き替えることによって費用対効果の高い屋根リフォームを実現できるだけではなく、建物の耐震性能も向上できる付加価値の高い屋根リフォームを実現できるため、ガルバリウム鋼板による葺き替え工事をご提案させて頂きました。

ビフォーアフター

川崎市の葺き替え工事のビフォーアフター

訪問販売業者に棟の歪みを指摘された日本瓦の屋根ですが、屋根全体をガルバリウム鋼板に葺き替えました。

日本瓦屋根をガルバリウム鋼板に葺き替えることで屋根の重量が60%ほど軽くなるため、建物の重心が下がり、地震に強い構造になります。特に、棟部分は地震の際に倒壊する危険があるため、ガルバリウム鋼板に葺き替えることで安全な屋根になりました。

川崎市の葺き替え工事のビフォーアフター

屋根の漆喰が劣化し、一部剥がれが生じている状態でした。すぐに雨漏りが発生するような緊急性の高い劣化ではありませんが、漆喰が剥がれる棟が歪んでしまい地震や台風の際に倒壊する危険があるためメンテナンスの必要性がありました。ガルバリウム鋼板に葺き替えて棟を交換したことで根本的な実現することができました。台風の際も倒壊する危険の無い安全な屋根に生まれ変わりました。

施工前の屋根の劣化症状

ここからは施工前の屋根の劣化症状について具体的に解説します。

屋根葺き替え工事の施工前の瓦屋根

日本瓦の屋根材の耐用年数は80年〜100年と非常に長期的です。そのため、屋根材本体は目立った劣化箇所はありませんでした。しかし、屋根の漆喰が経年劣化で劣化しており、剥がれている箇所がありました。この状態を放置すると雨水が屋根の内部に侵入して雨漏りの原因になるだけではなく、地震や台風の際に倒壊してしまう危険もあるため修理が必要な状態でした。

屋根葺き替え工事の施工前の瓦屋根

訪問販売業者に指摘された屋根の棟の歪みですが、漆喰が劣化が原因によるものでした。今回、ガルバリウム鋼板に葺き替えることで根本的な修理を実現することができました。

屋根葺き替え工事の施工前の瓦屋根

霧避け部分の瓦の状態です。漆喰の状態も良く目立った劣化箇所はありませんでしたが、耐震性を考慮してガルバリウム鋼板に葺き替えます。

屋根葺き替え工事の施工前の瓦屋根

下屋根の状態です。7年前に漆喰の補修工事がされておりキレイな状態でした。

屋根葺き替え工事の施工前の瓦屋根

屋根葺き替え工事の施工中の様子

ここからは屋根葺き替え工事の施工工程について解説します。

既存の瓦の撤去(瓦下ろし)

まず始めに、既存の日本瓦を撤去します。

屋根葺き替え工事の瓦おろし

棟部分の瓦を解体しました。棟は土の土台に瓦を積み上げて施工されています。そのため、棟を解体すると中から葺き土と呼ばれる土が出てきます。

屋根葺き替え工事の瓦おろし

棟の解体が完了したら、屋根面の瓦も撤去します。

屋根葺き替え工事の瓦おろし

屋根瓦は瓦桟と呼ばれる土台の上に乗っている状態のため簡単い取り外すことができます。

屋根葺き替え工事の瓦おろし後の様子

瓦を撤去した直後の様子です、これまで蓄積した砂やホコリが体積しているため清掃を行います。

屋根葺き替え工事の瓦おろし後の様子

瓦の撤去が完了しました。しっかりと清掃を行ったら瓦下の作業は完了です。

屋根葺き替え工事の下屋根の屋根材の撤去

霧避け部分の瓦を撤去しました。

屋根葺き替え工事の下屋根の屋根材の撤去

下屋根部分の日本瓦も撤去しました。

屋根葺き替え工事の下屋根の屋根材の撤去

野地板(コンパネ)の設置

既存の瓦の解体が完了したら、新しい屋根の土台となる野地板を設置します。

屋根葺き替え工事の野地板の設置

屋根に使用される野地板は耐水性と強度のバランスが良いコンパネというコンクリート型枠用のベニア合板が使用されます。

屋根工事に慣れていない業者の場合、通常合板が使用されることもあるため、屋根葺き替え工事の見積書を確認する際はコンパネが使用されていることを確認すると安心です。

ちなみに、コンパネは板厚が12mmの製品が使用されるのが一般的です。

屋根葺き替え工事の野地板の設置

野地板は屋根の形状に合わせてその場で加工して隙間が生じないように施工をします。

屋根葺き替え工事の野地板の設置

下屋根にも野地板を設置しました。こちらも板厚12mmの製品が使用されます。

屋根葺き替え工事の野地板の設置

ルーフィングシート(防水シート)の設置

野地板を設置したら、ルーフィングシートを設置します。ルーフィングシートは屋根の二次防水として雨水が建物の内部に侵入するのを防ぐ重要な役割があります。

屋根葺き替え工事のルーフィングの設置

ルーフィングシートは雨水の流れと逆目にならないように軒先から棟に向かって設置します。ルーフィングシートの重なりが雨水の流れと逆目になってしまうと、建物の内部に雨水が侵入してしまうことになるためルーフィングの重なりを確認しながら丁寧に施工をしました。

屋根葺き替え工事のルーフィングの設置 屋根葺き替え工事のルーフィングの設置 屋根葺き替え工事のルーフィングの設置

下屋根のルーフィングも施工をしました。外壁と屋根の取り合い部分は雨漏りの原因になりやすい箇所のため、ルーフィングの重なり代を多めにとって雨仕舞いを行います。

屋根葺き替え工事のルーフィングの設置

霧避け部分のルーフィングも施工をしました。

屋根本体(ガルバリウム鋼板)の施工

ルーフィングの施工が完了したら、屋根本体を施工します。

屋根葺き替え工事の屋根材の設置

ガルバリウム鋼板本体を施工しています。ルーフィングと同様に軒先から棟に向かってガルバリウム鋼板を施工します。

屋根葺き替え工事の屋根材の設置

ガルバリウム鋼板は屋根の形状に合わせて、板金工事を行い加工をします。高度な技術が求めらるため専門業者で工事を行うことが重要です。

屋根葺き替え工事の屋根材の設置

大屋根のガルバリウム鋼板の施工が完了しました。

屋根葺き替え工事の屋根材の設置

霧避け(庇)もガルバリウム鋼板を設置します。ガルバリウム鋼板を設置したら、雨押さえを設置するための棟下地を取り付けます。

屋根葺き替え工事の屋根材の設置 屋根葺き替え工事の屋根材の設置

下屋根もガルバリウム鋼板を設置しました。棟下地を設置し、雨押さえを設置します。

棟板金の施工

ガルバリウム鋼板の施工が完了したら、棟板金と雨押さえを取り付けます。

屋根葺き替え工事の棟板金の設置

大屋根に棟板金を取り付けました。棟板金も屋根材と同じガルバリウム鋼板製です。

 

屋根葺き替え工事の棟板金の設置

隅棟(下に降る棟)にも棟板金を取り付けました。

屋根葺き替え工事の棟板金の設置 下屋根の雨押さえの設置

下屋根の外壁と屋根の取り合い部分に雨押さえを設置しました。

下屋根の雨押さえの設置

屋根葺き替え工事後の様子

屋根葺き替え工事の施工後の様子 屋根葺き替え工事の施工後の様子 屋根葺き替え工事の施工後の様子 屋根葺き替え工事の施工後の様子 屋根葺き替え工事の施工後の様子 屋根葺き替え工事の施工後の様子