屋根塗装|千葉市(S様邸)

上塗り

千葉県千葉市で屋根塗装を施工させて頂きました。

ビフォーアフター

千葉市の屋根塗装のビフォーアフター

新築から15年ほどが経過しているために、屋根全体にコケが繁殖している状態でした。

スレート屋根の住宅でしたが、コケの発生は屋根材の防水性能が低下しているサインであり、屋根材自体がスポンジのように水を吸収していることを意味します。

このまま屋根を放置すると屋根材が割れたり、雨漏りが発生する危険が高くなるので屋根塗装が必要な状態でした。

施工前の様子

屋根全体にコケが生えています。

コケの生えた屋根 コケの生えた屋根

棟板金が浮いています。この隙間から雨水が侵入することで雨漏りが発生するリスクが高まるので早急に補修をする必要がありました。

棟板金の浮き

施工中の様子

屋根塗装の施工の様子について解説します。

高圧洗浄

まずはじめに、屋根全体に生えているコケや汚れを高圧洗浄でキレイに洗い流します。

高圧洗浄後

棟板金の浮きをコーキングで補修します。

棟板金の補修

棟板金の錆びをサンドペーパー(紙やすり)で削りとります。

高圧洗浄後の様子

下塗り

塗装をする下地を整えたら下塗りと呼ばれる、1回目の塗装工程に入ります。屋根塗装は3回の重ね塗りが行われますが、この1回目の下塗りは2回目、3回目の塗装の密着性を高めるために行います。

そのために、見た目にはあまり変化がありません。

下塗り 下塗り

中塗り

下塗りが完了したら、いよいよメインの塗料で塗装を行います。メインの塗料は2回の重ね塗りが行われます。

中塗り 中塗り

上塗り

中塗りが完了したら、上塗りを行います。上塗りが完了したら屋根塗装が完了です。

中塗り 上塗り 上塗り