屋根リフォーム(カバー工法)|千葉市(H様邸)

屋根材の設置

千葉県千葉市で屋根リフォーム(カバー工法)を施工させて頂きました。

ビフォーアフター

千葉市の屋根カバー工法のビフォーアフター

築年数が25年が経過している屋根で全体的にチョーキング現象が発生している状態でした。屋根材も耐用年数(寿命)が近づいているために、カバー工法による屋根のリフォームを提案させて頂きました。

カバー工法とは既存の屋根材に新しい屋根材を被せる(カバー)するスレート屋根の屋根リフォームの工法ですが、ガルバリウム鋼板という耐久性に優れたメンテナンスフリーの屋根材を使用することで、費用対効果の高い施工を実現することができます。

今回は、屋根塗装より費用対効果の高いガルバリウム鋼板によるカバー工法を提案させて頂きました。

施工前の様子

コケの生えたスレート屋根

前回の塗装から10年以上が経過しており、全体的にチョーキング現象が発生していました。

コケの生えたスレート屋根

屋根に広がる白いホコリのようなものがチョーキング現象と呼ばれる劣化症状です。これは塗料が太陽の紫外線によって劣化して、チョークのように粉状に噴き出す劣化症状です。

屋根の防水性能が低下したサインでもあり、屋根塗装や葺き替えなどのメンテナンスが必要です。

棟板金の浮き

屋根の棟板金の釘が緩んで、棟板金が浮いています。このまま放置をすると雨水が屋根の内部に侵入するので早急な修理が必要です。

棟板金の浮き スレート屋根のひび割れ

屋根材にもいくつか”ひび割れ”が入っていました。

施工中の様子

棟板金の撤去

屋根のてっぺんにある棟板金を撤去します。

棟板金の撤去 棟板金の撤去 棟板金の撤去

ルーフィング(防水シート)の設置

棟板金を撤去したら次に、既存の屋根材の上にルーフィング(防水シート)を設置します。ルーフィング(防水シート)は軒先から棟先に向かって屋根の下から上に葺いていきます。

ルーフィングの設置 ルーフィングの設置

屋根材の設置

ルーフィングの設置が完了したら、屋根材を設置します。ルーフィングと同様に軒先から棟先に向かって下から上に向かって設置します。

屋根材の設置 屋根材の設置

工事完了

屋根材を設置したら、最後に棟板金を取り付けて工事完了です。

屋根材の設置 屋根リフォームカバー工法の施工後の様子 屋根リフォームカバー工法の施工後の様子 屋根リフォームカバー工法の施工後の様子