屋根修理(四街道市)台風で飛散した棟板金を火災保険で自己負担0円で根本修理!

四街道市の棟板金交換工事

千葉県四街道市で棟板金の交換工事を施工させて頂きました。台風で浮いてしまった棟板金を応急処置後、新しい棟板金に交換工事を行いました。千葉県四街道市の棟板金交換工事の施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

千葉県を直撃して台風19号で、屋根の棟板金が捲れてしまい修理を検討されていました。インターネットで四街道市に対応できる屋根修理業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になりお問い合わせを頂きました。弊社も台風19号の影響でお問い合わせが殺到している状態でしたが、応急処置を行い安心して欲しいという想いから、ご対応させて頂きました。

ビフォーアフター

四街道市の棟板金交換工事のビフォーアフター

担当者のコメント

担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺いました。台風で外れた箇所の棟板金のぽ応急処置を行い、棟板金の交換工事を行いました。

屋根板金自体には錆などの劣化症状は発生していませんでしたが、全体的に棟板金を固定している釘が浮いており、棟板金全体の交換工事が必要な状態でした。

台風19号の影響で千葉県全体で屋根業者が手配できない状態がつ続くと予想されたため、応急処置だけも対応させて頂き、雨漏りなどの二次被害に発展しないように早急な対応をさせて頂きました。

その後、施主様と修理についてご相談させて頂き、火災保険を利用して棟板金の交換工事を行いました。

約、1ヶ月ほどで火災保険が申請され、施主様の自己負担金なしで修理をすることができました。

「火災保険の申請って難しそう」「本当に利用できるの?」と火災保険を屋根修理に適用する際に不安に感じる施主様も多いですが、屋根修理プラスには火災保険の専門スタッフが在籍しているため、基本的に丸投げで施主様に無駄な労力をかけることなく請求できます。

もし、「この劣化台風が原因かな?」「できれば火災保険で安く修理がしたい」と思っている方は、ぜひ屋根修理プラスにお気軽にご相談ください。

屋根板金交換工事の施工前の様子

ここからは施工前の屋根の劣化症状について具体的に見て行きましょう。

四街道市の棟板金交換工事の施工前の様子

台風の強風に煽られて棟板金が浮いてしまっています。ガルバリウム鋼板の屋根材で数年前に葺き替え工事を行った屋根ですが、全体的に棟板金の釘が浮いており、棟板金が外れやすくなっている状態でした。

台風で飛散した棟板金 台風で飛散した棟板金 台風で飛散した棟板金 棟板金の釘の浮き

棟板金の釘が浮いている状態です。これは経年で必ず発生する劣化症状です。

棟板金の釘の浮き 台風で飛散した棟板金の応急処置

火災保険で使用する写真を撮った後で、防水テープで応急処置を行いました。

台風で飛散した棟板金の応急処置 台風で飛散した棟板金の応急処置

屋根板金交換工事の工程と施工中の様子

ここからは棟板金交換工事の工程と施工中の様子について具体的に見て行きましょう。

【工程1】既存の棟板金の撤去

まず始めに、既存の棟板金を撤去します。棟板金は棟下地と呼ばれる木製の下地板に釘で固定されているため、釘を抜いて下地板を撤去・解体します。

棟板金の撤去

棟板金を撤去しました。棟板金を撤去すると棟下地だけの状態になります。

棟板金の撤去

こちらは撤去後の棟板金です。

棟板金の撤去

棟下地も撤去します。

棟板金の撤去

棟下地撤去後の様子です。

棟板金の撤去

 

棟板金の撤去 棟板金の撤去 棟板金の撤去

【工程2】棟下地の施工

既存の棟板金の施工が完了したら、棟下地を施工します。

棟下地の施工

下地板を施工しました。棟下地はスレート瓦に釘を打ち付けて固定します。

m棟下地の施工

棟下地の施工

【工程3】棟板金の施工

棟下地の施工が完了したら棟板金を施工します。棟板金の施工が完了したら棟板金交換工事は施工が完了です。

棟板金の施工

大棟と下り棟の取り合い部分にコーキングを施工して隙間を埋めます。これで棟板金交換工事は施工が完了です。

棟板金交換工事の施工後の様子

棟板金の施工

 

棟板金の施工 棟板金の施工