屋根修理(船橋市)|台風で飛散した棟板金を火災保険で自己負担金0円で修理!

船橋市の棟板金の交換工事

千葉県船橋市で棟板金の交換工事を施工させて頂きました。千葉県船橋市の棟板金交換工事の施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

台風でスレート屋根の棟板金が外れてしまい修理を検討されていました。インターネットで地元の屋根修理業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になりお問い合わせを頂きました。

弊社にも台風による屋根修理のお問い合わせが殺到している状況でしたが、地元の船橋市の施主様ということで優先的に対応させて頂きましました。

ビフォーアフター

船橋市の棟板金の交換工事のビフォーアフター
お問い合わせの経緯

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺いました。実際に屋根に上がり、屋根の状態確認させて頂きました。

台風で屋根の棟板金が飛ばされていました。この状態を放置すると屋根の内部に雨水が侵入して二次被害に拡大する恐れがあったため、早急に応急処置を行う必要がありました。 現地調査の際に、防水テープで応急処置を行いました。

また、施主様火災保険を利用して保険金で修理がしたいとのご要望がありました。

そのため、施主様に無駄な負担を発生させないために、台風で被災箇所の部分修理だけをご提案させて頂きました。棟板金交換工事をご提案させて頂き、火災保険を利用して自己負担金0円で修理を実現できました。

棟板金交換工事の工程と施工中の様子

ここからは棟板金交換工事の工程と施工中の様子について見て行きましょう。棟板金交換工事とは既存の棟を撤去して新しい棟に交換する屋根の修理方法です。

【工程1】飛散した棟の応急処置

現地調査の際に飛散した棟の応急処置を行いました。防水テープを使用して、棟から雨水が侵入しないように応急処置を行いました。

棟板金の応急処置

台風で屋根板金が飛散したスレート屋根 棟板金の応急処置

【工程2】既存の棟下地の撤去

応急処置から2週間の空いての施工です。棟板金交換工事は1日〜2日で修理が完了しますが、台風でお問い合わせ殺到している状況で、応急処置だけを先行しておこなったため、少し間が空いてしまいまいました。ここからが棟板金交換工事の本来の工程になります。

既存の棟板金の撤去・解体

既存の棟板金を撤去しました。応急処置の際に棟板金は外れていましたが、棟下地が残っている状態でした。棟下地も撤去・解体しました。

既存の棟板金の撤去・解体

既存の棟板金の撤去が完了しました。

【工程3】棟下地の施工

既存の棟板金の撤去が完了したら新しい棟下地を施工します。

棟下地の施工

この棟下地は杉材の貫板が主流です。この板材に釘を打ち付けて棟板金を固定します。

【工程4】棟板金の施工

最後に棟板金を取り付けたら施工完了です。

棟板金の施工

棟板金の境目はコーキングで防水処理を行います。

棟板金の施工

棟板金の施工が完了しました。