【千葉市中央区】屋根塗装|棟板金の交換工事と屋根塗装でスレート屋根をメンテ

千葉市中央区の屋根塗装工事

千葉市中央区でスレート屋根の棟板金と屋根塗装を施工させていただきました。千葉市中央区の屋根塗装の施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

近所を塗装工事しているというリフォーム業者に「棟板金が浮いていますよ」と屋根の不具合を指摘されたようです。無料で見積もりを出してくれるということで、依頼したところ、屋根塗装によるメンテナンスを提案され、フッ素塗料で100万円という内容だったようです。

「今すぐ契約してくたら足場代をサービスします」という提案に不信を感じて、他の信頼できる業者に現地調査の依頼を検討されていました。

インターネットで地元千葉市の屋根業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり興味を持っていただきました。

建築士が在籍しており、屋根の劣化症状に合わせて最適な修理方法を提案できる、診断力と提案力に魅力を感じて、いただき現地調査のご依頼をいただきました。

ビフォーアフター

千葉市中央区の屋根塗装工事のビフォーアフター
担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状について確認させていただきました。

築年数20年が経過したスレート屋根の住宅でしたが、屋根のてっぺんにある金属製のカバー(棟板金)が経年劣化で浮いている箇所が見られました。

通常であれば、棟板金の釘の打ち直し工事で修理を行いますが、棟板金を固定するために、釘を打ち付ける、棟下地が腐食しており、交換工事が必要な状態でした。

また、屋根材のスレート瓦も、経年劣化により、チョーキング現象と呼ばれる塗料の劣化症状が発生していました。チョーキング現象とは塗料が紫外線の影響で劣化して、チョークの粉のように粉状に吹き出す劣化症状です。

スレート屋根では必ず発生する劣化症状であり、再塗装を行う目安となる劣化症状です。

屋根の劣化を放置すると、コケやカビが生えるようになり、屋根材自体が水分を吸収するようになります。

そうすると、屋根材が非常に割れやすくなり、塗装の下地として利用できなくなるため、張り替えが必要になります。

うっすらとコケが生えている箇所がありましたが、塗装の下地として十分利用できる状態だっため、屋根塗装によるメンテナンスをご提案させていただきました。

屋根塗装の工程と施工中の様子

ここからは屋根塗装の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。棟板金の交換工事を行ってから、屋根塗装を施工しました。具体的にどのように屋根塗装の工程が進行するのか写真を見ながら初心者の方にも分かりやすく説明します。

【工程1】棟板金の交換工事

まず始めに、棟板金の交換工事を施工します。棟板金の交換工事とは既存の棟を撤去して新しい棟に交換する工事です。既存の棟を撤去してから、新しい棟を施工します。

棟板金の撤去・解体

既存の棟を撤去しました。棟板金を撤去すると、棟下地と呼ばれる棟板金を固定するために釘を打ち付ける下地板が出てきますが、この棟下地も撤去します。

棟板金の撤去・解体

棟板金の撤去・解体が完了しました。

棟下地の施工

棟板金の撤去が完了したら、棟下地を取り付けます。

棟板金はこの棟下地に釘を打ち付けて固定します。

そのため、棟下地が腐食すると、釘が緩んでしまい、棟板金が外れやすくなります。そのため、棟板金の劣化は放置せずに、定期的にメンテナンスをすることが重要です。

棟板金の施工

棟下地の施工が完了したら、棟板金を取り付けます。棟板金を取り付けたら施工完了です。

【工程2】屋根塗装

棟板金の交換工事が完了したら、屋根塗装の工程に移行します。

高圧洗浄で屋根の汚れを落とした後、下塗り1回、上塗り2回の3回塗りで仕上げます。

屋根塗装の施工

屋根塗装の工程が完了しました。

屋根塗装の施工後の様子

屋根塗装の施工 屋根塗装の施工 屋根塗装の施工 屋根塗装の施工